なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 久米川駅北口地下駐輪場について

<<   作成日時 : 2007/05/29 17:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月1日の6月議会初日に、 「久米川駅北口整備事業に伴う地下自転車駐車場整備工事に関する業務委託」という議案がかかります。
久米川駅北口で進む区画整理事業にあわせて、駅前広場の地下に1,500台規模の駐輪場を造る計画を市は進めているのですが、この工事業務全体を「財団法人 新都市建設公社に8億2,323万1,000円で委託したいので議決してください」ということです。
ここで問題となってくるのは、この地下駐輪場自体の是非と言いたいところなのですが、西口再開発同様、すでに市は都市計画審議会で決定し、昨年4月12日に東京都から事業認可を得ています。この間、議会は年度ごとの予算審議の中で扱ってはきましたが、ルール上、計画の中味について単独で是非を判断する機会を一度も持てずにきました。
駅周辺の駐輪場整備は自治体にとっての必須課題ですので、必要な台数分をできるだけ合理的な手法で確保していくことは不可欠だと考えています。
けれども、今回も西口同様、この方法しかなかったのかどうかの検証が全く不十分であること。そして今回の議案そのものである、契約総額8億円を超える地下駐輪場整備全体を特命随意契約によって行うことに必然性、合理性がないことを理由に、反対を表明するつもりです。
以下、先ほど提出した質問通告書の内容です。
議案が審査されるのは、6月1日(金)午後となります。
ぜひ傍聴にいらしてください。

1.本事業の経過について

・整備計画全体については10年3月に出された「久米川駅北口調査報告書」では「市街地再開発手法」を念頭におきつつも課題を列挙し、「いかに再開発ビルの規模を抑え、初期投資を少なくし、今後の時代の変化に対応できる施設を作れるかが事業成功の鍵となる」としている。
そして翌年3月の「久米川駅北口整備基本計画作成調査報告書」では、「再開発手法は地元地権者の意向にそぐわない」ため難しいとし、「公共団体施行による土地区画整理事業を考えることとする」と方向が固められ現在に至っているようである。
現在までの整備計画の経過を振り返り、市として土地区画整理事業として進めてきた意義、メリット、デメリット等について説明願いたい。

・平成10年度から財団法人新都市建設公社(以下、新都市)と随意で業務委託契約を結んでいる。前述の土地区画整理事業への転換と機を同じくするが、新都市に当初委託した業務は何か。
また、その後一貫して随意契約としてきているが、年度ごとの業務内容、特命随意契約の具体的理由について説明願いたい。

・駐輪場計画については、前述11年3月「調査報告書」では、現在の駐輪場付近に「平置自走式3層2段ラック」2,000台(自転車1,900台、バイク100台)の建築面積450u延床面積1,350uとしている。
しかし、16年3月に出された「久米川駅北口地下自転車駐車場基本設計委託業務報告書」では、地下式・1,500台が前提とされている。
いつからどのような経過で、現在の計画となってきたのか。現在の計画に決定したのはいつ、どのような理由からなのか。
当市が駅直結の一極集中方式を最善と判断する理由は何か。他の案はどれだけ検討したのか。駅からそう遠くない周辺部にもっと廉価で駐輪場として利用可能な用地は本当にないのか。

2.事業計画、今後の事業の進め方について

・契約金額はどのように算出されたものか。根拠を明らかにしていただきたい。予定される業務内容とそれぞれの予算規模、契約方法についても説明願いたい。

地下駐輪場整備事業まで、新都市に特命随意で業務委託する理由はなにか。
これまでは用地取得業務における「継続性」を大きな理由としての随意契約であり、一定程度理解できるが、地下駐輪場の整備を丸ごと特命随意契約とするにはそれ相応の説明が不可欠と考える。
18年5月15付の協定締結理由には「貴公社が、当該業務の取り組みに向け公社内部における合意形成及び交渉人員を確保するには、事業期間中協定を締結する必要があるため」とされ、18年7月14日付の業務委託契約にあたっては「委託先を替えるとなると再度業務内容を説明し、諸手続等が必要となるため、時間を要することになり事業進捗に悪影響を及ぼすことになります。」とあるが、総事業費8億2,000万円を超える工事業務全般を特命随意契約とする説明とはならないのではないか。
なぜ東村山市が主体となって施工できないのか、あるいはしないのか、説明いただきたい。

新都市は、どのように各業務の業者選定を行うのか。その際、市はどのように関わり、入札・契約についてはどのような方法でチェックするのか。透明性はどう担保されるのか、説明願いたい。

・完成後の維持管理経費、利用料についてはどう考えているのか。

3.その他

・新都市建設公社が都内で現在抱える業務はいくつで、総額はいくらか。

・都市計画審議会の会議録が公文書公開請求でしか入手できない状況はおかしい。議案配布後では確認のしようがなく、改善を図るべきと考えるがいかがか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久米川駅北口地下駐輪場について なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる