なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 最高峰への視察

<<   作成日時 : 2007/07/29 14:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 46

議会運営委員会の9名の委員と議会事務局職員が、8月1日、2日の二日間にわたって、「議会基本条例」を学ぶために、全国で最初に同条例を制定した北海道栗山町へ出発します。私はメンバーではないので参加するわけではありません。
東村山市議会では、3人以上を交渉会派と称し、会派代表者による代表者会議や、交渉会派の議員で構成される議会運営委員会(以下、議運)が設置されています。
そもそも「一人会派は議運に参加できない」というルール自体が、他自治体の議員などと話すと物笑いの種になります。
さらに、正式な議運を殆ど開かずに、「議会運営委員協議会」という非公式な場でルール決定をしていることは、一日も早く本来求められているやり方に改めなければなりません。
議運への参加が3名以上なのも、インターネット中継がなかなか実現しないのも、2名の特異な議員がいるからだと他会派の先輩議員たちからしばしば説明を受けてきましたが、「気持ちはわからなくもないが、それはおかしい」とその都度申し上げてきました。

クローズしてきてよかったことは殆どないばかりか、議会、議員が本来果たすべき役割を自ら弱め、そのツケは確実に市民に回っています。

そういう意味で、ローカルルールが多く、公開への取り組みが遅れている東村山市議会が、日本で一番進んでいると言われる議会を視察する意味は大変大きいと考えています。

全国から視察が殺到しているため、今回はいくつかの議会が合同で説明を受けるようです。
どこがどれだけ早く視察の成果を自らの議会で実現していくのか?ある意味競争です。

実は議運は、インターネット中継にしても、2年ほど前に京都府宮津市まで出かけて視察をしているはずですが、「不穏当発言がそのまま出ていいのか?」といった意見の中で、ご存知のように実現していません。そんなもの、見せてしまうしかない、と私は思っていますが…。

栗山町の議会基本条例については、私もしっかり学んだわけではありませんので、栗山町議会のページをご覧いただきたいと思いますが、特徴として次の11点が挙げられています。
・ 町民や団体との意見交換のための議会主催による一般会議の設置
・ 請願、陳情を町民からの政策提案として位置づけ
・ 重要な議案に対する議員の態度(賛否)を公表
・ 年1回の議会報告会の開催を義務化
・ 議員の質問に対する町長や町職員の反問権の付与
・ 政策形成過程に関する資料の提出を義務化
・ 5項目にわたる議決事項の追加
・ 議員相互間の自由討議の推進
・ 政務調査費に関する透明性の確保
・ 議員の政治倫理を明記
・ 最高規範性、4年に1度の見直しを明記

この中で東村山市議会が既に実行していることは、9点目の政務調査費についてだけだと思われます。
同HPから見ると、栗山町議会も一足飛びにこの条例を定められたわけはなく、本来的な議会の使命に忠実になることで、一つ一つ積み上げてきたことがわかります。
栗山町議会基本条例は、かなり平易な言葉で書かれていて、その中味もわかりやすく、町民共通のルールとして相応しいものだと感じます。

当然のことのようでも、明文化し条例とすることで、以後恣意的な運用はできなくなりますし、その目的に向かって全員で努力する道が明確になることは大変重要だと思います。

議会とは本来何をすべき場なのか、議員とは本来何をすべき存在なのか、については、特に東村山市議会において問われていることは大きいと考えています。
一日も早く議会全体として本格的な議論の場を設け、具体的な改善を施していかなければならないと思いますし、私も議会の一員として、積極的に力を尽くしたいと考えています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
臭い物に蓋をする。醜いことは伏せる。
行政がこのような意識があれば許せない。
すべてオープンが原則です。悪いことはいずれは淘汰されます。
東村山市民は馬鹿ではありません。しっかり見せて欲しい。
また、議会傍聴しても市長、議長たち、答弁側市職員は正面から見えるが
質問議員は背中である。
早急に議会のテレビ放映(庁舎内)もお願いしたい。
全員26名の議員の顔ぶれ、議論、主張を正面から見たい。 以上
富士見公園
2007/07/30 09:21
富士見公園さん 初めまして。書き込みありがとうございます。

>すべてオープンが原則です。悪いことはいずれは淘汰されます。
その通りだと思っています。
悪さをする者はもちろん悪いのですが、それを理由にして次々とローカルルールを作ってきた議会も殆ど同罪だと、4年間で強く感じています。
インターネット中継には、動画対応に1,000万円以上かかるとかで、財政難だから…という話も聞きます。しかし、そのままを見せていくこと、市民が議会でのやり取りをすぐにいつでも確認できることの対価としては、決して高くないと思います。
また即導入が難しいのであれば、まずは引きの固定カメラ1台からでも撮影を始めて、いきいきプラザ1階にある宝の持ち腐れ液晶テレビででも放映すればいいんですよね。

とにかく見せること。これしかないので、ぜひ1日も早く中継が実現するよう求めていきたいと思っていますし、議会に対して市民の皆さんからの強い声も寄せていただきたいと思っています。
佐藤まさたか
2007/07/30 13:33
当事者からすれば滑稽でしかないような「詭弁や暴論」も、その実態を知らない人にとっては「さもありそうな話」に摩り替わっていく。議会が市政の実態を明らかにする場であるならば、伝聞ではなくそのままを見聞きすることはとても大切なことだと思う。
puma
2007/07/30 17:32
佐藤さん、ちょっとこの記事は……です。 この時代に条例を学ぶのになぜ北海道まで視察に行かなければならないのですか。それと、議会中継ですけどあのお二人のせい、という与党会派の説明は何の説明にもなってないしつじつまが合いません。むしろ自分たちがしんどくなるのを二人のせいにしてるだけでしょう。佐藤さんは何故いつも自公与党をかばうのですか? 議会を動かしているのは自公与党なのに彼らを厳しく批判することをしないで、草の●のせいにするのはバランスを欠いていると思います。残念です。
H.K
2007/07/30 20:44
>インターネット中継には、動画対応に1,000万円以上かかるとかで、財政難だから…という話も聞きます。

佐藤さん・・・恥を知りなさい!

渡部市長の公約ですよ。情けない。

1、行政・議会改革NO1
市民・議員の皆さんと共に、市政・議会を再点検。東京で最も改革を進めたまちをめざします。
徹底したスリム化・増収対策で財政を立て直し、市債を4年間で20億円削減
常設型の住民投票制度を含む自治基本条例の制定
情報公開の徹底、市民参加のシステム化
市民・NPOとの協働の推進
議会のインターネット中継の実施
kodomotachinomirai
URL
2007/07/30 22:54
>佐藤さん・・・恥を知りなさい!
どこか恥なのか、わからないのですが。

>この時代に条例を学ぶのになぜ北海道まで視察に行かなければならないのですか。
もちろん、視察するに値するかは検証しなければならないと思いますが視察自体が不適切とは思いません。

>議会を動かしているのは自公与党なのに彼らを厳しく批判することをしないで、草の●のせいにするのはバランスを欠いていると思います。
私は逆にちゃんとバランスをとっていると感じました。趣旨は、一部議員を理由に議会が正常に機能していないことはおかしい。議会本来の姿に戻そう、ということで、与党の対応に異を唱えています。しかしながら、そうならざるを得なかったことにも一定の理解を示しています。

「与党だから」という理由で、厳しく批判さえすればよいでは批判のための批判でしかありません。
問題解決のために現実認識を共有することは議論の第一歩だと思います。


山村あずま
2007/07/31 05:49
>佐藤さん・・・恥を知りなさい!
この方のおっしゃっている事、私も理解できません。
 佐藤さんは、次のように述べておられるではないですか。
>しかし、そのままを見せていくこと、市民が議会でのやり取りをすぐにいつでも確認できることの対価としては、決して高くないと思います。
kodomotachinomiraiさんの「渡部市長の公約」となんの齟齬もないでしょう。


「栗山町議会基本条例」には前文があります。
「議会が町民の代表機関として、地域における民主主義の発展と町民福祉の向上のために果たすべき役割は、将来にかけてますます大きくなる。(中略)議会は、そのもてる権能を十分に駆使して、自治体事務の立案、決定、執行、評価における論点、争点を広く町民に明らかにする責務を有している。自由かっ達な討議をとおして、これら論点、争点を発見、公開する事は討論の広場である議会の第一の使命である。

〔続きます〕
ksofuto
2007/07/31 11:54
(中略)積極的な情報の創造と公開、政策活動への多様な町民参加の推進、議員間の自由な討議の展開、町長等の行政機関との持続的な緊張の保持、議員の自己研さんと資質の向上、公正性と透明性の確保、議会活動を支える体制の整備等について、この条例に定める議会としての独自の議会ルールを遵守し、実践する事により、町民に信頼され、存在感のある、豊かな議会を築きたいと思う。」

東村山市を含め多くの地方議会では、ここに述べられている事柄の逆なんでしょうね。でも、視察受入日程を調整せざるを得ない状況は、
>「どこがどれだけ早く視察の成果を自らの議会で実現していくのか?ある意味競争です。」
・悪しき慣習の打破、・しがらみとの決別、・手間隙を惜しまない、役所職員と議員双方のレベルアップ、等々ハードルは高いと思いますが、少しでも前進して欲しいと思います。

(もうすこし続きます)

 


ksofuto
2007/07/31 11:56
(今回の視察の成果はちゃんと視察議員の報告書として公開されるのかな?「現状の東村山市議会の状況を直視するとそのあり方におおきな問題があるように思えるから」視察に行くんですよね。)
「議会改革特別委員会」の早急な設置が望まれます。


「条例の前文」あまり例がありませんが、「三鷹市自治基本条例」にも謳われています。

http://www.city.mitaka.tokyo.jp/a014/p001/pdf/t0010014202.pdf

ともに、制定時の「熱い思い」が感じられます。
(偶然、両条例とも「条例第17号」!!)


ksofuto
2007/07/31 11:56
>佐藤さん・・・恥を知りなさい!

撤回します。

佐藤さんを含め議員は全員、恥を知りなさい!

そう申し上げたいと思います。

その理由はこちらのURLをご覧ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/siminnokai/

以上
kodomotachinomirai
URL
2007/07/31 20:59
↑さんざんダブハンやったあげくに後だしジャンケンな言い訳記事出す輩に言われてもねえw
説得力まるでなーしww
市民その147411
2007/07/31 23:36
>さんざんダブハンやったあげくに後だしジャンケンな言い訳記事出す輩に言われてもねえw
説得力まるでなーしww

そうでしょうか。ハンドルネームを複数持つことが問題なのでしょうか。私は2〜3のHNを持つ事のほうが健全である、そう主張しています。。
kodomotachinomirai
URL
2007/07/31 23:44
健全では無いですね。
紛らわしいし荒らし行為と勘違いされても仕方が無いですよ
呆れた
2007/07/31 23:50
コドモタチノミライさんは次の市議選に立候補すべきですよ。 イヤミとかでなくてほんとにそう思う。 やはり批判するなら「同じ土俵」で勝負したほうが市民にはわかりやすいと思うからです。 彼の主張は確かにそんなにおかしいことは言ってないんですが発信方法が反感を買っているのではないでしょうか。でしたら市議会で同等の立場で議論されたらいかがでしょうか。
コドモタチノミライさんへ
2007/08/01 00:10
ダブハンと複数HNはやってること全然違うよん

それに
ダブハン→見破られ→言い訳複数HN推奨主張
この順番じゃあねえ

>彼の主張は確かにそんなにおかしいことは言ってない
確かにそうなんだけどねえー
ただ多くの主張が誰かの言葉やら本からの引用で
引用することは悪くはないんだけどねー
それに乗っかる彼の主張にそこから発展昇華したオリジナリティがいまいち感じられないのがもう一歩って所かなぁ
市民その147411
2007/08/01 00:56
複数HN持つのなら、ひとつの掲示板での使用HNはひとつだけにして下さい。
とても紛らわしいです。
ぽち
2007/08/01 10:13
pumaさん こんにちは。お暑うございます。

一日も早いインターネット中継を、という主旨でブログを立ち上げられたり、一方で出鱈目な言いがかりをつけられたり、大変な毎日ですね。

そのままを見せる。そして判断していただく。
それしかない、と思っています。
佐藤まさたか
2007/08/01 12:22
H.K.さん 初めまして。書き込みありがとうございます。

そう取られるような書き方かもしれませんね…。

私としては、そこまでして最先端自治体まで視察に行くのだから、今まで公開に後ろ向きだった議員も含めて、不退転の覚悟で臨むんでしょうね、という思いなのです。

それと、視察に出向くことが全く意味がないとは私は考えていません。
イロハも調べずに出かけてイロハを聞いて帰ってくるような視察が長年続いてきた面があり、そんなお粗末な視察が許される時代ではないと思います。
ネット等で調べられる範囲は調べ、その上で先進施策導入の先頭に立っている先方の職員の方や関係者に会ってやり取りをすることや、実際にその場に立って利用者の声をキャッチしたりすることは、十分意味があると思っています。
全部が慰安旅行だ、として参加しないのも一つの考え。
私は、井の中の蛙的な行政運営の弱点を前向きに変えていくためにも、必要な視察や研究は行うべきだという考え方です。
佐藤まさたか
2007/08/01 12:31
H.K.さんへ追記です。

自公云々、草の根云々の件ですが、私は向き合ってきた4年間の細渕市政の、西口再開発に象徴される「結論先にありき」「隠蔽体質」「開発至上主義」を、できるだけ具体的な材料を提示しながら批判し、改善を迫ってきたつもりです。
渡部市政に変わって、改善された点、されつつある点、相変わらず先が見えない点など、いろいろあると感じています。

人それぞれに支持する政党や政策に違いがあることは当たり前ですし、私自身も幼い頃から培ってきた思想、信条などはそう簡単に変わるものではありません。
憲法観、教育観、安全保障等、国家的な争点においては一歩も譲らずに目の前の議員ともやりあうときがきっと来るでしょう。
(続きます)

佐藤まさたか
2007/08/01 12:46
しかし、それらの違いがあっても、隣に暮らすもの同士が目の前の事柄をよくしていくために一緒に力をあわせてつくっていくのが自治体行政だと私は考えています。

私たち自治体議員は、それぞれの思想信条をしっかり持ちつつ、今何が問題になっているのか、解決のためにはどうしたらよいのかという情報を集め、開かれた場でしっかり議論して一定の到達点を示していくことだと思っています。

やれあっち側とかこっち側とか、お仲間だとか、敵の敵は見方だとか、それでいったい何を生み出したのですか?と問いたい気持ちです。
できるだけ一般ウケしそうな仮想敵をつくって叩くことが議員の仕事なら、こんな楽なことはない、と思います。

尚、そこを●で伏せる必要は全くないので、お気になさいませんように。
佐藤まさたか
2007/08/01 12:54
佐藤市議が壊れた?

インターネット中継の推進に反対している議員はいるのですか、佐藤さん?

渡部市長も公約にしています。どんどん進めてください、誰も反対する人はいないでしょう。

新人議員ではありまが、佐藤市議が敵対視する民主党会派の奥谷市議は、選挙用リーフレットに議会のインターネット配信や議会のVTR貸し出しも提言しています。

確か奥谷議員が活躍した守口市議会もインターネット配信は行っているはずです。(奥谷議員に聞いてみたいと思います)

何でもかんでもみんな〜 草の根の仕業にするよ〜

もう少し思考回路を整理されたらいかがでしょうか・・・

反佐藤市議のの民主党支持者より
kodomotachinomirai
URL
2007/08/01 20:19
丁寧なご返答ありがとうございました。視察の件は佐藤議員の見解を一部理解はするのですが、やはり税金で行く以上は市民が納得できるようにしてほしいです。知人が某市で議会事務局に配属された時の視察旅行の実状を聞くと税金払うのがやになります。あと私は西口の住民投票をつぶした自公与党への怒りはまだ収まってません。1万7千人以上の思いをたった10数人の議員がつぶしたのです!この怒り(恨みとも言えます)を忘れないでほしいのです。今回の参議院選挙を見ても、自公与党を厳しく追及し続けることは大切だと思います。議会中継ができないのは草の根がいるから、などという与党の理由は市民に対する説明になってません。そういうしょうもない言い訳をするな!と一喝するのが佐藤議員の役目ではないでしょうか。草の根は独自の路線ですから…頑張って下さい、ということで。
H.K
2007/08/01 23:55
H.Kさん、再度、反論させていただくことお許しください。

>1万7千人以上の思いをたった10数人の議員がつぶしたのです!この怒り(恨みとも言えます)を忘れないでほしいのです。
お気持ちはわかります。ただ「たった10数人の議員がつぶした」という考え方ではなく、その議員を選んだ市民の意志と考えるべきではないでしょうか。完璧ではなくともルールに則ってだされたことを受け止める必要があると思います。と同時にこれを教訓として、情報公開など民意がちゃんと反映される仕組みづくりをやっていくことが大切なのだと思います。怒りや怨念では物事は解決できないのではないでしょうか。
山村あずま
2007/08/02 18:13
佐藤さんへ

「最高峰への視察 」

このタイトルがどういう意味なのかよく分かりませんが・・・・・

>「一人会派は議運に参加できない」というルール自体が、他自治体の議員などと話すと物笑いの種になります。
さらに、正式な議運を殆ど開かずに、「議会運営委員協議会」という非公式な場でルール決定をしていることは、一日も早く本来求められているやり方に改めなければなりません。

このことも草の根会派問題の一つですか。
3人以上会派でなければ?代表質問ができない問題同様、共産党会派もこの問題は改善するべきであると言っていたように記憶していますが・・・

佐藤さん、お答えくださいね。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/02 19:58
ご無沙汰しておりました。
なにやらえらい騒ぎになってますが…

視察についてはまず見て学ばなければならないという点からも、決して不必要なものではないと思います。
むしろ見て学んだ後に、それをどう身にするかですね。

ただちょっと疑問点が2つばかり

なぜ運賃の高い繁忙期である今の時期に行くのでしょうか?
視察なのであればより経費の安くあがる閑散期を選ぶべきではないでしょうか?
もちろん議会の合間に行く等はあるとは思いますが…

もうひとつは栗山町は新千歳空港から1時間圏内とのこと。
十分日帰り可能な位置ですよね?
経費削減という意味ではわざわざ一泊する必要はあるのでしょうか?

ちょっと気になったのでコメントしてみました。
抹茶
2007/08/02 23:47
H.Kさん 再コメントありがとうございます。

某市議会事務局職員の方のお話、想像がつきます。いろいろ問題点をお聞きになったかと思いますが、許せないという言葉、重いです。特に、わざわざ出かけるからには、意味のない視察はもう許されない時代だと思っています。
私自身はこの4年間で視察に出かけた際、新人議員だったということもあり、毎回公的な報告書を担当してきました。(当然に公開対象の文書です)
視察内容が東村山としてすぐ活かせることばかりではありませんし、施策の優先順位という点で会派ごとの差もかなりあるので、成果として見えない点も多いかと思います。
また正直言って、わざわざ出かけたのに、先方とうまく噛み合わず終わってしまったものもあります。準備不足が大きな要因で、反省です。
しかし、議員として仕事をするのに大いに役立っていることも多く(特に行革関連)、いまだに直接連絡をとり、ヒントをいただいている先方市の担当職員の方もあります。

内容を精査し、結果につなげる視察に改善すべく、私自身も努力したいと考えています。お気づきの点、よろしかったらまたお聞かせください。(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/03 00:16
昨年12月20日の住民投票条例案否決は、私もきっと一生忘れません。
ただ、あと半歩まで迫りながらゴールに届かなかったという現実から私自身はまた出発することを心に決めましたので、今春の市長選の結果も含め、努めて冷静に受け止めようと考えてきました。自分に足りないところをしっかり埋めていきたいと思っています。
自公政権に対しては、特に安倍政権になってからの青臭い暴走ぶりに強い危機感を持っていますし、石原都政に対してもある意味それ以上の強い警戒感を持っています。東村山市政、とりわけ教育行政が石原都政下の優等生であることも大いに気に入っていません。
しかし一方で、細渕市長の4期目出馬を断念させたのは、まぎれもなく12月20日の結果だったと考えています。9月議会、10月決算委までは続投へやる気マンマンだった前市長は、ちょうどその頃にスタートした直接請求運動を甘く見ていた節があります。しかし想定外の薄氷を踏むような結果を受け、市長選ではもう勝てない、と市民の空気を踏まえ判断したのが自民党市議団ではなかったのかと想像しています。(書き出したら長くなってしまいました。もう少し続けます)
佐藤まさたか
2007/08/03 00:20
さらに、市長が後継指名していた直系の方がありましたが、最前線はそれでも勝てないとして、投票によって渡部さんに絞り込み、公明の推薦も取りつけました。分裂のまま突っ込んだ反市長側よりも、自公サイドは強い緊張感をもって臨んだと私は思っています。渡部陣営は自治労の推薦も取り付けました。
今、市長がかわり、本文で書いたようにかなり改善しそうなことも、そうでないこともあります。
しかし少なくとも、私とほぼ同世代が課題山積の市政の舵取りを担うということの重さは、想像を超えるものがあるだろうと思っています。
前市政と違い、少なくとも十分に直接議論ができ、自らの足で出向き、聞く耳を持とうという基本姿勢を持っている市長が誕生したことは、私は前向きにとらえています。
何かにつけて草の根を理由にするベテラン議員には、私はこの間ずっと食ってかかっています。与党内にも、そんなことをしていたって何の解決にもならないし、市民の損失にしかならないという考えが広まりつつあります。

H.Kさんご指摘の点、胸に刻んで本業にあたりたいと思っています。
佐藤まさたか
2007/08/03 00:21
山村あずまさん こんばんは。

慣れ合うことと、議論の上で力を合わせることは違いますよね。
私が向き合ってきた細渕市政は、議論すること自体を嫌いました。

私なんぞは早々に「あっち側」=「耳を傾ける必要のない議員」というレッテルを貼られ、理屈で問うても情緒で返されることばかりでした。
また、与党サイドの議員があえて市長に物申すと、いつからあいつはあっち側になったのか?とされる始末。
何が問題か、ではなくて、それは誰が言っているのか?とすぐに聞きたがる悪い癖は、未だに議会や管理職層に強く、市民のためにオープンに議論する、という姿勢には程遠い状況です。

同時に、協力をすればすぐに「なれ合い」とするのも、一種の思考停止であり、それでは現実は何も進まなくなってしまいます。

あずまさんおっしゃるように、今までのことを教訓とした新たなルールづくりが欠かせないと思っています。
佐藤まさたか
2007/08/03 00:35
kodomotachinomiraiさん こんばんは。
考えに考えた末、コメントいたします。

まずご指摘の件ですが、2人会派の草の根を理由にしたあれこれのローカルルールは、全くもっておかしい、と考え、そう主張してきました。
「でもな…佐藤さん…」と言うのは、与党系のベテラン議員の皆さんです。
共産党の方々が言っていたのであれば、同じ件だと思います。(続きます)
佐藤まさたか
2007/08/03 01:36
さて、私としての本題に入らせていただきます。

あれだけご自身で宣言されたにも関わらず、直後に別HNでおいでになり、さらに夥しい数の現HNでの書き込みも、どうしてこんな言葉を次々とぶつけてこられるのか…毎日お顔を思い浮かべては、ため息をついてきました。
さらに、ご自身は一方的な見解は記すものの、身の危険を理由にコメントは一切受け付けておられない。その気持ちはわかるつもりです。
同時に、私も西口問題に始まり、昨秋以来の草の根によるストーカーまがいの行動に、家族にまで身の危険が及ぶ辛さを感じていますが、その気持ちを誰よりもわかってくださっているのがmiraiさんだと思っていました。

これだけ一方的に断罪され、次々とレッテルを貼られると、正直申し上げて、今この瞬間も、あなたにどう向き合ったらいいのか、私はわからないままです。(もう少し続きます)
佐藤まさたか
2007/08/03 01:38
一切コメントをしてこなかった理由はおわかりいただいていると思います。
それが最善なのかどうかわかりませんが、けんか腰であったり挑発を含んでいるとしか受け取れないコメントに反応しても、その先の展開は見えているように思うのです。IP制限をしたらどうか、というあなたのご提案も、真意をはかりかねています。

一つとても残念に思っていることがあります。
以前実名をお出ししたことと、その際の記事の不正確さについては、翌日直接お会いした際に私自身の非を認め、きちんとお詫び申し上げたことを覚えていらっしゃると思います。2時間近く立ち話をして、私の気持ちをご理解いただき、許してくださったのではなかったのでしょうか。

同時に、この件については、あなたが請願をお出しになるはるか前の話ですので、請願人云々にはあたらないと思っています。あの時の私の認識が間違っているということであれば、改めておっしゃってください。ネット上の断片的な言葉のやり取りで何とかしようとなど私は思っていません。
お会いするつもりはいつでもあります。そこまで聞く耳を持っていないつもりはないです。(さらに続けます)
佐藤まさたか
2007/08/03 01:39
ただ、これだけは申し上げておきます。
私はこのブログを閉めません。
理由は、私にとって大切な場だからです。

私自身の発信地としてはもちろんですが、それ以上に、ここを訪ねてくださる方々から教えていただくことが毎日山ほどあります。
共感も反感も含め、少なくない方たちがそれぞれの見方、考え方の中で、ここをのぞいてくださり、ご自身の考えを示してくださる。掛け値なしにありがたいことだと思っています。
私を支持いただく支持いただかない、などということは、もちろんどうでもいい話です。

過去コメントを削除したのは、あなたが未だに怒っておられるあの1件だけです。
勝手にいろいろ言っている向きもあるようですが、自分のブログに多重HNで投稿するような卑怯な真似も私は一度もしていません。
問われたことには、今後も自分なりに誠意をもって答えていくつもりです。
しかし、あなたが以前教えてくださったように、コメントを返すも返さないも、私の判断です。削除や制限やスルーをしたくはありませんが、今後一切しないという約束をここですることもできません。
(長くなってすみません。次、最後です)
佐藤まさたか
2007/08/03 01:40
自分の考え・政策を絶対のものとして振りかざしても、自分だけでそれを叶えていくわけではありませんから、近い考えの人たちはもちろんですが、考えの違う人たちとどう話し合っていくのか。話し合い相手としての信頼を相手から得ていくのか、ということが極めて重要だと思っています。
顔を見てお話ができれば一番なのですが…。

ぜひ落ち着いたお返事をください。お願いします。
佐藤まさたか
2007/08/03 01:41
抹茶さん いやぁ、3か月ぶりのお出まし、どうもありがとうございます。
読みごたえがなくなり、愛想を尽かされたかと思っておりました。

ご指摘の2件についてですが、まず、この時期に視察に出かけるのは、むしろ珍しいかもしれません。
少なくとも私が出かけた年に一度の常任委員会視察は、10月下旬から11月が多く、一度だけ6月下旬があったかと記憶しています。
栗山町には全国から視察が殺到しているそうで、今回もあちらのスケジュール優先のようです。
それだけが理由かどうかはわからないのですが、6月議会以後は参院選がありましたし、それが終わってから9月議会までの間、ということなのだろうと思います。

なぜ日帰りではないのか、という点ですが、そうですね、日帰り可能圏内ということになりますね…。
2日間の具体的な行程を承知していないので何とも言えませんが…報告が出たらまたお知らせしたいと思いますし、それ以上に、わざわざ出向いた成果を一日も早く実にするため、議運には全力であたってほしいと思っています。
佐藤まさたか
2007/08/03 01:56
はじめまして。ンバンガと申します。
佐藤さんが渾身の思いで放った言葉の数々。
“誠意”とはこういうことを言うのだと思います。
感動しました。
ンバンガ
2007/08/03 20:41
日付順にコメントをしています。

私の娘たちが子どもの頃、一緒に遊んだ「スーパーマリオブラザーズ」を思い出してしまいました。

前座で子分?が出てきて、やっつけると場面の最後には小ボスが現れる。そんな印象ですね。

久しぶりにコメントをいただきましたが、ハッキリ申し上げて今後お会いするするつもりはございません。ハイ!

佐藤さんと民主党を支持する私とでは「基本ソフト(OS)」が違い過ぎます。私が佐藤さんを民主党的OSにファーストフォーマットしてよいなら別ですが、そんな屈辱的なことは佐藤さん自身が受け入れるとは思いません。

私はこれからも佐藤、薄井市議のウオッチャーとして活動していきます。

※民主党的とは難しいことではありません。基本は「何でも言い合える社会の構築」です。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/03 21:10
>佐藤さんと民主党を支持する私とでは「基本ソフト(OS)」が違い過ぎます。

ふーん ですね。
市民その147411
2007/08/04 00:34

この間、民主党の人に聞いたら
「今使用しているOSはしつこいウィルスが紛れ込んで大変だ」
といってました。「OSのりかえたい」と。

つーか、もはやOSどうのこうのって時代じゃないでしょ。
WEB上ではくだらないOS権威主義がおわってる。
OSの差異はなくなり、どんなコンテンツを提供するかが
重要となっている。
ちいさな土俵でドメスティックOSに拘っていては、
取り残されてしまいます。

flog
2007/08/04 08:29
>>佐藤さんと民主党を支持する私とでは「基本ソフト(OS)」が違い過ぎます。
>「今使用しているOSはしつこいウィルスが紛れ込んで大変だ」

そうですか。納得しました。
ループしちゃってるんですね。
kodomotachinomirai さんのOSは。
交換できないでしょうね。廃棄かな!



とんび
2007/08/04 16:28
>この間、民主党の人に聞いたら
「今使用しているOSはしつこいウィルスが紛れ込んで大変だ」
といってました。「OSのりかえたい」と。

その民主党が参議院選で勝利しました。
多くの国民は、佐藤市議の支持者のような「相手を負かす!」「共生でなく競争を!」というOS(基本的オペレーションシステム)にノーを突き付けた、私はそのように理解しています。

私たち民主党の支持者が望む社会は、日本人同士の「やっつけ合い」ではなく、この国に暮らす人々が「助け合う」社会の構築です。

そこが違うのです。分かっていただけないことを承知で書いていますが。
kodomotachinomirai
URL
2007/08/04 18:09
いや、民主党的といいますが、まったく・・・。

>佐藤さんと民主党を支持する私とでは「基本ソフト(OS)」が違い過ぎます。
>私が佐藤さんを民主党的OSにファーストフォーマットしてよいなら別ですが、
>そんな屈辱的なことは佐藤さん自身が受け入れるとは思いません。

つまり、立ち位置の異なる両者は、
結局は分かりあえないから、
話さない方が良いということですか? 質問ですから答えてね。

あのね、佐藤市議が親分とかそういうんじゃないの。

佐藤市議がふざけたこと書いてたら、
あなたに反論している人の中にも
佐藤市議に噛み付くことがあるんですよ?

 ※例えば、先日のコメントで
  挑発的な文章を書いた佐藤市議に問題を感じたので。、
  文句言わせて貰いましたが・・・。
ええっと、@17
2007/08/06 18:12
納得いかないから反論しているからであって、
みんなを味方につけるだけの説得力があなたに無いのです。

あくまで、反論しているのは、現時点での話しですよ?
納得できるのなら、文句なんかいいませんよ。

例えば、一市民さんの場合、きちんと会話が成立している。
反論し合っているが、会話になっているから、
書くのを止めろとか、具体的に叩かれないでしょ?

むしろ、佐藤市議なんでだーー!
間違ってるぞー、と応援しますよ。

 (あなたの応援などいらないといわれればそれまでですが。)

意見の相違を少しずつ埋めていって、
妥協点が見つかり、あぁ、こうだね という話しになるのです。

相手の言葉にすぐ反応する、すぐ反論する。
これはこういう意味ですか?という確認すらない。
ええっと、@18
2007/08/06 18:12
間違っていたらどうするのですか?

そこらへんにたくさん居る、
失言した人たちと同じじゃないですか。

文章だけで会話するんだから、もう少し気をつけましょうよ。
当たり前の"ネチケット"です。

「ネット上の空気を読みましょう」
という意味さえ分からないのでしょうか・・・。

予想コメント、
あなたと会話している気はありません!
以上!
あなたと話していません!
以上!

とかそういうのでしょうか?

まぁ、段々、無視されるようになってきましたが、
論破できるだけの内容を話すことが出来ないからでしょう。
後、ご自分は無視されると、

みんなに無視された!絶望した!佐藤市議に絶望した!
とのたまっていますがね。

この書き込みに笑っている方は何人いるのでしょうか?
点呼してみましょうか?www
ええっと、@19
2007/08/06 18:14
ええっとさん、この方と会話が成立しないことはとうに結論が出てまして、ようやく皆さんでの無反応が定着してきたところです。
相手をすると(しなくても)無駄にスレが伸びてしまいますので、どうかこの方をいじらないようにお願いします。
前から見てる人
2007/08/06 20:03
書けば書くほど、どうにもならないんだって自分も気づきました。
前から見ている人さん、了解しました。
えと@りょーかい。
2007/08/07 14:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最高峰への視察 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる