なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 引っ越しました。

<<   作成日時 : 2007/07/31 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 93

「佐藤、都合が悪くなって逃亡!」とか書かれないうちにこの場で報告します。
今日7月31日をもって、4年半お世話になった野口町のアパートから、多摩湖町の小さなマンションに引っ越しました。議会には明日手続きをし、その後に議員名簿も書き換えられることとなります。
野口町の大家さんは農家で、以前勤務していた保育所「空飛ぶ三輪車」の大家さんでもあり、公私共に本当にお世話になってきました。
畑で採れたての野菜やおばさんお手製の糠漬をくださったり、家賃を持っていくと玄関先でおじさんと時の話題で盛り上がったり…。
お隣の方も何かにつけて声をかえてくださる素敵な方で、気持ちよく過ごすことができました。
また、野口町というところは土地育ちの方が多くて保守的だから、あんたみたいなよそ者は…と4年前は言われたこともありましたが、むしろ先祖代々生まれ育ったこの地を愛し、なんとかいい地域にしたいと自分のことを後回しにしてでも頑張る方々とたくさん出会うことができました。
この4年お世話になった地元の自治会長さんお二人のお宅も今夜訪ね、ご挨拶をしてきました。
縁あって野口町に暮らしてよかった、と素直に言えるようになったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

なのになぜ引越し?と今日も仲間に聞かれました。
いくつか理由はありますが、あれこれ合わせて心機一転、というところです。

引越し先は多摩湖町4丁目。
西武園の花火は近すぎて見えないらしく、音がものすごいよ、と聞かされています。
でも、一段と狭山丘陵に近づき、心なしか渡る風もさらに爽やかな感じがしています。

昔、「お近くにお寄りの際は、狭いのでぜひそっとしておいてください。」と書かれた転居葉書を先輩からもらい、大笑いしたことがありますが、まあ似たような感じです。
でも、少しでも整理整頓に心がけ、小さな打ち合わせ程度はできるようにしておきたいな、と今のところは思っています。

※尚、どうでもいいですけど、野口町のアパートは2DKでした。矢野・朝木市議が鬼の首を取ったようにワンルームだとあちこちに書いてくれましたが、違っていたのでした(笑)。
尚、今回も2DK。少しだけ狭くなりました。家賃も少し下がりました。
家族はそれぞれの事情の中で、まだ一緒に暮らすことができません。先に申し上げておきます。
昨年秋、日野に再三現れ娘達を不安に陥れてくれた朝木市議は、野口町のアパート前にも夜遅くに連日自分の車で現れ、ご近所の皆さんは不安な思いをされていました。
私も3回ほど出くわしましたが、「今また通ったよ」と連絡をくださる方が何人かいました。
部屋の灯りが点いているか、駐車場に車があるかをチェックしに来ていたのだろうと私もご近所の皆さんも想像していましたが、今回もまたお出ましになるのでしょうか?
ぜひご近所にご迷惑をかけるようなことだけは慎んでほしいものです。無理ですかね…。

※矢野・朝木市議から東村山市選挙管理委員会に出されていた「佐藤の当選を取り消せ」という申出は、7月27日付で棄却されました。
しかし矢野議員は6月議会で、「その扱いはどうなるのか?」とわざわざ選管事務局長に質し、「不服の場合は東京都選挙管理委員会へ。それでも不服の場合は東京高裁へ提訴、さらに最高裁となります」という趣旨の答弁をさせていましたので、そこまで騒ぎ続けるのでしょう。
また、彼らの嫌がらせによって、当選した26名のうち私だけ、供託金30万円が未だに戻って来ません。
「万一当選が取り消されことになると得票が0となり没収となるから」と選管は言いますが、3月に両市議が提出した「4年前にさかのぼって佐藤の住民登録を抹消しろ」という請求も4月に退けられ、立候補にあたっての審査も問題なく通り、当選証書も4月23日に受け取り、そして今回の決定です。
一般論として提訴マニアや嫌がらせによって同じような申出があれば、選管はこれからも同じ対応をするのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(93件)

内 容 ニックネーム/日時
「引越し」文面理解いたしました。
Yグループの行動も、
佐藤議員、心機一転頑張ってください。
富士見公園
2007/08/01 08:36
市議に限らず、市民が引っ越すのは自由です。

以上

kodomotachinomirai
URL
2007/08/01 21:13
引っ越しても許しませんよ!

>口角泡を飛ばす論争は大いに結構ですが、つかみ合いの喧嘩は外に出てやってください、というのが店主としての正直な思いです。

口角泡を飛ばす論争 = 勢いはげしく議論したりするさま
喧嘩 = 言い争ったり、腕力を用いて争ったりすること

ブログの店主として、この論争と喧嘩の違いを(安倍首相のような曖昧な分け方ではなく)理論的に分けて説明してください。できないのなら薄井政美氏のように事前承認方式をとるべきであると考えますがいかがでしょうか。

>4丁目さん 大事なことを忘れました。
私は西口問題を一緒にがんばった方たちに対するあなたの言い草には一切同調しません。

「言い草」とはなんですか?

以上、過去のコメントより

佐藤さん・・・・お答えくださいね。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/01 21:46
kodomotachinomirai さんの佐藤市議のブログへの本日の書き込みは現在まで5回。(見落としがあるかもしれません)
19:28
19:42
20:19
21:13
21:46
  夕食は20:19から21:13の間ですかね。
  それとも画面を見ながら?
  薄暗い部屋でひとりいらいらしながら思い出したように、   すごい形相で書きなぐっているんでしょうか。

  稲川淳二さんよりこわいで〜〜〜す。(笑)
とんび
2007/08/01 22:19
佐藤・薄井応援団の書き込みかな?

きっと卑怯者の佐藤市議はご自分の今後を考え、このコメントを削除することでしょうね。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/01 22:30
kodomotachinomiraiさんの口調、草の根の人たちに似てきましたね。
がっかり
2007/08/01 22:49
kodomotachinomirai さん

「卑怯者」という言葉は軽々しく使う言葉じゃないですよ。
怒らずに会話してください。

>市議に限らず、市民が引っ越すのは自由です。
>以上

この言い方だと、リアルだと知ってる人が走ってきたと思えば、
言うだけ言って走り逃げてるのと同じですから。

『なんで答えないんだ、答えろオラァ!!!!』
という風に想像できてしまいます
双方の立場、中立の方どう思われますか?

後、別にこの日記?は、全てが、kodomotachinomirai さんに向けて
書かれた内容というわけではないでしょうから、噛み付かないで下さい。

> 佐藤さん

毒のある文章を書くのはどうかと思います。
もう少し奥深い文章を書いて欲しいです。
挑発しているように思えます。
えっと、@8
2007/08/02 15:23
お待ちしていましたが、レスがありません。市議さんなら、市民の疑問に答えるのが務めではないですか?よろしくお願いします。>1974年「三流」〔ご本人の弁〕大学をご卒業後
佐藤市議さんや支持するかたは、薄井市議さんへの批判を職業差別といっておられますが、学歴差別ではないですか?売春しているソープ嬢やソープの宣伝した薄井市議さんは、法律で売春またはその相手をしてはいけないことが決まっているのですから、職業と認めるのはおかしいです。この点は、東村山市民新聞の方がただしい、と思います。そうでなければ、泥棒も、職業差別は許さない、といいだすんでは?kodomotachinomiraiにレスを返さないで、集団でいじめや嫌がらせしているように、一般市民にはみえます。
 ところで、つかぬことを伺いますが、佐藤市議さんは大学でてから、日野市の職員だったのですか?きくところによると、日野市の学童クラブの保護者会の会長だったということですが、市議さんをやっている時というのは、本当ですが?
一市民
2007/08/02 15:35
この記事とも関係があるので、続きです。前に、住民票移した件で市民から「なぜ、ですか」という質問があったとき、家族の事情とかだけで、はっきり説明ありませんでした。
 kodomotachinomiraiさんが言っている保育園の事件の件と、この学童クラブ会長の件と、住民票移した件と、有権者の私たちに説明をお願いします。草の根さんを悪くいうだけでは、すまない話だと思います。市民は注目してます。

それと、これは希望ですが、kodomotachinomiraiさんを、集団いじめしているようにとれるやり方は、みてていや〜な気分になります。逆の立場になったら、とぜひ、お考えください。市民の中には、こういう意見もあることを知っておいてください。
一市民
2007/08/02 15:39
一市民さんへ質問です。

●ソープランドはその営業収入に応じて税金を払っています。
●泥棒は泥棒によって得た収入に応じて税金を払っていません。
なぜですか?


山村あづま
2007/08/02 16:27

一市民さん、
>学歴差別ではないですか?
なんでですか。この方がご自分を出身大学を『三流』と決め付けているんですよ。

>ぜひ、市議に立候補してください。

昨夏、民主党の参議院候補の公募に応募しましたが書類審査でNOでした・・・三流大学出身ですからでしょうかね。
kodomotachinomirai
URL
2007/07/23 21:39

ちなみに、我が家は私も長男もこの「三流大学」出身です。
非常に気分の悪いkodomotachinomiraiさんの決め付けです。
とんび
2007/08/02 16:45
>非常に気分の悪いkodomotachinomiraiさんの決め付けです。

この件については謝罪します。申し分けありませんでした。

確かに私の出身大学は世間で言う「三流大学」ではありません。学部によって違いますが、敢えて言えば1,5流くらいかなと自分では思っています。

しかしながら、私は参議院議員候補として「三流」と書いたつもりでした。
一流はもちろん「東京大学」です。次に続くのが京都大学や一橋大であると私は捉えています。

私と同じ大学を卒業している政治家のトップは高村正彦元外相でしょうか。それでも彼は「法学部」の出身です。

政治的な意味での使い分けで三流と書きましたが、卒業者は決して三流とは思っていないでしょう。

誤解を与えたことをお詫び申し上げます。

kodomotachinomirai
URL
2007/08/02 20:16
>一市民さん

kodomotachinomirai さんは、ご自身のブログで

> なお、コメント記入は自由ですが返答への判断も自由とさせていただきます。
> (民主党の馬渕議員のブログと同様な考え方です)
http://blog.livedoor.jp/yonchoume_/archives/51131229.html

とかかれています。
国会議員の方が自身のブログのコメントに対してコメントするもしないも自由と
考えていらっしゃるkodomotachinomiraiさんが、市議である佐藤さんにだけすべ
てのコメントに対して返答する義務があるとはよもや思ってますまい。

それに、佐藤さんではありませんが、ほかの人とはコミュニケーションもとって
いるようですしすし、全員に無視されたりいじめられたりしてるようには見受け
られません。

一市民さんがそう思って憤るのもよいですが、その同情がkodomotachinomiraiさ
んの重荷になりかねないともいえません。
kodomotachinomiraiさんの気持ちを慮ってもよいかと思います。
都下ちゃんじゃない人
2007/08/02 20:54
>東村山4丁目さん いや、○○ ○さん。
事実を正確にお調べになってからでないと、萩山学童の件で削除せざるを得なくなったようなことになると思いますが。
委員会の名前からしてお間違えのようですので、経過と委員会議事録を納得いくまで読まれてから、私の返答が必要なことがありましたらどうぞ。

手法として草の根の皆さんと気が合うのではないですか?
悪意や敵意を懐に抱えての批判を「対話」だの「議論」だのとおっしゃるコメントは、全く生産的でないので荒らしと判断し、今後も削除させていただきますので悪しからず。 佐藤まさたか

ふ〜む

>返答が必要なことがありましたらどうぞ。

一市民である私は、公職である佐藤市議に対しこの返答を求め続けているのでが・・・ね(笑)




kodomotachinomirai
URL
2007/08/02 21:04
>一市民である私は、公職である佐藤市議に対しこの返答を求め続けているのでが・・・ね(笑)

一市民である私は、公職である佐藤市議に対しこの返答を求め続けているのですが・・・ね(笑)

間違いです。

http://blog.satomasataka.jp/200704/article_6.html




kodomotachinomirai
URL
2007/08/02 21:11
なんのお手伝いもできず、大変でしたでしょう・・
ひっそりとお邪魔いたしますね!

我が家も緑色の風が吹き抜ける住まいです。
気持ち良く、公私とも頑張ってくださいね!
akikenyou
2007/08/02 22:40
えっと@8さん たくさんの書き込みありがとうございます。

挑発する気はないのですが、昨年9月25日以降のことが頭をよぎり、多少品のない文章になったかもしれません。
ご指摘ありがとうございます。気をつけます。
佐藤まさたか
2007/08/03 02:01
このように書きました。

>こんなことを(一度でも)アメリカ人相手に行ったら最後、(佐藤市議は)二度と(アメリカ人カウンターパートに)相手にされません。佐藤市議にはそのことを肝に銘じていただきたいと思います。

未だに理解されていないようですね。

あなたは公人、私は私人です。

違いを理解されていますか?

以上


kodomotachinomirai
URL
2007/08/03 22:57
コドモタチノミライさん
あまりにもヒドイです。
せっかく佐藤議員が誠意を持って話そうとしているのに踏みにじるような返答
読んでいて情けなくなりました。
人の心が理解出来ない方は何も語る資格は無いと思います。
ひどい
2007/08/04 00:26
kodomotachinomirai さんへ向けた文章が無視された・・・。
あれだけ無視されるのが嫌って言ってるのに・・・。

公人、私人 と言っておられますが、
その枠を越えた会話をしていませんか?

だいたい、電話で直接話せるんでしょ?

『言いたいことがあるなら電話で直接言えばいいのに・・・。』

というのが一般市民の考えじゃないでしょうか?
ええっと@13
2007/08/04 08:36
一市民さん おはようございます。

以前にもいただいていたのですね。すみません、漏らしてしまったようです。遅ればせながらお返事させていただきます。

まず、6月27日のブログでも書きましたが、性風俗についてそれぞれの方がどう感じるのか、考えるのか。さらにその関連の仕事をしていた方のことをどう感じるのか、考えるのか。それは様々あって当然でしょうし、生理的に許せない、という意見があることも理解できるところです。
私も初めてサイトを見た時は、こんな世界もあるのか…と正直驚きました。

しかし、だから議員を辞めろ、と議員が言うのは間違っていると私は考えています。

まず1点目は、法的に何の問題もなく当選してきた議員に対して、前職を理由にした辞職勧告決議などできるはずがないこと。

2点目として、彼ら(草の根)が主張する5月1日以降に、薄井さんがセクハラと言われるような行為をした事実が全くないこと。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/04 09:06
3点目として、性風俗は違法であり、違法であるものは差別されても仕方ない、という論理構成は、極めて危険だと考えていることです。

売春が容認されるものでないことは当然ですが、ソープランドを含む性風俗産業で働いている人たちをひと括りにして、「差別などという生易しいものではなく」という考え方は、公人として極めて危険だと考えています。
人にはいろいろな事情があり、みな懸命に生きている、というのが、私の立っている大前提です。
私には非常に薄っぺらな人権論に見えますし、弱者の見方って何だろう?と考えさせられる大変いい教材になっています。(まだ続きます)
佐藤まさたか
2007/08/04 09:07
次に、私が大学を出てから市の職員だったか、ということですが、大学を出てから約13年間勤めたのは、財団法人社会教育協会・日野社会教育センターです。

日野の学童クラブの保護者会長をしていたかどうか、というご質問ですが、ハイ、務めさせてもらっていました。
下の娘が2年生の時だったと思いますから、議会に挑戦した年の前年だったはずです。その2年前には保育園の父母会長もやらせてもらいましたし、日野の学童連絡協議会の会長も、持ち回りでやらせてもらったことがあります。その折に出席していた三多摩学童保育連絡協議会での経験や人脈は今でも宝物です。
娘がお世話になっている中で、自分のできることは当然にやるべきだと思っていましたので、本当に楽しく、親仲間たちと活動を作っていました。
親としては最高に楽しい時期だったかもしれません。(まだ少し続きます)

佐藤まさたか
2007/08/04 09:08
私の方から一市民さんにお伺いしたいことが2つあります。

まず、これが仮に議員になってからのことだったとしても、何か問題になることがあるでしょうか?
確かに、他の市の市議会議員が父母会長をしている、というのはあまりあることではないと思いますし、疑問に感じる方がいても仕方がないでしょう。しかし、だからといって「普通じゃない」という言い方で批判されるとすれば、私は疑問です。ご批判を含んだお尋ねかと思いますので、教えていただければ幸いです。

またもう1点。私が学童クラブの父母会長をしていたという事実を、一市民さんはどこでお知りになりましたでしょうか?
隠す必要もないことなのでいくらでもお話できますが、どこでお知りになったかだけ教えていただけませんか?
(もう少し続きます)
佐藤まさたか
2007/08/04 09:09
保育園問題については、いくらでもお伝えしたいこと、できることがあります。

「りんごっこ保育園設置者の資質及び特定議員の関与に関する調査特別委員会」がこの春まで設けられ、私もメンバーの一員として、この間起こった様々な事柄について調べ、議論をし、公的に記録が残る形で発言をしてきました。何ら恥ずべきことはしていないので、どうぞ東村山市議会HPの議事録をご覧になってください。

あえてブログ上で徹底して取り上げてこなかったのは、そうはいっても、現実に日々通っている子ども達と保護者の皆さん、そして懸命に現場を支えておられる職員の皆さんがいらっしゃるからです。
矢野氏や朝木氏、園長の高野氏には、開設時の問題、その後の裁判、そして昨年起こった「キャンディチーズ問題」「ニセ食中毒問題」等々、重大な責任があると考えています。
しかし、保育現場を混乱させることは避けなければならない、と考えてきました。
(次、ラストです)
佐藤まさたか
2007/08/04 09:10
私が勤めていた「保育所・空飛ぶ三輪車」が5年前、矢野・朝木議員によって「幼児虐待をしている保育所」として徹底的に叩かれました。
野外保育現場(野口町・弁天池公園)に居合わせたのが、矢野議員が住所を同じくするりんごっこ保育園園長であり、その目撃談をもとに突然の攻撃が議会内外で始まりました。
直後、たまたま現場に居合わせた近所の若いお母さんたちが、ポストに入った「東村山市民新聞」を手に、保育所へ来てくださりこうおっしゃいました。「こんな事実は全くありません。裁判になるなら、私が証言台に立ちます!」そのお母さんたちは文書も書いてくださり、今でも保存しています。
(すみません、500字に収まらない。次がラストです)

佐藤まさたか
2007/08/04 09:12
その後、まだ議員ではなく保育所職員だった私は、保育所の親の皆さんと連日連夜対策会議に追われました。弁護士事務所にも何度も通いましたし、矢野氏本人と内容証明郵便のやりとりもしました。

半年後、それでも裁判に打って出ないという結論に達したのは、裁判になれば出廷し、晒されるのは若い女性保育士たちであり、子ども達の保護者たちであること、何年にもわたって保育現場を矢野氏らとの戦場にすることは避けなければならないという多くの判断からでした。

矢野氏らによる攻撃の後、空飛ぶ三輪車だけでなく、近隣の保育所はみな弁天池公園への野外保育ができなくなった時期があります。
次は自分達がターゲットになることを恐れたからです。

今、「チーズ」「食中毒」に代表されるりんごっこ保育園で起きている数々の問題点については、やはり知らせていかなければならないかもしれない、と考えています。
佐藤まさたか
2007/08/04 09:20
丁寧にご説明いただきほんとうにありがとうござます。
矢野市議さんのお名前がよく出ていますが、私は、草の根さんとは意見がおなじというわけではありませんので、あまりそちらに話題を広げないで教えてほしい気持ちです。下の市議になってから日野市で会長したということですが、
>他の市の市議会議員が父母会長をしている、というのはあまりあることではないと思いますし、疑問に感じる方がいても仕方がないでしょう
 私が知り合いから聞いた内容がただしいかどうかを確かめたくて投稿しましたので、正確でなければお詫びいたします。私の友人の知り合いが東村山市議で与党のかただったと思いますが、この方のお話として、佐藤市議さんは、市議になってからも日野市で学童とかの父母会長していたとの話が伝わってきたので、おずねしました。上のご説明では、学童連絡協議会や父母会の会長さんを東村山市議に当選後、やってらっしゃったということでまちがいないのですね。
一市民
2007/08/04 16:20
つづきです。
 それと、私は、kodomotachinomiraiさんが言っている保育園の事件の件をおたずねしたのですが、ずいぶん広がってしまいました。TBSが謝罪したのに、佐藤市議さんの勤めていた保育園側は謝罪しなかったため裁判に負けたというのは本当ですか?ということです。「幼児虐待保育所」の件は、初めてききました、素朴な疑問ですが、証拠をあつめて内容証明を矢野市議さん側に出したのは佐藤市議さん側だったのでしょう?裁判をするつもりで、内容証明だしはじめたのに、なぜ途中でおやめになったのでしょう?上の2つについて、また教えてください。
 あと、いくつかお話になった点は、一方的なお話なので、私も自分で調べてからまた投稿してみます。
一市民
2007/08/04 16:22
一市民さん こんにちは。
再コメントありがとうございます。

学童父母会の会長や連絡協議会の役員をしていたのは、議員になる前の年と書いたつもりなのですが、書き方が悪かったのかもしれません。

また、市議となった翌年にPTA会長を引き受けました。
これも隠したこともなく、矢野・朝木両氏から出された「4年前に遡って佐藤の住民登録を抹消せよ」という請求(4月に棄却)に伴って市選管から事情聴取を受けた際にも伝えてあります。当然のことですが、何の問題にもならないそうです。
どうしても役員のなり手が出ず、このままではPTA活動を休止せざるを得ないという切羽詰った状況を受け、年数回の運営委員会と重要な会議さえ出てもらえれば…と昔からの親仲間に頼まれて1年間限定で引き受けました。
会議も夜や休日の設定にしてもらい、何とか形だけでも一年間一緒に頑張らせてもらいました。仲間に感謝しています。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/04 17:40
また保育園については、そういうご趣旨だったのですね。失礼しました。

TBS云々の話は、北山公園問題の時のはずなので、10年以上前の話です。当時、私は職員ではなく、この件については園長から多少聞いたことがある程度です。
保育園が裁判対象ではなく、あくまで園長個人と矢野氏との問題です。
もし詳細がお入用でしたら調べなければなりませんが、その後に私がそこの職員になったからといって、個人間の問題について言及するのは適切ではないと考えます。

また、園長の民事敗訴は事実のはずですが、それがあたかも原点となり、何も知らない私が園長の代理戦争をしたかのような市民新聞の書き方は全く勝手な憶測によるもので、下衆の勘ぐりレベルの論評です。
ましてや、kodomotachinomiraiさんは、私以上に何もご存じないはずです。市民新聞の一方的な内容をそのまま引いてこられて何を言われても、情けなくてコメントする気にさえなりません。

私が出馬したのは、矢野氏らによる突然の保育園攻撃と、その後のりんごっこ保育園新設問題に伴う市民運動が直接的なきっかけです。そこは明確です。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/04 17:45
内容証明については、「どうして事実無根なのに、そのような攻撃を続けるのかお答え願いたい」という趣旨で送りました。「あれは明らかな事件だ。裁判なら望むところだ」という趣旨の返事が来たことを覚えています。

最後に、家族の事情、について書き忘れましたので申し上げます。
市民新聞紙上でも昨年、「離婚もしていないのに、日野と東村山の距離で別居はあり得ない」などと書かれましたが、まったくもって大きなお世話です。ご近所の噂話ならいざ知らず、何をわかった上で公人がそのようなことを言うのか、極めて不見識だと思っています。
家庭にはそれぞれの事情があります。妻や子ども達の個別事情、それぞれとの関係についてまでお話しないと議員として認められないということなのでしょうか。納得いただけない方もあるのでしょうが、今後も家庭内の事情についてこのような場でお話するつもりはありません。
佐藤まさたか
2007/08/04 17:47
富士見公園さん こんにちは。お暑うございます。

最初にコメントくださったのにお返事遅くなりました。ごめんなさい。

多摩湖町はセミの声で目が覚めます。まあ野口も結構そうだったんですけれど(笑)。
渡る風も気持ちよく、引き続き頑張りたいと思っています。
市長との面談の成果も、ゆりさんブログで拝見しました。
あちこちで、それぞれの視点で市政と向き合おうという市民の方が増えていることを実感しています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
佐藤まさたか
2007/08/04 18:17
akikenyouさん こんにちは。
いつもほっとする書き込みありがとうございます。

八国山が見える、と以前書いておられましたよね。
うちからも狭山丘陵や廻田の丘の緑が見えます。

今日は北山公園で汗ダクダクでしたが、木陰の風は実に気持ちよかったです。東村山、いいところだなぁと改めて実感です。
佐藤まさたか
2007/08/04 18:21
>日野の学童クラブの保護者会長をしていたかどうか、というご質問ですが、ハイ、務めさせてもらっていました。

佐藤さん
私が萩山小学校の学童クラブの床の補修に関し、佐藤市議にメールを送りましたよね。

市議としてどう対応されたのですか。答えなさい!

日野>東村山 

よく分かりました。

kodomotachinomirai
URL
2007/08/04 18:28
一市民さん 追記です。

>私は、草の根さんとは意見がおなじというわけではありませんので、あまりそちらに話題を広げないで教えてほしい気持ちです。
こうお書きいただいたのに、どうしてもそこに触れざるを得ず、また筆調が必要以上にきつくなった気がします。すみません。
草の根の二人には、本当にひどい思いをさせられてきていて、また私以上に辛い思いをされた方を何人も知っているので、どうしても「許せない」という思いが先に立ちます。

書いた内容には間違いはないのですが、冷静に問いかけていただいていることに対してはさらに冷静に答えなきゃいけない、と反省しています。
佐藤まさたか
2007/08/04 18:38
>書いた内容には間違いはないのですが、冷静に問いかけていただいていることに対してはさらに冷静に答えなきゃいけない、と反省しています

と、書いても実は全く反省していない。

同じ間違いを何回も繰り返す・・・佐藤さんの「幼児性」を証明しています。

※佐藤氏の「幼児性」を安倍晋三氏の「幼児性」と同一視しているのであり、佐藤氏の人格を否定しているものではありません。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/04 19:10
>答えなさい!

だからさー、佐藤さんが会ってくれるって言ってるんだから、そこで聞けばいいじゃない。
わざわざ遠回りな方法とっておきながらイラついてて、みっともないですよー。

>よく分かりました。

なら聞くなよ。てか、どうせ一週間もしたらまた書き込むくせに(笑)
はげわら
2007/08/04 19:12
>佐藤さんが会ってくれるって言ってるんだから・・・

思い上がるな!

以上
kodomotachinomirai
URL
2007/08/04 19:35
>思い上がるな!

これは誰に対して言ってる言葉になるのでしょうか。意味不明ですね。

私がkodomotachinomirai さんに思い上がる必要も無いですし、佐藤さんだって思い上がっての持ちかけではないと思いますよ。
しょがねーなーまったくって心境ではないでしょうか。

別スレでもどなたかに言われてましたけど、思い上がったり見下したりという感情が働くほど、あなたには価値は無いです。
みんなただ困っているだけですよ、うましかに。
はげわら
2007/08/04 19:57
>みんなただ困っているだけですよ、うましかに。

そのままお返しします。あなたを含む佐藤・薄井連合やこのブログを管理する佐藤まさたか先生に!

>あなたには価値は無いです。

あなた方「うましか」さんクラブには、私の価値は「死んでも」分からないでしょうね(爆笑)

kodomotachinomirai
URL
2007/08/04 20:41
毎回大変丁寧にお答え頂いて本当に恐縮です。で、前にも書いたのですが、
>私が出馬したのは、矢野氏らによる突然の保育園攻撃と、その後のりんごっこ保育園新設問題に伴う市民運動が直接的なきっかけです。そこは明確です。
と、佐藤市議さんが、そこまで矢野市議さん側の「保育園攻撃」が立候補の理由だと強調されると、なんだか私怨で公職に立候補したみたいな印象をうけてしまいますし、TBS事件もその私怨のひとつかな、と思ってしまいます。邪推だったらごめんなさいね。
一市民
2007/08/04 21:10
すみません。続きです。>弁護士事務所にも何度も通いましたし、矢野氏本人と内容証明郵便のやりとりもしました。
kodomotachinomirai さんのことを下衆の勘ぐりレベルの論評というのは、いつもの佐藤市議さんの冷静さからは、失礼ですがちょっときいつい言い方のようにみえます。上の佐藤市議さんのコメントに矢野市議さんは「あれは明らかな事件だ。裁判なら望むところだ」という返事だったとありますが、その内容証明はもしかして弁護士さんが差出人になっているんではないですか?そうすると、佐藤市議さん側が「裁判しますよ」という前提で内容証明を送ったことになりませんか?でも、結局、佐藤市議さん側が提訴しなかったというのは、ご自分達に不利な事情があって弁護士さんから提訴しないほうがいい、という助言があったのでは?と、とれるのですが、いいすぎでしょうか?
一市民
2007/08/04 21:12
これでおしまいです。
私は「幼児虐待保育所」の件は、よくわかりませんので、佐藤市議さんのご説明だけからの印象です。もしも私の推測が間違ってたら申し訳ありませんが、なぜ提訴して白黒つけなかったのかな?それをしないで、なぜ、そのことを立候補の理由にしているのか、わかりかねます。正直言って。「幼児虐待保育所」の件、できましたら、もう少し、私のようなものにもわかるようにお願いいたします。それと、私はお聞きしてなかったのですが、そこまでおっしゃるなら、別居せざるをえない「家庭の事情」を丁寧に説明したほうが公人として潔い態度ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
一市民
2007/08/04 21:13
そのままお返しいただいてもかまわないんですけど、その場合の「みんな」はkodomotachinomirai さんと誰と誰と…になるんでしょうか。
一人二人じゃ「みんな」じゃないわけでw。

あなたの価値を理解してくださる「みんな」の所でコメントされれば良いと思いますよ。
「私の価値は死んでも分からないでしょうね」と思っていながら、そんな連中(コチラに集う人たち)に絡んでること自体おかしいでしょ。

はげわら
2007/08/04 21:18
>kodomotachinomirai さんのことを下衆の勘ぐりレベルの論評というのは、いつもの佐藤市議さんの冷静さからは、失礼ですがちょっときいつい言い方のようにみえます。

下衆はゲス

日野 > 東村山

以上
kodomotachinomirai
URL
2007/08/04 21:36
>別居せざるをえない「家庭の事情」

佐藤議員ではないんですけど。
別居せざるをえない理由は、佐藤氏が「東村山に住民票と生活拠点を置かなくてはならない仕事に就いたから」に尽きるのではないでしょうか。
私の兄家族もこれに近い理由で別居です。議員ではないので住民票こそ移していませんが、兄一人だけ他県に住み仕事をし、週末だけ自宅に帰りまた戻るという生活をして3年になります。
詳しい「家庭の事情」としては、他県に行きっきりになるものか数年後には戻れるのかが全く分からないことと、ちょうど戸建の新居を購入したばかりだったこと、子どもに障害が有り適切な療育機関が赴任地には無かったこと、などです。そのため義姉と子どもたち二人は残り、兄だけが家を出る形をとりました。
家族の形態なんてそれぞれですから、その事情・内情もそれぞれでしょう。なぜ?と聞く意味があるとは私も感じませんし、仮に詳しく語られたところで語られた側に何か出来ることはあるのでしょうか。
一市民外
2007/08/04 21:54
昨晩は特に意識も無く兄家族の事情を書いたのですが、議員さんという仕事こそまさに「行きっきりになるものか数年後には戻れるのかが全く分からない」のだということに気づきました。数年ごとに選挙という試験が有るのですものね。
ひょっとしたら数年後には失職しているかもしれない土地へ、夫とともに、父親とともに移り住もうという家族は少ないでしょう。仕事を持っている妻なら通勤時間が少しでも延びることは一大事ですし、学齢に達している子どもなら築いた地域との関係も大切です。そうした生活を断ち切ってまで転居しても、前述のように先々が保障されている訳ではありません。
そんなことを考えると、佐藤議員の形態はごく自然なことなんだろうと私は感じます。
一市民外
2007/08/05 08:25
おはようございます。
一市民さんや一市民外さんのやり取りを見ていて、かねてから引っかかっていたことを佐藤市議にお伺いしてみたくなりました。

「何故、日野ではなく東村山の市議になりたかったのですか?」

草の根とやりあうためだけ…のであれば正直がっかりなんですがw、東村山在勤でいらっしゃった経緯もありますから、東村山に対する思いであったり、愛着であったりがあるのではないかと思っています。
佐藤市議にお時間があれば、記事としてこの辺りの思いのたけを改めてぶつけて頂ければなぁと思います。

単身赴任に関しては一市民外さんがおっしゃっているように、語れない事情がある場合もあるでしょうから、無理に聞きたいとは私は思いませんが、「なんでそこまでして?」という疑問を持つ方は少なからずいるのではないでしょうか。
りうママ
2007/08/05 09:08
私も一市民外さんと同意見です。

家族といえでもひとりひとりが独立した人格であって、仕事・学校・介護をはじめとするさまざまな事情で別居を選択することはあるでしょう。それはプライベートな事柄であって、市議であってもいちいち説明する義務はありません。DV等の人権侵害がからんでいたり、市議としての普段からの主張に反するような実情があったりする場合は、また別の話ですが。

「離婚もしてないのに、妻子とは別に車で30分の市外に一人だけ『別居』する理由など逆立ちしてもありえない」という東村山市民新聞152号(2006年10月31日発行)の主張は、私にはさっぱり意味がわかりません。根拠を説明してほしいものです。一時期、「夫婦は同じベッドで寝るべきか否か」というどうでもいい論争があったことを思い出しました。

家族の多様なあり方を認めることは、東村山市男女共同参画条例をきちんと実現していくためにも、欠かせないことではないでしょうか。
3羽の雀
URL
2007/08/05 09:59
ともあれ、「草の根」の人たちには、他の市議を攻撃するためにその家族まで巻き込むようなことは本当にやめてほしい。

とりわけひどいと思うのは、東村山市民新聞のホームページ、〈薄井「市議」特集〉の下の方にある、「驚き!娘を性風俗嬢に。」という見出しです。

薄井市議は、「娘が自分の意志で〔世間から偏見を持たれている仕事を〕やると決めたのであれば、認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりたいと思っています」と語っているに過ぎません。

しかし上記の見出しは、娘さんがあたかも性風俗嬢になった(ならされた)かのような印象を持たせることを意図した、悪質なものです。私は、こんな見出しを平気でつけられる人たちを、市議としてのみならず、人間として信用することができません。

佐藤市議が仮に「草の根とやりあう」ために立候補したのだとしても、それは東村山市のためにいいことだと私は思っています。もちろん、ブログ等を拝見していれば、それが第一義的な目的ではないのだろうとは感じていますけれども。
3羽の雀
URL
2007/08/05 10:01
>佐藤市議が仮に「草の根とやりあう」ために立候補したのだとしても、それは東村山市のためにいいことだと私は思っています。

私も同感です。
草の根とやり合うどころか、やられっぱなしで東村山市を出られる方もいると聞いています。そんな状況の街に入って行かれたのですから、がっかりどころか感服です。
そして大事なこと。佐藤議員はこの4年間、いわゆる草の根攻撃(正式には反撃ですが)というものを第一義的な仕事としてはいなかった、という事実です。一方のどなたかたちは延々と攻撃をし、本来の仕事は?といわれるような状態であったのに、佐藤市議がこのブログでそれをこぼした事があったでしょうか。
つい先日ようやく「きっかけ」について語ったところでした。

薄井議員の問題についても言えることですが、前職がなんだからどうだというのでしょうか。立候補のきっかけがなんだったら良くてなんならダメなのでしょう。
つまらないことに拘っていると、そういう街なんだなと落胆した良質な人たちが、どんどん市から脱出してしまうのではないでしょうか。
一市民外
2007/08/05 13:32
一市民外さん

>佐藤議員はこの4年間、いわゆる草の根攻撃(正式には反撃ですが)というものを第一義的な仕事としてはいなかった、という事実です。

ソース(情報の出所)を!

3羽の雀さん

>薄井市議は、「娘が自分の意志で〔世間から偏見を持たれている仕事を〕やると決めたのであれば、認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりたいと思っています」と語っているに過ぎません。

私は薄井氏の前職を差別しているつもりはまったくありません。

が・・・佐藤市議や私の娘たちが「ソープランドなどの性風俗の仕事をしたい」と言い、そのことを薄井議員に相談した場合、薄井市議は公人として「認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりなさい」とアドバイスされるのでしょうか。

一般企業ではこのような問答を「ケーススタディ」と言います。

「佐藤・薄井だんまり市議コンビ」にこの答えを聞きたい、東村山市民の多くはこのように考えているのではないでしょうか?
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 18:28
>kodomotachinomiraiさん
ここで佐藤市議の言葉尻を捉えて
また「お仲間」に援護射撃をしてもらうことが目的なのですか?
佐藤潰し、薄井潰しをしたからといって市政が良くなりますか?
あなたが何のために佐藤市議に毎日のように因縁をつけているのか
さっぱりわかりません。
匿名希望
2007/08/05 19:44
>あなたが何のために

あなたのような匿名でしか人を攻撃できない「悪者」の一掃かな!
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 19:58
匿名の何が悪いんですか?
インターネットではむしろ実名でこうしたコメントや掲示板の書き込みをしている人の方が普通でしょう。
それに攻撃ではありません。質問です。
匿名希望
2007/08/05 20:12
むしろ実名で→むしろ匿名で
訂正します。
匿名希望
2007/08/05 20:15
佐藤市議の「愛情」と「パラダイム(ものの見方、考え方)」

家族が暮らす日野 > 公務員として給料がもらえる東村山

家族が暮らす日野市の学童クラブとPTA > 東村山市内の児童クラブに通う子ども達の安全と子ども達の未来
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 20:25
>あなたのような匿名でしか人を攻撃できない「悪者」の一掃かな!

佐藤市議に「実名を晒された」と怒っている人が何を言うんだろ。
実名を晒してもらって悪者から脱出した訳だから、感謝しなくちゃw
もっとも、とっくに名前はバレバレだったけどね。
げらげら
2007/08/05 20:39
再掲です。

一市民外さん

>佐藤議員はこの4年間、いわゆる草の根攻撃(正式には反撃ですが)というものを第一義的な仕事としてはいなかった、という事実です。

ソース(情報の出所)を!

3羽の雀さん

>薄井市議は、「娘が自分の意志で〔世間から偏見を持たれている仕事を〕やると決めたのであれば、認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりたいと思っています」と語っているに過ぎません。

私は薄井氏の前職を差別しているつもりはまったくありません。

が・・・佐藤市議や私の娘たちが「ソープランドなどの性風俗の仕事をしたい」と言い、そのことを薄井議員に相談した場合、薄井市議は公人として「認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりなさい」とアドバイスされるのでしょうか。

一般企業ではこのような問答を「ケーススタディ」と言います。

「佐藤・薄井だんまり市議コンビ」にこの答えを聞きたい、東村山市民の多くはこのように考えているのではないでしょうか?
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 20:43
再掲です。

>口角泡を飛ばす論争は大いに結構ですが、つかみ合いの喧嘩は外に出てやってください、というのが店主としての正直な思いです。

口角泡を飛ばす論争 = 勢いはげしく議論したりするさま
喧嘩 = 言い争ったり、腕力を用いて争ったりすること

ブログの店主として、この論争と喧嘩の違いを(安倍首相のような曖昧な分け方ではなく)理論的に分けて説明してください。できないのなら薄井政美氏のように事前承認方式をとるべきであると考えますがいかがでしょうか。

>4丁目さん 大事なことを忘れました。
私は西口問題を一緒にがんばった方たちに対するあなたの言い草には一切同調しません。

「言い草」とはなんですか?

以上、過去のコメントより

佐藤さん・・・・お答えくださいね。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 20:46
>日野の学童クラブの保護者会長をしていたかどうか、というご質問ですが、ハイ、務めさせてもらっていました。

佐藤さん
私が萩山小学校の学童クラブの床の補修に関し、佐藤市議にメールを送りましたよね。

市議としてどう対応されたのですか。答えなさい!
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 20:52
視察については丁寧なお返事ありがとうございました。ちょっと気になり佐藤市議に伺いたいことがあります。薄井市議が辞職すべきかどうか、という議論については私はその必要はない、と思います。次の選挙で市民が判断すると思うからです(私は彼には投票しませんが)でもこの問題の流れをみていると、薄井市議が辞職する必要なし=性風俗は肯定されるものである、になってしまっているように思います。薄井市議の問題とは別に、佐藤市議自身は性風俗に対して肯定的なお考えをお持ちなのですか。 男性は得てして性風俗に寛大な方が多いように思い、女性の人権とか暴力団の問題などを考えると、この点では東村山新聞の主張も(かなり極端なのでそこは除いてです(汗汗))間違いとは言えない部分があります。私は薄井市議云々の話には一切巻き込まれたくないのでその点はお願いします!この問題とは別にお考えを伺えたらと思います。
H.K
2007/08/05 21:14
>私は薄井市議云々の話には一切巻き込まれたくないのでその点はお願いします!

kodomotachinomirai も同様です。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 21:26
>あなたのような匿名でしか人を攻撃できない

あれえ?
その匿名を利用してダブハン使いまくっていたの誰だっけ?

あれえ?
実名について個人情報云々って(実は自分でばらしている情報だけどw)騒いでいたの誰だっけ?

それなのに他人に対しては匿名性を非難するんだww

なによりさあ
匿名でしか攻撃できないのは「悪者」ならば
実名(実名バレバレ)で攻撃するのは「悪者」じゃないんだwww


>市民その147411
2007/08/05 21:36
佐藤議員の支持者は・・・・・ホ〜

このような素晴らしき支持者に囲まれ・・佐藤まさたか大先生もさぞやお喜びであろう・・・・ホ〜

以上
kodomotachinomirai
URL
2007/08/05 21:47
まあまあ
kodomotachinomiraiさんにも支持者が沢山いるじゃあないですか

東村山4丁目さんとか
七国山のチカラさんとか
minaoshi2006さんとか


市民その147411
2007/08/06 00:06
kodomotachinomirai さん

ここで議論しても解決策になりませんよ、
目の前で会話してみては?と思っている人が
たくさんいらっしゃると思います。

kodomotachinomirai さん、ご自分が論破された都合の悪いときだけ、
開き直ってコメントを書くのはよくないですよ。

>あなた方「うましか」さんクラブには、
>私の価値は「死んでも」分からないでしょうね(爆笑)

価値がわからないのですが、分からないところでの講義ありがとうございます。
第三者が見たら、さぞや滑稽に映るでしょう。
価値が分かる方はどういう方なのでしょうか?

あなたの意見に賛成で、kodomotachinomirai さんヽ(´ー`)ノバンザーイ
とでも言ってる方でしょうか?

ずっと言いつづければ、嘘も真実になる論法に見えると
そういうわけですかそうですか。

ふと思ったのですが、kodomotachinomirai さんて、
全て同じ方が書いているのでしょうか?
ええっと@14
2007/08/06 08:41
kodomotachinomirai さん

「以上」なら、もうコメントはしないで下さい。
多重投稿など読んでてとても不愉快です。
うぴ
2007/08/06 10:10
3羽の雀さん
>「離婚もしてないのに、妻子とは別に車で30分の市外に一人だけ『別居』する理由など逆立ちしてもありえない」という東村山市民新聞152号(2006年10月31日発行)の主張

通勤というものを経験したことの無い人の発想だと思います。
車で30分の距離ですと、私の住んでいるあたりだと「電車で1時間」になります。通勤時間が一時間短くなるならまだしも、逆であるなら私も別居を選択します。私にも転居先に職場を用意してくれるというなら別ですが(笑)。

「妻子が一緒に来ない」と聞けば、通勤や学校の関係かなとスッと連想できるのが普通かと思っていました。そうならないということは、満員電車の中を通勤する苦労も無く、共働きで行く必要も無いご家庭が多いということですかね。シンブンはそういう層を代表しているのでしょう、それで「草の根」ってどうなんでしょ。
おともだち
2007/08/06 17:05
一市民さん こんばんは。

立候補したのは、私怨だったとは全く思っていません。
市民派、弱者の見方を語る市議会議員の実態を一年間見続け、同時に長年彼らに苦しめられてきた方たちの思いに触れ、これは公憤だと確信しました。
ご判断はそれぞれでしょうから、一市民さんのお考えを覆そうとは思っていませんけれど…。
尚、TBS云々は全く関係ありません。

下衆の勘ぐり、と書いたのは矢野氏らの論評に対してです。kodomoさんではありません。

裁判に踏み切っても、不利な事情も負ける理由も全くありませんでした。
それでも提訴に至らなかった理由は、保育所ごと矢野氏と対峙し続けることは、生身の子どもたちや親たち、保育者達を考えると「できない」という職員、親たちの最終判断があったからです。
私が最終的に選挙に立つことを決めたのは、一連の経過をきっかけに、このまちの重大なテーマを痛感したからです。(少し続きます)


佐藤まさたか
2007/08/06 21:05
とまあ、ここでこれ以上いくら書いても、結局信じていただけるかどうかの話で、あまり意味のあることではないかもしれませんね。

出馬の理由、家庭の事情、単身赴任状態で日々動いている今の思い、等々、どう取っていただいても構いません、というのが本音です。

ところで、一市民さんは、最終的に私に何をお求めになっているのでしょうか。
佐藤まさたか
2007/08/06 21:06
一市民外さん こんばんは。

プラスの方向に推察してくださってありがとうございます。
正直、ほっとします。

4年前、結果など全く見えない中で選挙に挑み、いろんな方の手づくりの力で驚きの当選となりました。
東村山のまちと向き合うからには、私自身は全力投球でいこうと心に決め、誰よりもフットワークよく現場へ飛ぼうということを4年間の基本としました。

結果として、力になれたこと、うまくいったことは決して多くはなく、一緒に涙を流すことしかできないということもありました。

家族と暮らすのが市議だったら「当たり前」、というご意見には、そうですよね、と答えます。
でも、今のところ一緒に暮らせない、暮らさない状況の中で最善を尽くすしかない、と思っております。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/06 21:29
今、自分はどうしてこんな毎日なんだろう?とふと思うことがあります。

4年半前、「東村山の市議選に挑戦する」と日野の議会事務局にいた知り合いの職員の方に話したところ、「え〜っ!あそこだけは絶対に勧めない!悪いこと言わないから今からでもやめなさい。」と言われたことを思い出します。
確かに、普通ではあり得ないような体験をいろいろさせてもらってきました。

でも、必要とされる場で持てる力を尽くす、という若い頃からの自分のスタイルには合っている、と思いますし、こんなに多くのことを学ばせてもらえる仕事、こんなに人としっかり向き合える仕事はなかなかないと思うのです。
いろんなことがありますが、一日一日、一人ひとりに感謝して明日もまた頑張ろうということしかありません。
今後も、忌憚のないご意見、ご指摘いただけたらと思っております。
佐藤まさたか
2007/08/06 21:30
りうママさん こんばんは。

どうして東村山?
なんでそこまでして?

そうですよね、そう思われると思います。4年間、いろいろな方に尋ねられました。
様々な状況が複雑に重なったとはいえ、今になって冷静に考えると、私自身にも実は厳密にはよくわからない、というのが本音です。
あの時は、「とにかく変えなければならないものがそこにある」「子どもたちが危ない!」という直感に従って突き進みました。
出馬の動機としては緻密ではなく、あまり褒められたものではないかもしれませんが…。

私は、私が10歳から24年間続いた日野の革新市政の中核に近いところに身を置いていました。選挙も、市議選にも国政にもできる範囲でかかわってきたので、政治の世界は私にとってかなり身近なものでした。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/06 22:02
しかし、仕事を通して出会った東村山で議会に出ることになるなんて、出馬を決めた4年前の3月まで微塵も考えもしませんでした。

縁というのは不思議なものだな…と思います。

>草の根とやりあうためだけ…
正直申し上げて、あのような議員が、しかも2人も当選していることに、5年前、それまでの39年間の人生で最大とも言える驚きを持ちましたし、直接のきっかけは、議会傍聴を続けたり多くの方たちの話をうかがう中で、「許せん」という強い思いがあったことは事実です。

しかし当選後、彼ら自身の問題もそうなのですが、それを許している風土こそが問題だと考えるようになりました。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/06 22:03
「情報を出さない」「オープンな議論をしない」「いつだって結論先にありき」「何?ではなく誰?で何でも判断する」「その場しのぎの取り繕いが多い」…。
そこら中にエサがあるのも同然でした。

だから私は、あえて政治的スタンスと近い人と徒党を組むよりも、「風土、ルールを変えよう」という思いを発信し続け、思想信条よりも、その視点を共有できる人かどうかを大事にしてきました。

相手を断罪して仲間内で気勢を上げるのは気持ちいいですし、簡単なことです。
しかしそれでは何も進まないし変わらない、ということをこの4年間の日々で学びました。

進化&真価が問われる2期目だと思っています。
佐藤まさたか
2007/08/06 22:04
3羽の雀さん 書き込みどうもありがとうございます。

>とりわけひどいと思うのは、東村山市民新聞のホームページ、〈薄井「市議」特集〉の下の方にある、「驚き!娘を性風俗嬢に。」という見出しです。

私も、全市に配られた市民新聞のトップタイトル「風俗マニアが粉飾 市議に」以上に、絶対に許されない所業だと考えています。

彼らは、家族を標的にすることの効き目を実によく知っています。
本当に卑劣です。

今回の騒動をきっかけに黒船として監視&発信を続けてくださっている皆さんに、勇気づけられている市民が大勢いることを痛感しています。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/06 22:34
選挙を通じて一定の支持を得た者同士、互いの存在や違いを認め合い、その上で市民のためによかれと思う優先順位や手法の違いをめぐって、徹底的に議論をし、よりよい結論を出していくのが私たち議員の仕事です。

相対的に自分達が浮かび上がれることなら何でもやる。
そんな手口が今まで通用してきたことのほうが不思議ですが、今回のことを通じて、多くの方が古びたマッチポンプの仕組みを知りました。

ムラ社会だ、ムラ議会だと揶揄してきた存在にとって一番都合が悪いのは、そのムラ社会、ムラ議会が崩れてしまうことのはずです。

いろいろな方たちが開けてくださった風穴を、大きく大きくして、風通しのいいまちに変えていく大きなチャンスだと思っています。頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
佐藤まさたか
2007/08/06 22:35
ちょっと意地悪な質問に丁寧にお答え頂き、ありがとうございます。
きっかけはどうあれ、このままじゃいけないと感じ、声をあげ、今東村山で頑張っていらっしゃるという事実を、私は評価したいと思っています。

誰も斬り込んでこなかった問題に斬り込んで行くことのご苦労は、並々ならぬものかと思います。ますますの進化しつつ、佐藤市議のご活躍に期待しています。
もちろん市民も頑張らないと、ですね。
りうママ
2007/08/06 22:37
>公憤だと確信しました。

ふ〜ん
kodomotachinomirai
URL
2007/08/06 22:47
下衆はゲス

日野 > 東村山

以上
kodomotachinomirai
URL
2007/08/06 22:49
>薄井市議は、「娘が自分の意志で〔世間から偏見を持たれている仕事を〕やると決めたのであれば、認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりたいと思っています」と語っているに過ぎません。

私は薄井氏の前職を差別しているつもりはまったくありません。

が・・・佐藤市議や私の娘たちが「ソープランドなどの性風俗の仕事をしたい」と言い、そのことを薄井議員に相談した場合、薄井市議は公人として「認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりなさい」とアドバイスされるのでしょうか。

一般企業ではこのような問答を「ケーススタディ」と言います。

「佐藤・薄井だんまり市議コンビ」にこの答えを聞きたい、東村山市民の多くはこのように考えているのではないでしょうか?
kodomotachinomirai
URL
2007/08/06 22:54
H.Kさん 再度の書き込みありがとうございます。

性風俗について、ということですが、ひと括りにしていいとかダメだとかいうことではない、とまず思っています。

正確に理解しているわけではないのですが、現代の性風俗につながる歴史の中には、確かに犯罪や暴力と切っても切れない流れもあるでしょう。
一方で、文化や芸術と結び合っていった流れもあると思います。

私自身は幸か不幸か知りませんが、ここまで性風俗とは無縁のままきました。
しかしそれは、存在を認めていないからとか、すべて犯罪だと思っているからということではありませんし、別に経験がないことが誇らしいとも思っていません。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/06 23:18
何よりも大事なことは、東南アジアなどの女性たちの実質的な人身売買の場となっている面や、青少年の薬物汚染の温床になっていたりする面をはじめ、犯罪行為については、きちんとした対策をとっていくことだと思います。
同時に、いつの時代も人間が存在する以上、一つの産業として存在してきたことは事実であり、ステレオタイプの浄化を声高に叫ぶことが本当に正しいのかという疑問を私は持っています。

実際に苦しんでいるアジア系の方の相談に乗ったこともありますが、事情は個々別々。ていねいに、かつ極めて慎重に扱わなければならないことを学びました。
本当に大変なところを命がけで支えている機関の方たちともお会いしましたが、そういう方たちほど無責任なレッテル貼りなんか絶対にしません。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/06 23:18
薄井さんが業界にいた頃を知っている方たち何人かのお話を総合すると、薄井さんは、合法的に成り立っている業界の中で、風俗嬢の人権やあるべきマナーの啓発など、むしろ陽のあたりづらい問題にも地道に取り組んでいたと理解しています。

「性風俗=犯罪=違法=差別もかまわない。」なんと恐ろしい論理展開でしょう…。
自分の感情と価値観だけでレッテルを貼って断罪することが私たちの仕事だとは思いません。
佐藤まさたか
2007/08/06 23:19
私は妻が東村山出身で移り住んで来ましたが
駅前開発をはじめとする不透明な行政を変えて
いただけることを期待しています。

くだらない妨害に負けずに頑張って下さい!!
東村山市民
2007/08/06 23:28
>薄井市議は、「娘が自分の意志で〔世間から偏見を持たれている仕事を〕やると決めたのであれば、認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりたいと思っています」と語っているに過ぎません。

私は薄井氏の前職を差別しているつもりはまったくありません。

が・・・佐藤先生や私の娘たちが「ソープランドなどの性風俗の仕事をしたい」と言い、そのことを薄井議員に相談した場合、薄井市議は公人として「認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりなさい」とアドバイスされるのでしょうか。

お答えを・・・・
kodomotachinomirai
URL
2007/08/06 23:55
そんな質問をする kodomotachinomirai さんは
娘が「性風俗の仕事をしたい」
と言って、そのことを相談された場合、差別・偏見
を持って引き止めるんでしょ?
認めなよ。
東村山市民
2007/08/07 00:06
kodomotachinomirai さん

>>薄井市議は、「娘が自分の意志で〔世間から偏見を持たれている仕事を〕やると決めたのであれば、
>>認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりたいと思っています」

このコメント、公人としてすることを「認める」じゃなくて、
子供の自由意志を親として「尊重」するというのが一般的な見方じゃないでしょうか?

と、コメント4つぐらい前からいろいろなコメント欄で、
無視されていますが、無視されるのが嫌と言われている方のやることとは思えませんが?

kodomotachinomirai さんは、論破されるようになってから、
コピペの文章ばかり貼るようになりましたが、結局、論破できないから
そうしているように受け取って宜しいでしょうか?
えっと、@18
2007/08/07 08:48
コドモさんの問い掛けは「あたしと仕事、どっちを取るの?」と同じ位、不毛な問い掛けのように感じます…。
マコロン
2007/08/07 11:34
佐藤先生や私の娘たちが「ソープランドなどの性風俗の仕事をしたい」と言い、そのことを薄井議員に相談した場合、薄井市議は公人として「認めてやり、偏見を持つ人たちから全力で守ってやりなさい」とアドバイスされるのでしょうか。

お答えを・・・・

佐藤市議のお仲間である薄井氏のこの言行が、私たち市民に理解されるのか、否かを佐藤市議に問うているのです。

佐藤さん、ご自分のお子さんのお顔を思い浮かべながら・・・お答えください。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/07 17:55
まぁ、やっぱり無視なわけですよ。
返事するに値しないと感じます。

みなさん、スルーしましょー。
返答するだけ無駄です。
えっと、@22
2007/08/08 10:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
引っ越しました。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる