なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなことだから…。

<<   作成日時 : 2007/07/09 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

薄井市議に辞職勧告を求める請願2件の審査が政策総務委員会で行われ、2時間弱の審査ののち、即日採決で不採択となりました。
私は、2件とも請願の前提となる事実認識に明らかな誤りがあるので、不採択とすることは当然だと考えていました。
しかし、今日の委員会は「どうしてこんな進行なのか?」という展開をたどりました。
事実をきちんと精査すれば、今回の請願の誤りは明確になったはずです。
片方の請願(第7号)は、ブログへの私(請願者)の書き込みを削除するのは言論封殺だと言ったり、YOU TUBEへ誘導したことを理由に知的財産権侵害で不適格だと言っていたりしましたが、これはいずれも冒頭の薄井市議の説明通りであって、辞職を求めるに値しないことは明白なので即却下もわかります。
しかし2号が言っている「当選後も」条例違反をしている、という件と、7号が言っている「経歴詐称」は、事実であれば問題でしょう。

今回の場合、いずれも調べた上で事実でないという結論を出すことは可能だったと思います。
この際、確認して白黒つけるべき問題だったのではないか、と私は考えています。
こんなシナリオ、誰がいつ考えたのでしょう?
何も中身の議論に入っていないのに、目配せよろしく「そろそろ審議も尽くされたので…」なんてことするから、またつけ入るすきを与えるのです。

はっきり言って、詰めかけた傍聴者40名の大半の方が、矢野議員を除く委員席の委員より、今回の顛末についても事の本質に関しても、的確に把握していたのではないか思います。
今日請願審査をすることは6月21日には決まっていました。なぜ議論に当然必要な情報や法律的な裏付け等を収集&把握しないで審査に臨むのでしょう?
どうしてもっと緊張感を持って、徹底的にやり合わないのでしょう?ガッカリでした。
所管に質問するまでもないことばかりでした。

薄井議員と矢野議員以外では、田中富造議員(共産・9期目)、木内徹議員(民主・7期目)、山川昌子議員(公明・4期目)、肥沼茂男議員(自民・2期目)、島田久仁委員長(公明・2期目)という経験豊かな顔ぶれの委員会です。
先輩議員に対して申し訳ない言い方だと思いますが、今回の事実経過を検証し、論点を明確にするだけの下調べは可能だったはずです。
矢野議員がどんな論法で来るのかも、傍聴席はみんなわかっていました。
きちんとやれば必ず勝てる試合を、試合運びのまずさから日没再試合にしてしまったような後味の悪さだけが残ります。

私は私なりの問題意識でこの4年間、矢野・朝木議員と向き合って来ました。今でももちろん山ほどの憤りを抱えています。
しかしそれ以上に4年間で強く感じてきたことは、できれば議論をしないですませようとしたり、レッテル貼って片付けようとする議会の体質です。
問題だ、おかしいとは言うものの、結局のところ、情報収集や論陣の張り方で明らかに彼らに優位に立たれ、つけ入る隙を与え続けてきた市議会。
そういう意味で、今回は「チャンス」だと私は思っています。

闘っているようなことを言いながら実は養っているようなものだ、という市民の声を聞き続けてきた4年間。
東村山市議会は、いつまで自らの存在意義を否定するようなことを続けるのでしょうか。

遠路傍聴にこられた皆さんは、さぞ呆れ果てて帰られたことでしょう。
貴重な時間を申し訳ありませんでした、という気持ちです。
一方で見方を変えれば、発信手段を持った多くの方が実際に見てくださったことは初めてですし、貴重な機会となりました。
一日も早く、本会議・委員会の別なく、インターネット動画配信なり、ロビーに生中継テレビを置くなりするしかないと思います。渡部新市長の大きな公約であり、与党も反対するはずがないですから…。
中身を一気に変えることは難しいかもしれませんが、とにかく実態を一人でも多くの方に見せていくしかない。改めてそう思いました。

今日の審査について取り上げているサイトです。
★頑張れ薄井 http://www.ganbareusui.com/
★おはら汁 http://ameblo.jp/oharan/entry-10039309927.html
★やまだKING http://yamadakingorg.blog110.fc2.com/blog-entry-10.html#more
★好きなだけ眠る http://blogs.dion.ne.jp/giya/


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
おはら汁荒井です。
せっかくリンクして頂いたのに申し訳ありませんが、私は今回の委員会に遅刻するという大失態を犯してしまったので、レポートを大幅に修正いたしました。

本当は佐藤市議のおっしゃるように「もっと熱意とか覇気とか誠意とか大事な物があるんじゃないの?」と言いたいのですが、委員会の全てを傍聴した訳ではないので、今回は大人しくしていようと思います。

その代わり佐藤市議のご意見が修正前の私のレポートにかなり近いので、記事の中でリンクさせて頂きました。次にまた機会があれば遅刻せず堂々と意見を言いたいと思います。

何もこんな日に西武線が止まらなくてもいいのに…(苦笑)
荒井。
2007/07/10 13:27
荒井さん 遠路お疲れ様でした。
なにもよりによって…ですよね。

松沢さんの記事や他の方のリポートも読ませていただき、なるほどな、と思っているところです。とっても参考になってます。
受け止め方も解釈も様々のようですが、それはそれでいいんだろうと思ってます。
どこかでコントロールしている人がいるわけでも、打ち合わせをしているわけでもない大勢の人たちが、それぞれの判断で声を上げていることに大きな意味があると思うのです。

私は記事にも書いたように「負けるはずがない」と考えているので、逆にきっちりやればチャンスになると思っていました。
火種を消さないままバサッと毛布をかけちゃったみたいで、これじゃまた穴から風を送って燃やそうとするに決まってます。新しい餌を撒いたようなもんだな、と。
とは言っても、どれだけきちっと詰めていったとしても、また違う土俵に持ち込んで延々とやるんでしょうけどね。

こんな問題、ですから、次の機会というのも何なのですが、本質的な問題点を感じ取ってくださった方々も多いのではないかと勝手に思っています。
今後ともよろしくお願いします。
佐藤まさたか
2007/07/10 13:48
以前、薄井氏がブログに「手元にこの陳情が来た」と書いた時、私は「委員会開催まで約2週間も必要なのか?」なるコメントを付けました(今携帯で書いてるので、出展アド付けられないです)
 
そして、佐藤氏の27日ブログの投稿欄・委員会当日朝に
>やっと言いたい事がまとまりました。薄井氏の前職の一部である画像を取り上げて、議員資質を問うてますが、ならば前職での全て(全執筆記事は該当。前場職での勤務態度や評価…迄は行き過ぎ?)迄調べた上で、審議して欲しいと思っています。支援団体のコメントに「風俗業界で働く人へエンパワー(精神的支援)を働きかけた(記憶で引用)」旨のコメントが最たる物です…
とカキコミました。
 (続きます)
たまこ
2007/07/10 17:33
会場での出来事は、見た方々のレポでしか解りませんが、委員達は『草の根の話は、議論する価値もない』とハナから相手にしない態度で一蹴しただけに受け取りました。これじゃあ、2週の間、各委員がしてた事を説明してほしい気持ちでイッパイです。時間掛ける意味無いでしょう。
 
こう思うのは極論でしょうか?
☆彡
たまこ
2007/07/10 17:34
☆彡
東村山4丁目氏の感想を読もうとブログへ行ったら
 ・自己ページ・他者のブログへの投稿も含め絶筆宣言。
 ・自己本文だけ残し、いろいろな人達からのコメントを全て消去。
と、なってて色々な意味で驚きました。
皆さんそれぞれ感想有ると思いますが…ここは佐藤さんのブログなので…と言う私も、佐藤さんの軒先を無断借用すみません。
ますは、お知らせ迄。
☆彡
たまこ@軒先借りてスミマセン
2007/07/10 22:19
6月27日にもコメントしましたが、少しずつわかってきました。
でも、生議会を体験しないと本当の喜怒哀楽は湧いてこないというのが正直なきもちです。
平日に時間を作るのは難しいですが、ここで読んで自分なりに理解していくつもりです。
akikenyou
2007/07/11 22:27
素朴な疑問なんですが…
通常請願には、その請願の根拠となるべき資料(今回の請願で言えば、映像元のURLや運営会社、著作権違反とされる記事のURL、削除されたとされる投稿記事の内容等)は添付されないものなのでしょうか?

請願書は請願者のHPやBlog上で拝見しましたが、そういった根拠となるべきもの
を示す記述が無かったので、これは審査する側がネットの知識を持っていないと、かなりちんぷんかんぷんな請願なのではないかと感じました(持っていたとしても理解できない部分もありますが…)。
主張ばかりが前のめりになって、「理解してもらおう」という気持ちがあまり感
じられないし、この文面を読む限り訴えるものの根拠が曖昧です。

もちろん審査する側も充分時間があったので、請願者に問い合わせることも可能
だったとは思いますが(山川議員は、サイトを確認したが無かったとの発言がありますが)。

「どちらも用意不足でNoDeal」が今回の請願の妥当な決着なのかな、という気が致します。
りうママ
2007/07/13 03:55
たまこさん こんばんは。いつもありがとうございます。

請願が付託されてから約20日間。この日を迎えるまでにどんな準備をして臨んだのか、政策総務委員会の委員にそのまま投げかけてみていただけませんか。

請願は行政側を質すものではないので、議員同士がいかに情報・素材を持ち寄って議論・検討するかにかかっていますが、事実関係や基本的なデータなども「所管に求める」傾向がまだまだ強いのが実情です。
請願を提出する市民の思いや切迫感を思えば、スピーディな審査が求められるのは当然ですので、改善していかなければならないと思います。
ただ、新規に予算が伴う事柄については与党側が慎重になるのは無理からぬことでもあり、むやみに採決を急ぐと「不採択」という結論が出てしまうこともあり、難しい面もあります。

今回の件は、「当選後の言行が問題だ」という主旨ですから、結論は明らかでした。そういう意味で、キッチリやってほしかったと思っています。
佐藤まさたか
2007/07/13 18:42
akikeyouさん お久しぶり?でしょうか。こんばんは。

平日の昼間しか開いていない議会では、実際に、と言っても難しいですよね。
4年間で一度だけあった土曜議会。増やせるように働きかけたいと思いますし、それ以上に、動画配信が一日も早く実現するよう求めていきたいと思ってます。
なんてったって市長の公約ですからね。
佐藤まさたか
2007/07/13 18:47
りうママさん こんばんは。書き込みありがとうございます。

黙っていて行政側から資料が出ることは、請願に関してはありません。
なので、委員同士だったり、請願者の方で議論に必要な資料を用意して各委員に事前に配布&レクチャーということが多いです。
今回の場合は、請願者からの働きかけは一切なかったようです。
そういう意味で、自らの主張がそのまま請願になっていた草の根だけがネット上の情報をふんだんに持っていたと思われます。
一方でパソコンとは縁遠い先輩議員もおられたりするものですから…。

前提となる事実が明らかに違うのですから、採択(可決)の可能性は最初からないと考えていましたが、まあもう少しキッチリ片づけてほしかったという思いがしています。
佐藤まさたか
2007/07/13 18:57
お忙しい所、お返事ありがとうございます。

議会や委員会が「子供の喧嘩」の場所であって欲しくないというのが、正直な気持ちです。仮に理不尽な論理を持ち出してくる者がいるのであれば、冷静に理詰めでつきつめて、論理で打ち勝って欲しいですね。
なかなかどの議会でもそこまでのレベルの議論をとんとお目にかかりませんが(^^;
りうママ
2007/07/14 20:55
>請願が付託されてから約20日間。この日を迎えるまでにどんな準備をして臨んだのか、政策総務委員会の委員にそのまま投げかけてみていただけませんか。

と、佐藤さんから頂いたコメントに対し、正直当惑しています。
全委員に投げかけたい気持ちもありますが、現在の様に匿名で意見を書くのが自分の限界と思っているので、「やまだKing」氏の様に、全市議へ問い合わせメールを送る程の勇気を持ち合わせていません。
せめて、全市議がブログ(コメント欄オープン)使用または市議会HPに公式掲示板があるなら投稿したい…程の勇気とお考え下さると幸いです。
佐藤さんのご期待に沿えず、申し訳ありません。

りうママさんの下記コメント、全く同感です。
>議会や委員会が「子供の喧嘩」の場所であって欲しくないというのが、正直な気持ちです。


たまこ
2007/07/16 17:03
りうママさん ありがとうございます。

議員は、互いに人として攻撃し合うわけではなく、日々の市民生活が少しでもよくなるように、事柄について議論を深めていく。
そんな当たり前のことが実現する日が一日も早く来るよう、肝に銘じて頑張ります。

ただでさえ「それ以前」の問題が多くて疑問を持たれている議員という仕事。うちの議会の場合は、その何倍も違うことに神経と時間を使わされる毎日。
無視して良くなるなら無視するんですけどね…。
佐藤まさたか
2007/07/17 00:45
たまこさん 投げっぱなしのコメントをしてごめんなさい。
私の気持ちを書いたまででして…。

お気持ちもお考えも、いつも十分伝わってきています。
ありがとうございます。

余計なこと書いてすみませんでした。

佐藤まさたか
2007/07/17 00:50
佐藤さん、正直なお返事ありがとうございます。
そして、私の状況(情況)を受け止めて頂けて、感謝しています。
今回のお話も、実際会っての会話だったら、違った展開(例・委員への働き掛け方法を相談とか…?f^_^;)の末、私はノリに流されて安易に引き受けて猛烈に後悔してただろうと思います。
ネット上の意見交換は、冷静に表明出来る半面、文面だけから実際の思いの深浅加減等を察するチカラが必要なのだと、ここ数カ月の間に痛感しています。
たまこ
2007/07/17 06:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
こんなことだから…。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる