なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月議会初日終了。

<<   作成日時 : 2007/06/02 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「旧保健所買入れ」…賛成15(自民党自治クラブ/公明/民主・生活者ネット)/反対10(共産・草の根・地元のチカラ・希望の空)
「久米川駅北口駐輪場工事随意委託契約」…賛成14(生活者ネット・大塚議員は反対)/反対11
いずれの議案も各会派から多くの質疑があり、討論(意見)の上、賛成多数で可決となりました。
私自身は、旧保健所の買入れについては答弁を聞いてから賛否を決めようと臨みました。
市は「保健福祉サービスの拠点」「相談窓口の一元化」「保健福祉医療の分野として使うなら7割減額で買い取れる」等々を4億2千万円余での買入れの根拠としました。
しかし、実際には近所にある社会福祉協議会(社協)の事務所が1階に入り、2階には子育て関連施設を入れるといいます。先日書いたような行き当たりばったりと言わざるを得ない経過も質疑の中で改めてはっきりしました。
確かに「お得は話」なのかもしれませんが、老朽化している児童クラブや障害者自立支援法への対応等、保健福祉分野だけでも他に緊急度の高いいくつもの施策が実現への道筋さえ見えないまま止まっている状況です。
しかも3月議会では5年分割で支払うと言っていたものが、都と交渉してみたら一括支払いにしなくてはならなくなったので総額を19年度だけで支払うことにしたい、という話です。
聞けば聞くほど、社協事務所の移転ありきであり、大学との協働をうたう白梅学園大学との連携の話にも市の主体性が感じられず、市民にとってのプラスはいったい何か?と重ねて問いました。
しかし答弁を聞いても、計画性や他の施設との整合性への疑問が深まり、財政難の中で今どうしても必要なものではないのではないかと考えました。
渡部市長からは、市民にとって使い勝手が悪くなるようなことにはしない、という答弁もありましたが、十分に整理・精査されずに提案されている判断し、反対としました。

久米川駅北口地下駐輪場の工事業務を〈財〉東京都新都市建設公社に委託する件は、やはり8億円以上で「丸投げ」という話でした。
市は答弁で「もし市が自前で進めるとなると、正規職員を何人も雇用しなくてはならない」「東京都と市町村が出資して設立された法人で信頼できる」「都知事のチェックが行われている団体」等々と述べていましたが、本当でしょうか?
言うまでもなく、行政が交わす契約は競争入札によることが原則です。しかし長い間多くの自治体で、例外であるべき指名競争入札や随意契約が幅を利かせてきました。
市は久米川駅北口整備事業について、同公社と平成10年度から一貫して特命随意契約を交わし、用地買収交渉をはじめ9年間で2億3千万円余の各種業務を同公社に随意委託してきたことが質疑をしてみてわかりました。
百歩譲って、用地交渉などは地権者との信頼関係も大事なので、コロコロ変えたくないという話もわかりますが、地下駐輪場の築造業務まで丸投げするのはやはりおかしいと思います。
現に、東村山駅西口の地下駐輪場については、市の管財課が直接担って進めているのです。どうしてそこでやれないのでしょう?

なにか不正があるというような話ではありませんが、なにより透明性を担保するという点と金額の大きさ、そして同公社が都の有力な天下り先であるということからも、この特命随意契約には問題があると判断し、反対としました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6月議会初日終了。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる