なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 百聞は一見にしかず。ぜひ傍聴へ。

<<   作成日時 : 2007/06/07 23:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 19

間もなく零時。心地よい夜風が吹いています。北山公園の方から蛙の合唱が聞こえてきます。こんなとき、静かでのどかでいいところだな…と改めて思います。
明日10時、4年間最初の一般質問に立ちます。
市長も私たち議員も、選ばれた以上は全市民の幸せのために最善を尽くす義務を負っています。
トップバッターとして、緊張感のある、それでいて爽やかな空気でスタートしたいと思っています。
私の次とその次の方々は、私と薄井さんへの攻撃に明け暮れるはずです。恐らくそれで午前中が終わり。
新人・薄井さんが午後からではないかと思われます。
それぞれの議員が、何を願って、何を目的に質問に立つのか…。そんな視点で一人でも多くの議員を監視しにいらしていただきたいと思います。
4年間ニュースに書き続けてきましたが、まさしく「百聞は一見にしかず」です。

ところで、前回書いた西口工事の周辺道路問題ですが、旧保健所(コンビニ)前の信号の誘導員は、基本的に2人体制に変更したようです。ただ、お昼前後は休憩のためか一人だけ。
そんなにケチらないといけない事情があるのでしょうか?
万全には程遠い状況だと思います。

明日と来週月・火曜日が一般質問で、水・木曜日は常任委員会となります。
明日の一般質問でも周辺への安全対策を含む西口問題を扱いますが、来週後半以降、もう少し長い時間、周辺の確認を続けたいと思っています。

なお、ダンプの運転席外につけてある目印は、黄色の旗がビル工事(東亜建設工業関連)、青色が地下駐輪場(西武建設関連)です。
今日もドライバーによっては荒い運転が見られました。

工事現場はご覧のような状況です。
ビル工事(1枚目・2枚目)は、一段と深く掘り下げが進んでいます。
地下駐輪場(3枚目)も、掘削が進んでいることがわかると思います。
画像


画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
佐藤さん・ベトナムさん・抹茶さん

私は、私は建築業界のことは、分からないのですが、前々から「談合」が悪なのか、疑問を持っていました。「少ない仕事を分け合う談合」と、「大手企業が支配し自分の企業の利益のみを考えている談合」があるのかもしれませんね。「少ない仕事を分け合う談合」がなされていれば、「談合」はなくなら無くならないような気がします。
---------
『風土工学研究』2007年4月号に掲載された竹林征三教授の論文「談合と競争を考える」

談合と競争についてマスコミは誤っている。競争とは「とことん争い勝ち負けを決めるて、勝者が物を獲得すること」(竹林教授)こと。この反対の概念は「争わずに譲り合って誰かが物を得る」こと。「競争の反対の概念は『譲り合い』であります」(竹林教授)。  (続く)
てつ
URL
2007/06/08 11:56
竹林教授は述べている。
《談合とは本当に悪なのだろうか。談合は農家の保護政策と同様ではないだろうか。地域の土木事業は地域の保護政策ではないだろうか。事業者の共倒れを防止するための必要な調整システムではないだろうか。》

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C03408.HTML の下記ご参照ください。
2007.6.5(その2)
森田実の言わねばならぬ[290]平和・自立・調和の日本をつくるために【200】
竹林征三教授(富士常葉大学環境防災学部・附属風土工学研究所長)の「談合と競争を考える」を読む――「談合そのものは善であり、専横が悪なのではないでしょうか。談合行為によってある者が不当に私腹を肥やすことが悪なのではないではないでしょうか」(竹林教授、『風土工学研究』第35号、No.9-1、2007.4)

ただし、不正は暴かれるべきでしょう !
----------------------------------------- (続く)
てつ
URL
2007/06/08 12:05
>それぞれの議員が、何を願って、何を目的に質問に立つのか…。そんな視点で一人でも多くの議員を監視しにいらしていただきたいと思います。
傍聴された方、ぜひご報告ください。(行けなくてゴメン)

>私の次とその次の方々は、私と薄井さんへの攻撃に明け暮れるはずです。恐らくそれで午前中が終わり。
事実は、実名を書いてください。

毎日、ブログでの報告ありがとうございます。




てつ
URL
2007/06/08 12:06
呼ばれてジャジャジャジャ〜ン
・・・ってふざけている話題では無いですね(汗)

談合が善か悪かってのは非常に難しいと思います。
工業製品と違い建築は一品生産品であることから、見積ひとつ取っても相当んな作業量が必要になります。また建設行為自体も以前よりは機械化が進んだとは言え、基本的には人的労働力の集合体です。

「作業量の適正配分」と言う側面からの談合は、このような背景から手を替え、品を替えても今後も無くなる事は無いのではとも思います。

施工者サイドから見れば、受注できるかどうか可能性にかけての積算・見積作業は経費的にも非常に大変な事であるとも言えます。
抹茶
2007/06/08 15:36
ただしこの「作業量の適正配分」は結局「調整役」を生む事となり、結局その「調整役」への過剰な報酬、また適正以上の工事価格などへと繋がり、「悪」としての談合となってしまっているのが、一般的な認識なのかなと考えます。

「談合」そのものが悪いのでは無く、「談合により発生する余計なコスト」こそが悪いのではないでしょうか。ただ結局卵が先か鶏が先かみたいな堂々めぐりに陥りそうな命題ではありますが・・・
抹茶
2007/06/08 15:48
ふ〜む・・・ですね。

コンビニ前信号の誘導員を増やすこと = 警備会社にとっては「願ったり、かなったり」なんですね。

難しい問題です。
東村山4丁目
URL
2007/06/08 20:13
 昨日の一般質問の傍聴は、仕事の都合で午後2時20分から4時35分までの間しか聞けませんでした。この間は熊木議員、島崎議員、山川議員の3名の質問でした。廊下で会った知人の議員は「傍聴席に一名でもいれば緊張します」とのこと。今後、なるべく多く議会に足を運びたいと思っています。

 6月10日(日)の午後1時30分から萩山民設公園のワークショップがあります。こちらも参加するつもりです。
長屋の玄さん
URL
2007/06/09 00:41
てつさん こんにちは。お元気ですか?

談合の問題、そして公共事業における入札・契約の問題、入りこめば入りこむほど答が見えなくなってくるのを感じています。

入札改革ということで言えば有名なところでは横須賀市でしょうし、田中長野県政も随分話題となりましたよね。
徹底して一般競争入札化したら、落札価格が下がりすぎて地元業者が参加できなくなり、果ては入札参加業者が不足する事態を招いた、と伝えられました。
この問題は必ず「地元業者の育成」という論理とぶつかることになります。

「適正価格」とは何か、という問題は、この西口再開発だけを見ても、何が本当なのかわからない、というか、わからないような仕組みになっている、ということを痛感します。

>談合による専横が問題
実際はそうなのかもしれません。そして実際にそういうことが手を変え品を変え、西口や本町都営跡地プロジェクトでも起きているように私には見えます。
(続く)
佐藤まさたか
2007/06/09 14:27
入札ってなんなんだろう?と改めて考えていることを一つ書きます。

西口再開発の解体除却工事は、参加した10社のうち最低価格を入れた市外業者とその次の市外業者が「最低価格を下回った」とう理由で失格とされ、三番目に安い札を入れた市内業者・増田コーポレーションに決まったということを昨年秋お伝えしました。福田議員が監査請求を起こされた件です。
そしてこの市内業者に決まったことを市の職員は「解体業者ではなく建設業者になったので安心だ、と組合から聞いている」と当時私に言ったのでした。
ところが実際の作業に当たったのは「解体業者」エコワスでした。

ただ、入開札の結果にも、前述の中味にも異論がありますが、とにかく指名競争入札を経た、という形はとられていました。
(もう少し続けます)
佐藤まさたか
2007/06/09 15:18
ところが、単体受注で東亜建設工業が総額55億2,300万円で落としたビル工事に、仮設工事を担当する下請企業としてこの2社が入っています。
もちろん下請けですから選定は東亜が行い、「無競争」です。
この2社だけが云々ということでなく、システムとしてどうなのか?と率直な疑問を感じ、調べています。

なお、西武・扶桑JVが受注した市発注の地下駐輪場築造工事(昨年9月8日記事)で、全く同額を入れてくじ引きで敗れたのは、東亜・増田JVでした。

同じ顔ぶれであっちもこっちも受けているのは、本当に競争の上での結果、なのでしょうか…。

>事実は、実名を書いてください。
そうですね、そうします。
昨日の議会での様子も尋常ではありませんでした。
佐藤まさたか
2007/06/09 15:18
抹茶さん お久しぶりです。飛び出てくださってありがとうございます。
もしかしてハクション大魔王世代ですか(笑)
大魔王といなかっぺ大将は、私の中で燦然と輝く2大マンガなもので…。
すみません、余計な話でした…。

最近、総合評価方式とか、さらに進めて政策的入札とか、いろいろ言われていますが、いったいどういう方向に進むことが望ましいのでしょう…?
確かに価格競争だけを突き詰めていったら、調達コストから何から圧倒的なスケールメリットを持つ大手だけが生き残ることになりますよね。
(続く)
佐藤まさたか
2007/06/09 15:35
先日、市内で電気設備会社を長年営んでいる社長さんと話す機会がありました。
競争入札の中で、どんどんコストを削ってきたけれど、限界だと言ってました。街灯一つ替える単価も、どんどん下がっていて、出動するたびに赤字を増やしている状況のようです。
でも、土曜日だろうと朝早くだろうと、学校の設備や電球切れの連絡が来れば、担当している会社は部品代だけで飛んでいくのだそうです。
自分も自分の子どもや孫達もお世話になってきた学校だし、子ども達が困っている顔を思い浮かべると、とにかく現場へ行くのだそうです。

一方で少し規模の大きい仕事は、電線調達コストなどで大手と勝負することができなくて、取りに行っても殆ど無理だ、とこぼしておられました。

結論のある話ではないのですが…。
佐藤まさたか
2007/06/09 15:36
東村山4丁目さん こんにちは。

おっしゃっていること、少しわかる気がします。

目の前でできる手当てはすぐにしなくてはならない、と思っています。
しかし本質的な解決に結びつくかどうか…それは別の問題ですよね。

「安全」の専門家として、教えていただけること、ありませんか?
佐藤まさたか
2007/06/09 15:43
長屋の玄さん 書き込みありがとうございます。

傍聴、お疲れ様でした。
昨日は沈静化された頃をご覧いただいたようで(苦笑)、ぜひまた違う並びのときにもいらしてください。

明日のワークショップ、誰でも参加が可能なのでしょうか?
佐藤まさたか
2007/06/09 15:45
 一応、6月6日までに申し込むことになっています。
 下記に問い合わせてください。

 (申し込み先)
  ユーエスアイエンジニアリング梶@鈴木さん
  :03(3279)5858

 第1回 6月6日(日)13:30テニスコート跡地に集合
     14:30〜16:00萩山小
「内容」ワークショップの概要説明
       現場確認と意見交換

 第2回 6月28日(木) 19:00〜21:00 萩山公民館
   「内容」基本プランの検討
      
 第3回 7月19日(木) 19:00〜21:00 萩山公民館
   「内容」具体プランの検討

 第4回 7月27日(金) 18:30〜20:30 萩山小ランチルーム
   「内容」最終案の決定
長屋の玄さん
2007/06/09 20:07
抹茶さん・佐藤さん  お忙しいところ、ありがとうございます。

抹茶さん>ただしこの「作業量の適正配分」は結局「調整役」を生む事となり、結局その「調整役」への過剰な報酬、また適正以上の工事価格などへと繋がり、「悪」としての談合となってしまっているのが、一般的な認識なのかなと考えます。

佐藤さん>適正価格

市当局は、適正価格を把握していなければいけませんね。把握しているのでしょうか?
大手が落札する。下請けに工事をまかせる。また下請けに出す。という構図では、最後に実際に工事を受け持ち企業は手抜きをする。

あの狭いところに立てる100mビルは大丈夫でしょうか? 安全設計か適正価格か、ダブルチェックをしているのでしょうか?消防署は安全にOKなのでしょうか?

ところで、
地元の確かな技術をもっている適切な企業を優先する。
その企業が、「談合」をマネージメントする。
こうした仕組みならば、手抜きもなくなり、市内の企業も潤う。
こんなしくみができればいいのではないでしょうか?
(素人考えで恐縮です。)

てつ
URL
2007/06/09 22:03
話題は異なりますが、
きのう「渕の森」にいってきました。近日中の私のブログにアップしたいと思います。。
下記にも「渕の森」を。
「俳句・ 4句  トトロの里の八国山には狸が居ってさ」
http://blog.goo.ne.jp/momotaro-1941/e/c26c3a30d124b1a668cd792485020e13
てつ
URL
2007/06/09 22:04
長屋の玄さん こんにちは。

ワークショップ、お知らせいただいたのにすみません。都合つかなくて伺えませんでした。
翌日、地元萩山の加藤議員が参加された様子を議会で取り上げておられました。

民設公園自体、まだ越えなければならないハードルは残っていると承知していますが、今までの市のやり方と比べれば、かなり丁寧に時間をかけて進めてきたととらえています。
公園のデザインも、ワークショップ形式までこぎつけて、話し合いの中でなんとか着地点を探ろうとされていることは前向きにとらえたいと思っています。

また情報、ご意見、お願いします。
佐藤まさたか
2007/06/14 14:01
てつさん いつもありがとうございます。

適正価格かどうか…。
人工地盤(ペデストリアンデッキ)の入札結果が極めて不自然だと指摘した件で、今回も都市整備部長は「各社が積算した結果だ」という答弁でした。
だけど、いくらなんでもそりゃウソでしょ、という内容ですよね(今年1月6日の記事に記した件です)

100mビルの工事価格だって、私はおかしいと考えています。
もともと資金計画上、55億円以下しか組合は用意できなかったはずなのです。
それなのに組合が提示した予定価格は65億3,940万円でした。
東亜の落札価格は55億2,300万円で、一見落札率が低そうですが、資金計画と比べれば100%を超えているくらいの金額です。
疑問、疑念は全く払拭されていません。

消防署その他の関係所管のチェックはもちろん終わっています。
けれど、超高層ビルが大地震に伴う火災に無防備であることが最近特に問題になっていることも確かです。
役所はどこも前例主義ですから、どこかで実際に事故がおきないうちは規制に乗り出したりしないのかもしれませんね。
佐藤まさたか
2007/06/14 14:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
百聞は一見にしかず。ぜひ傍聴へ。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる