なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月議会は1日(金)から

<<   作成日時 : 2007/05/27 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

6月1日(金)から6月定例市議会が始まります。
この日は、新市長による初の所信表明演説が1時間程度あり、その後、4つの議案審査に入ります。
@議案第43号「旧多摩東村山保健所用地等買入れ」
画像

平成16年3月31日をもって小平に統廃合された旧保健所の用地と建物を、所有者である東京都から買入れることに議決を得たい、という議案です。
目的としてはこう書かれています。
「保健福祉分野の総合窓口機能の拠点および子育てを応援する場を提供する施設として整備し、東村山市の保健福祉サービスの向上を図る」
土地3,968.56u、鉄筋コンクリート造2階建の建物2,093.12uとその他工作物、車庫、自転車置場等…しめて4億3,521万2,034円也、です。
旧保健所は廃止された時から活用をめぐって議論がありましたが、どうして何年も放置しているのかについては曖昧な答弁が続いてきました。どうも市が東京都の怒りを買ったようだ、という話も耳にしてきました。それはこんな話です。

保健福祉を目的に補助金を得て1997年に建設した市民センター別館があるのに、また保健福祉を掲げて2002年にいきいきプラザを新設した市は、市民センター別館内にあった母子保健(予防接種等)機能をいきいきプラザに移して、その後に監査委員事務局やら選挙管理委員会やら産業振興課、勤労者サービスセンター等を入れました。
そう、その段階で補助金の目的に外れたということです。
後になってこのことを知った東京都は、この問題を整理して解決させないうちは保健所の買取り話には応じない、としてきた。というのです。
補助金制度のあり方についての議論は別の問題としてあると思いますが、都が怒るのも当たり前と言えば当たり前の話。
最近になって、いずれ壊すと言っていた旧いほうの市民センターに数千万円かけて耐震化&リフォーム工事をしたのもこの問題のせいで、市民センター別館に現在入っている前述のセクションを中心に、間もなくまた引越しが行われ、別館1階は保健福祉機能を復活させるはずです。
この一貫性のない政策のツケを税金と言う形で市民が払わされている問題は、3月の予算委員会でも複数議員が取り上げました。

となると、いきいきプラザ、市民センター別館、そして新たに買い取ると今回提案してきた旧保健所…と、東村山の「保健福祉の拠点」はいったいいくつ要るんだい?本当の拠点はどこなんだい?ということになりかねません。

この旧保健所の目と鼻の先には西口100mビルが建ち、その3階は「健康増進施設」10億200万円也です。
内容的にも財政的にも計画的に進めてきていると言えるのでしょうか?

画像


私は3月議会での西口公益施設買取り議案に断固反対し、6月8日(金)の一般質問でも明確に異を唱え続けますが、この旧保健所についてはどう判断するのか、目下思案中です。
ビルの中におかしなハコモノを造ったりしなければ、この件は前向きにとらえたいと考えてきましたが…どれだけ有効な計画を市は提示できるのでしょうか…。
1階には近所にある社会福祉協議会が移転して来て、2階に地域の子育てを支援する機能等を入れたい意向のようですが、この施設を含む東村山市の保健福祉行政が本当に市民一人ひとりの福祉向上につながっていくのかどうか。
他機関との整合性についても説明責任がきちんと果たされるのかどうか…。
市民の理解を得るためのハードルはかなり高いのではないかと感じています。

その他にも、
A議案第44号「久米川駅北口整備事業に伴う地下自転車駐車場整備工事に関する業務委託」
B平成19年度東京都東村山市一般会計補正予算(第1号)
C東村山市教育委員会委員の選任について同意を求める件

がかかります。

Bは@の購入費用3億5,121万3千円を歳出に計上し、そのために市債3億3,400万円と公共施設整備基金からの繰入金1,721万3千円を新たに歳入に加える、というものです。
Aについては長くなりそうなので改めてまた書きます。


※5月22日の記事は丸ごと削ることとしました。
私が全く関わらない中で、特定の方同士が本文と関係のないコメントの応酬をいつまでも続けられているためですが、ご理解いただいて鎮まるものと考えていただけに、正直申し上げて残念です。
開設以来一度だけ、職員の懲戒処分について書いた私の記事自体に事実誤認と配慮に欠ける表現があったので、その旨をご説明とお詫びをした上で全文削除したことがありますが、今回のような理由で削ることは初めてのことです。
皆さんから寄せていただくコメントについても、皆さんの良識を信じ、またご批判も含めて可能な限り自分の言葉で逃げずにお答えしたいと考え、事前承認方式を取らないで即公開というやり方を続けてきました。
今後もこの形でいきたいと私は思っています。
口角泡を飛ばす論争は大いに結構ですが、つかみ合いの喧嘩は外に出てやってください、というのが店主としての正直な思いです。
どうかご理解いただきたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
>どうかご理解いただきたいと思います。

理解できません。異質な意見は削除という薄井政美市議と佐藤市議は、どこがどう違うのですか?(これも削除かも・・)
東村山4丁目
URL
2007/05/28 00:09
4丁目さん こんばんは。

どうしてそんな言い方をされるのかなぁ…悲しいですよ。
異質な意見だから削除したって本当に思っているのですか?
経過をご覧になっていない方に誤ったメッセージを伝えることになるので、どうか正確にお願いします。
ご希望になるのなら全文復活させてもいいですけど、あなたと他の方との大人気ないやり取りばかりじゃないですか。
ルールだモラルだと力説されている4丁目さんなのですから、どうぞご自分の超辛口ブログで思う存分論陣をお張りになればよいと思います。

僕はあなたから逃げてないですよ。お会いできたことをよかったと思っている。
だけどこういう書かれ方は本当に残念でなりません。
佐藤まさたか
2007/05/28 00:32
このブログをふつうに読み物として読んでいる者です。
ふつうに読んでいるだけなので誰が正しいとか正しくないとかは感じません。
が、東村山4丁目と称する方のコメントは、このブログを読むことをなんとなく習慣としているに過ぎない私のような者をも不快にさせてくれました。
できればやめていただければ助かります。

コメントはこれきりにします。
一市民
2007/05/28 13:57
相変らず無計画で行き当たりばったりな市ですな。久米川駅駐輪場も含めて・・・。いつも思いますが、何かあるとそれに対して市は説明不足で終わってしまいます。それってそもそも無計画だからその先がよく判んなくって説明できないんですな!きっとそうに違いない!そうじゃなければ市の都市整備部の方々はよほど誠意の無い方々だと思われちゃいますよ。今年に入って西口ビル建設に関する市の説明会がありましたが巨大工事に使用する工事車両ルートの沿道に住んでらっしゃる方々への誠意の無い回答には今でも憤りを感じています。特に緑ヶ丘住宅にお住まいの方々への配慮ってどうなったのでしょうか?あの時は質問も規制され、結局曖昧なまますべて終わってしまったように思います。それも結局は説明できないからそうなっちゃたんでしょうかね?話が飛んでしまってすいません。こうしたことは自分のブログでも書いていきたいと思います。
路字山 吟
2007/05/28 18:28
いつもいつも誤解を与え申し訳ありません。私の言いたいことは東村山4丁目のブログに書きこみました。ご高覧いただけると幸いです。

しかしながら、です。このブログに書き込まれた私への非難コメントは、佐藤さんがアッという間に削除されたためほとんどの人は読まれていないでしょう。
私に飛んできた「矢」の内容の一部はこういうものでした。

◆あなたが自慢とするネズミーランドなんかとは関係ありません。
◆お酒を飲みながらキーボードをたたいている貴方の姿を想像すると背筋が凍るような気になります。
◆あなたの怨念が乗り移ってしまったようです。(笑)
東村山○○町4丁目の住人2007/05/27 21:03

悪意はないにせよ、結果的に佐藤さんはこのようなコメントを「一目にさらすことを避けた」という選択をしたことになります。
東村山4丁目
URL
2007/05/28 20:36


佐藤さんは東村山4丁目や草の根クラブの議員には厳しいですけれども、このような投稿をする人(身内ですか?)には実に甘い、その点は反省していただきたいと切望します。

以前に渡部市長のブログでも同じようなことがありましたが、渡部さんはうまく自分のブログを交通整理(市民の議論の場所としてのファシリテイト)していました。

佐藤さんは記事を全面削除しましたが、それが一番正しい選択であったのでしょうか。他の方法は考えられなかったのでしょうか。
東村山4丁目
URL
2007/05/28 20:38
>口角泡を飛ばす論争は大いに結構ですが、つかみ合いの喧嘩は外に出てやってください、というのが店主としての正直な思いです。

口角泡を飛ばす論争 = 勢いはげしく議論したりするさま
喧嘩 = 言い争ったり、腕力を用いて争ったりすること

ブログの店主として、この論争と喧嘩の違いを(安倍首相のような曖昧な分け方ではなく)理論的に分けて説明してください。できないのなら薄井政美氏のように事前承認方式をとるべきであると考えますがいかがでしょうか。
(私は事実として、相手が都議であろうと国会議員であろうと、「言い争って」います。意見を衝突させることを避けているからこそ日本は沈滞している。それが私の持論です)
東村山4丁目
URL
2007/05/28 20:39
>私は3月議会での西口公益施設買取り議案に断固反対し、6月8日(金)の一般質問でも明確に異を唱え続けますが、この旧保健所についてはどう判断するのか、目下思案中です。

いずれ、請願書を提出しますが小松きょう子氏のマニフェスト、54の約束の中にある「地球温暖化防止東村山宣言」のベース(基地)として活用できないかと考えています。(マニフェスト作成で出たアイディアです)

簡単に言えば「地球の保健所構想」です。東村山から地球温暖化防止を進めていきたい、与野党を超えて議論したいですね。
東村山4丁目
URL
2007/05/28 21:40
>東村山4丁目と称する方のコメントは、このブログを読むことをなんとなく習慣としているに過ぎない私のような者をも不快にさせてくれました。
できればやめていただければ助かります。

不快になるかならないかは、あなたが選択することでであり、私に言われることではありません。

佐藤さんは私達の税金でパブリック・サーバントしている特別職の公務員です。
安倍晋三総理が「私を不快にさせないでください」と言いますか?私はそれと同じことだと思いますが違うのでしょうか?

反論をお待ちいたします。
東村山4丁目
URL
2007/05/29 20:40
東村山4丁目さんへ
あなたは、おもしろがってブログを荒らしているのではないのですか。理論的な仮面をかぶっていてもあなたの文章の行間からは、一緒に私たちの澄んでいる街
を良くしようとする気持ちを汲み取ることが出来ません。私は佐藤議員の支持者ではありませんが、あまりのひどさにコメントいたします。

富士見町一丁目
2007/05/30 14:18
このままではまた記事全体が削除されそうですね。

日本で一番有名なブログからの引用です。

オツムの回路がイカレてるチョー自分勝手な人に決まってるから、そんな人に対して、マトモな理屈なんて通じるワケがないと思うからだ。ようするに、言ってもムダな人に、言ってもムダなセリフを言うほど、世の中でムダなことはないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?
きっこの日記より

富士見町一丁目さんにお返しいたします。
東村山4丁目
URL
2007/05/30 19:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6月議会は1日(金)から なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる