なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 変化への期待

<<   作成日時 : 2007/06/10 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

一昨日(金曜日)の一般質問。25名のトップバッターとして臨みました。
まず、渡部新市長が自ら掲げたマニフェストをどう実現していこうとするのか、基本姿勢について。
はじめに市長が自分の言葉で大枠を答え、その後に所管部長が応える、というやり方は、スタンダードのはずですが、細渕市政では全く見られなかったこと。一歩前進、でしょう。
総じて、情報公開を徹底して、市民とともにつくるその経過を大切にしていく、というトーンであったことは前向きにとらえたいと思います。
所管が「検討中」と繰り返してばかりの「住民参加型市場公募地方債(ミニ公募債)」導入についても、市長は「市民との協働という視点で実現を目指したい」と踏み込んだ見解を示しました。
一方で各部長の答弁は抽象的な言い回しが多く、市長マニフェストに総論賛成で各論はこれから、というところのようです。市長が本腰を入れて役所改革や議会改革に手をつけようとすれば、むしろ抵抗勢力は市長の身内にこそあるのではないかと感じます。

そして後半は西口再開発問題について。
細渕市政の継承を打ち出している渡部市長ですから、新たな見解を示すことはないとわかっていましたが、改めて、不可思議な結果が続く入札・契約問題や、工事に伴う安全問題などについて質しました。
「法令に基づき適正に進められてきたと認識している」と想定内の答弁でしたが、どうみても不自然な入札結果が、担当部長が言うように本当に「積算による結果である」のかどうか…。

また工事について新しいことがいくつかわかりました。
・超大型車両が武蔵大和駅からのバス通りを使用するはずだったが、巨大な部品は解体し小分けにして鷹の道から運び込むことで対応できており、これからもバス通りは極力使わずに進めるつもりである。
・地下駐輪場やビルにおいて、追加費用が必要な状況は発生していない。
・野口町1丁目自治会を通じて工事協定を締結した。※いつ、どんな内容なのか、時間が足らなくて確認できませんでしたが、昨日近隣の方に伺ったところ「全く知らない」とのこと。明日再度確認するつもりです。

渡部市長とは、思想信条や政策の優先順位に対する考え方は相当違います。
しかし、正面から議論ができる市長が誕生したことは歓迎したいと思っていますし、この困難期に市長として舵取りを担うことに対しては、同世代として敬意を持って向き合いたいと思っています。
ぜひ、いわゆる「役所の論理」に負けずに、今までなかなか手がつかなかった部門にも果敢に挑戦してほしいものです。
そして、風通しが悪いゆえにはびこっている東村山特有のカビやばい菌を一掃するために私も体を張って頑張りたいと改めて思っているところです。

カビやばい菌?それについてはまた改めて…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
 はじめまして、隣の清瀬住民のものですが、ブログを拝見してこんなにもしっかりしている方がいるのに東村山の不透明さを初めて知り愕然としました。
 ちなみに清瀬市はバブル後に駅前再開発をし、かなりの借金を背負ったと思います。それでも100メートルビルなんてものは作りませんが。開発するにしても必要最低限にしたらどうなんでしょうか?
 東村山議会では清瀬の例は調査したんですか? またそれを見て検討もしたのか気になりますが。  
透明改革!
2007/06/11 11:41
いつもご苦労さまです。2期目の佐藤議員、さらに頼もしくなったように思います。

東村山は、前市長と前々市長が、どちらかといえば「役所まかせ」の市長だったと聞いています。役所にとってはうるさいこと言われない「おかませ市長」の方が楽。長くつづいたこのような体質を変えていくには市長と議会が一体となって改革にあたらなくては厳しいでしょう。
変化への期待
2007/06/11 12:39
つづきです
さらに、市民の意識も改革しなければならない。役所を「お上」と位置づけ従うだけだったり、「召使い」と位置づけこき使おうと考えたり。実はこれはどちらも根っこは同じ。「市民ではない側の存在」の表裏にすぎません。そろそろ、新しい関係をつくっていく時期ではないでしょうか。

減点主義から成果主義へ。やる気のある職員、結果を出した職員を市民に知らせ、市民がしっかり応援していく。職員は市民を信じ市民参加をすすめていく。お互いを信頼しあう関係、その成功体験をいかにしてつくっていくか・・・。「川端会議」の記事にもあったような取り組みを少しずつでも広げていってほしいと願います。
変化への期待
2007/06/11 12:40
透明改革!さんの投稿を、市長が読んでいらっしゃると良いのですが!東村山市は「ベットタウン」、「自然が残っている市」。市長をはじめ市民は「どんな町にしたいのでしょうか?
てつ
URL
2007/06/11 13:01
>市長が本腰を入れて役所改革や議会改革に手をつけようとすれば、むしろ抵抗勢力は市長の身内にこそあるのではないかと感じます。

市長の身内 = 土建したいしたい病(イタイイタイ病とは関係ありません)にかかっている方々でしょうが、大規模土建事業は久米川駅駐輪場を含め、すべて見直していただきたいものです。
西口再開発問題で自民公明政権と対峙することも大切ですが、夕張問題や地球温暖化問題などを勘案した場合、与党議員である自公議員にも賛成していただける市民のためになる政策提案を全野党市議にお願いしたいと考えます。

私も今日、4つの請願書を持って市役所を訪れました。よろしければ東村山4丁目のブログをご覧くださいますようお願い申し上げます。
東村山4丁目
URL
2007/06/11 19:40
連日お疲れ様です。いろいろとお忙しいと思います。今後も精一杯応援します。頑張りましょう!!
路字山 吟
2007/06/11 20:39
「変化への期待さん」>減点主義から成果主義へ。やる気のある職員、結果を出した職員を市民に知らせ、市民がしっかり応援していく。職員は市民を信じ市民参加をすすめていく。お互いを信頼しあう関係、その成功体験をいかにしてつくっていくか・・・。

賛成です! ひとつは、悪口は無しとして、やる気のある職員や親切な員は、「実名でほめる、称える」。いかがdすか?

てつ
URL
2007/06/11 21:24
>やる気のある職員、結果を出した職員を市民に知らせ、市民がしっかり応援していく。職員は市民を信じ市民参加をすすめていく。お互いを信頼しあう関係、その成功体験をいかにしてつくっていくか・・・。賛成です!

私はてつさんという方のお考えには100%反対ですね。
こんなことになるだろうと考え東村山4丁目のブログに記してきました。

人間には左足もあれば右足もあります。両足で立っているのです。
右脳もあれば左脳もあります。
競争したいという気持ちもあれば、いや、競争より協力だと考える気持ちもあるのです。

東村山4丁目のブログをご覧くださいます様、お願いいたします。そして、みなさん反論を投稿してください。お願いいたします。


東村山4丁目
URL
2007/06/11 21:54
変化への期待さん・てつさんへ。
私は お二人に賛同します。
私の経験ですが、他人との付き合い始め時は、相手の良い点を認め、互いに良好な関係を築いた後で、耳痛い話をすると、スムーズに通じた事が多いですね。
  
市役所は「支配権力」になりやすいのですか?
就職先を市役所に選んだ職員の方々の「志願動機」が知りたいですね。
「公務員は安定してる為」が一番の理由としても、その他の理想も持って、入所式に望んだでしょう。
初心を思い出しましょうよ。
それとも私が、職員を理想化しているだけですか?
たまこ
2007/06/12 22:46
透明革命さん お返事遅くなってすみません。
清瀬からありがとうございます。

議会の質疑で、近隣他市との比較がよく出るのですが、4年前に議員になった頃は特に「…でもまだうちはビリではないので」という主旨の答弁を耳にしました。より財政力指数などが厳しい清瀬市を念頭においているとわかることもありました。
しかし現実は、この12年で清瀬市に逆に水を開けられたと感じる場面が多いです。
星野市長と東村山の細渕前市長って、12年前に同時に市長になっておられますよね。
市長自身の差なのか、ブレーンの差なのか…はたまた私自身の好みの問題なのかわかりませんが、緑保全、市民参加、乳幼児医療費助成…実績を見れば残念ながら…という感じです。

西口再開発の都市計画決定(15年3月)における杜撰さ、市民無視は、最も細渕市政の基本姿勢を示していたと考えています。
それをチェックできなかった議会にも責任はもちろんあります。

東村山も新市政に変わりました。
問題は問題としてきちっと議論していきますが、立ち遅れをみんなで取り戻さなくてはならないとも思っています。
佐藤まさたか
2007/06/14 12:26
てつさん お返事遅くなってすみません。

議会日程も大半が終わり、あとは最終日を残すのみです。
今日も生活文教委員会に市長が出席していましたが、ここまでのやり取りを聞かれた方の中には「これから」に期待しようという方が多いと思います。かくいう私自身もそうです。

あえて問題は、と申し上げますが、問題は職員だと思います。それも大多数ではなく、あちこち部分的に。
市長が変わったこと、市民の意識が変わっていることをどれだけリアルに感じているのか、アンテナをしっかり張って市民のために仕事をしようとしているのか。

答弁に立った部長の中にも、だいぶ温度差を感じています。
はっきりいって不遜で不快な感じを与える答弁者もありました。

私自身も緊張感をしっかり持ちながら、でも建設的な姿勢で臨んでいきたいと思っています。

またご意見ください。
佐藤まさたか
2007/06/14 12:34
路字山 吟さん お忙しい中、傍聴ありがとうございました。

ご都合ついたときに、ふらっとのぞきに行ってみようと思っていただけるよう、緊張感のある議論が続く議会でありたいと思っています。
同時に、最低限の品格に欠けるような議員もいますので、ロビーでの生中継、市長公約でもあるインターネット配信を一日も早く実現して、誰でもが気軽にチェックできる議会にしなくちゃなりません。

またぜひいらしてください。
&忌憚のないご意見&ブログでの発信にご期待申し上げます。
佐藤まさたか
2007/06/14 12:38
東村山4丁目さん こんにちは。

貴ブログでコムスン問題読ませていただきました。
国もマスコミもまた、いつものパターンですね。

コムスン自体の問題はもちろんですが、今の展開は厚生労働省にとっては思うつぼ。
本来ならば年金問題とダブルパンチで進退窮まるところなのに、なんとなくグッドウィル会長のあのキャラもあって、コムスン叩きに血道を上げるマスコミに助けられている感じがしますし…。

昨晩の報道ステーションで訪問介護の現場を取り上げていましたね。
正確で冷静な情報発信、大事だと思いました。
佐藤まさたか
2007/06/14 13:27
たまこさん いつもありがとうございます。

昨日午前中、新人職員が研修の一環ということで傍聴に来ていました。
今年度採用が31名だそうで、男性が14名、女性は17名。
今までの役所の発想に立てば「逆風」だらけでしょうが、逆風だと思い続ける先輩もいるし、ブラッシュアップを繰り返して頑張る先輩もいるはずです。
市民の思いに向き合える感覚をしっかり磨いて、時代に相応しい市役所に変えていく力となってほしいと切に思います。
「初心」忘れないでほしいですよね。
佐藤まさたか
2007/06/14 13:53
 お忙しい中返答ありがとうございます。確かに清瀬市は数年前に財政危機宣言をして以来、財政チェックがかなり厳しくなり、また無駄な歳出はしないようにしていると思います。その為ここ数年で財政が改善されたと思います。結局市長が危機感をもってあたったので良かったのかと思います。市民としては柳瀬川回廊などが出来たように自然を大事にしている市政は好ましいと思います。
 ただやはり要望もまだまだあります。若者支援対策、介護問題、教育問題などなど。定率減税廃止の影響で厳しいですね市民生活は。市民としては今の時代なので借金をせずにコツコツと市政を行って欲しいです。清瀬も高齢者率24パーセントというのを議会でも言ってましたし、決して税収が多くあるわけでもありませんし。
 
透明革命! 
2007/06/14 21:50
 続き 

星野市長は4期目も出馬し当選しましたが、(4期目出馬は今4期は禁止しようみたいな機運がありますよね。なので抵抗はありましたが)市政を少数精鋭であたるといっており、財政の厳しさを知っているので暴走はしないと思うので安心ですが、市民が目を光らせるのはとても大事だと思います。
 トップがしっかりしているというのは大事ですよね。東村山市政も新しくなったということで、良くなっていって欲しいです。先日東村山市役所ホームページを見ましたが確かに市長のページが工事中のままでした。今は知りませんが。。
 お忙しいと思うので、レスはお時間があるときでいいですよ〜ではでは〜
透明革命! 
2007/06/14 21:53
透明革命さん またお返事遅くなってしまいました。すみません。

柳瀬川、特に金山緑地公園周辺の整備を見ると、清瀬市の姿勢のようなものを感じます。
もちろん崖線沿いに残る緑や清流を持つ清瀬とは地勢の違いがありますので一概には言えませんが、誇りを持って里山風景を残そうとしているように感じます。
東村山でもちょうど話題になっている上流の「淵の森」や、北川、空堀川、前川といった河川があり、市民と行政による活動が展開されていますが、どこか、何かが違う気がするのです。

でも、新しい市長は、前任者と違って自分の言葉で伝えようとする姿勢を6月議会でも鮮明に出していますし、前市長が財政難を理由に断った「淵の森」向かいの民有地買取も決断しました。
市ホームページもスタートしたようですし、ブログによる発信も可能な範囲で続けるようです。

変化を期待しつつ、私もしっかりやっていきたいと思っています。
佐藤まさたか
2007/06/19 23:06
透明革命!さまの在住地にからむお話。
「清瀬市が約4年間滞納していた人に強制執行実施・差し押さえたバイクを公売にかける予定」の報道を見ました。(毎日新聞・6月18日朝)
納付した市税が適切に使われている自治体なら、この滞納者は悪質と言えます。
ですが、東村山市の使い方には、納得しがたい箇所が多々あり、私は怒りの抗議行動として市税支払い拒否したくてなりません。
でも、結局「悪質滞納者」と一緒にされて強制執行されるのも不快なので、嫌々支払ってます。
たまこ
2007/06/21 11:48
 (つづきです)
東村山の行政側の人たち(一部でしょうが)は、社保庁と似てる様に見えます。(グリーンピアと西口ビル…とか)
私がようやく払っている血税も、行政の使い方次第で「これだけやってくれてるんだから、対価を払おう」と納得出来るのに…
行政は、市民の暮らしやすさ向上への想像力が相当欠けている気がしてなりません。

>風通しが悪いゆえにはびこっている東村山特有のカビやばい菌…

カビやばい菌に各種栄養が吸い取られ、市民に回ってこないのかな?

>カビやばい菌?それについてはまた改めて…。

↑のブログアップ、首を伸ばしてお待ちしております m(__)m

たまこ
2007/06/21 11:50
たまこさん こんばんは。いつもありがとうございます。

>行政は、市民の暮らしやすさ向上への想像力が相当欠けている気がしてなりません。
現場で汗をかかないタイプが出世の階段を昇っているように思えてなりません。
逆もまたしかり、です。
市民の立場に立ち切ってしまう人は、悩み、苦しみ、心身を壊していく。そんな事例がいくつもあるように見えます。
うちの役所に限らないことでしょうけれど、自ら気づいた自治体は懸命に変身を遂げようとしていますよね。

一つ一つの政策の是非も大事ですが、土台になる風土を変えないことには元は断てない。そう思います。

カビやバイ菌の根は深く、しかも見えづらいものです。
どこから手をつけることが根絶につなげられるのか…。
よく考えて臨みたいと思っています。
佐藤まさたか
2007/06/21 22:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
変化への期待 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる