なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 西口再開発を追う 2007.7.21.

<<   作成日時 : 2007/07/21 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、工事協定書について書きました。
再開発組合に「文書の写しをいただきたい」とお願いしていた答えは「内部で相談はしましたが、その必要があるのでしょうか?」というものでした。
必要があるから申し出ているのに…困ったものです。
市が事業主だったらもちろん即公開対象ですし、かつて予算委員会で市は「情報公開については、個人情報保護に配慮しつつ、公開可能な情報は従来どおり公開していきたい、組合に対しても、そのように指導していきたい」と私の質疑に対して答えていました。
問われなければ情報を出さない、問われてもできるだけ出さない、という組合の変わらぬ体質には、億単位の補助金を受けている自覚が相変わらずまるで感じられません。

現場近隣・沿道に暮らす住民と事業主側が直接話し合って締結しなければ全く意味がない協定書。自治会長と組合理事長と工事業者の三者だけによるボス交で形だけ整えたため、直近にお住まいの方もその存在すら知りません。
なんとかこの状況、そして組合の体質について、市から是正の指導をするよう、昨日都市整備部を訪ねて要請をしてきました。

西口をめぐる様々な問題点、争点が消えてなくなったわけではありませんし、公益施設に代表される明らかな税金の無駄づかいには、計画推進を謳う新市長でさえメスを入れざるを得ないだろうと感じています。

しかし何よりその前に、迷惑だけをかけ続けている直近の住民の方々には、誠意を込めてその声に耳を傾けるよう、組合幹部の方々は一日も早く対応の質を上げてほしいものです。

昨日段階の工事は↓このような状況です。
上2枚が地下駐輪場工事、下3枚が100mビル工事ですが、ビル工事の写真からは、例の6m間隔に立ち並ぶ1m角の柱がどんなもんなのかが初めて見て取っていただけると思います。
確かにこれじゃ、ホールにしたってフロアにしたって、あんばい悪いはずです。図面から、柱だらけだとはわかっていましたが…。
1階に入る予定の「コープとうきょう」が設計図を見てあまりの使い勝手の悪さに抗議したので、柱の太さを10pほど絞ったとも聞いたことがあります…。

画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
西口工事そのものを知らない人が、まだ市内にいることを市や工事関係者の方々はご存じでしょうか?
「カクリボールが壊されてるけど、何が建つの?」やら「どこかに大きなビルが建つらしいね」やら、いまだに日常の会話の中に出て来ます。
市は市報でお知らせしていますといいますが、その市報を読んでいるであろう年齢の方々の中から普通にこんな会話が出てきます。
「生協が入るんだって」「でも、ヨーカドーもあるし、いなげやもできたから生協には行かないでしょ」普通の市民の会話です。
きっと、ニョキニョキと目の前に立ちはだかる巨大な建物を見たとき、電波障害を始めとする色々な傷害が出たとき、初めて「いらないじゃない、そんなビル」と思う人は多いと思います。
ジュジュ
2007/07/24 12:47
何が建つのかわからない、必要のない物が入る巨大な訳のわからない…そんな建物のために近隣住民の人たちは困っている事がたくさんあるんですよね。

私の主人もゼネコン勤務でビルの建設に携わっています。
今回のような大がかりな工事に携わることもありますが、やはり近隣のみなさんと円滑に良い関係を取れるようにと、とても神経を使っています。そして現場内の人たちがスムーズに仕事ができるように現場外の方達も色々と手を尽くしています。いくら現場内の人たちが近隣の方達と良い関係を保とうとしても現場外の人たちがその関係を壊すようなことをしていたら良い建物は建たないと思います。
現実を見れば工事は進んでいます、進んでいるのなら良い建物が建つように現場内外の方達は努力すべきだと思います。近隣の方達の意見に耳を傾ける事も良い建物が建つ材料の一つだと思います。
ジュジュ
2007/07/24 12:48
「高所平気症」
子どもたちの高所からの転落事故が増加していると報道されています。高層ビルに住んでいる子どもたちに高低感覚が養われないことが原因とされています。この感覚は2〜4歳くらいの時に身につくようです。高いところに住んでいる子どもたちには幼児期にできるだけぶらんこやすべりだいなどで遊ばせ、社会生活をするのに必要な高低感覚を身につける必要があるとのこと。
残念ながらこのビルの周りには子どもたちが遊べる公園のようなスペースは全くありませんよね。心配です。

(ご参考)

http://www.chinmi1963.com/archives/50596705.html
http://d.hatena.ne.jp/thayama/20070712
ksofuto
2007/07/24 13:42
ジュジュさん こんばんは。
お返事が遅くなってすみません。

一昨年、「多くの市民は知らない。」と言った私に対して「そんなことはない。サイレントマジョリティ(声なき声)はみんな賛成しているんだ。」と胸を張ったのは前の市長でした。
直後に、反対署名活動ではなく、「賛成・反対その前に、ど〜なってるの?西口再開発」という市民フォーラムを議会傍聴にいらしていた方たちと細々と立ち上げ、ニュースを作って知らせたりしてきました。
その後、「工事開始の説明会まで説明会はやらない!」と繰り返していた市に、渋々ながら3回の事業説明会(のべ600名参加)を開催させたのが1年半前。

しかし、それでもジュジュさんのおっしゃる状況だということ、ですよね。
重いです。(続きます)
佐藤まさたか
2007/07/29 02:06
確かに工事は進んでいます。
しかし、良い建物になるかどうかは、もう答が出てしまっています。
市民の声、近隣の声は聞いたふりだけで、実際には動かしようがありません。

残念ながら、50年後の子どもたちに、「さすが東村山!時代を読んだすばらしい建物をつくったんだね」と言わしめることは難しいといわざるを得ない代物です。

それでも、今からできることを考えることは大事ですよね。
今のところ私は、税金10億円で買取りを決めてしまった「ビル内公益施設」の見直しと、不透明な入札、契約が続いた業者問題に重きを置いて取り組んでいるところです。
お気づきの点など、またぜひお知らせください。
佐藤まさたか
2007/07/29 02:13
Ksofutoさん お暑うございます。
お返事遅くなりすみません。

数年前だったと思いますが、超高層階で暮らす子ども達の育ちについて、様々な懸念を示す調査結果がマスコミをにぎわしたことがありますよね。
26階どころか、40階、50階…という時代。
※ウィキペディアでは…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

住んだことがないからわかりませんが、天空の城、という感じでしょうね。

ところで、西口再開発事業全体が、少なくともさらに3か月遅れることがわかっています。
当初予定から丸2年遅れたのは、権利者間の調整が主な原因でしたが、今回は着工の遅れという話。
確かに、3月6日に地鎮祭をしてから市長選・市議選が終わった4月22日過ぎまで、なぜか全く動きなしでした。
現在、認可変更手続きで東京都と協議中、と所管。
工期の遅れが原因で追加費用が発生することがないのかどうかも、確認したいと思っています。
佐藤まさたか
2007/07/29 13:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西口再開発を追う 2007.7.21. なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる