なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪徳商法?

<<   作成日時 : 2007/03/12 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 27

4日間の予算委員会が始まりました。
今日は歳入(収入)部分を全会派が扱ったところで今しがた終了。明日は議会費、総務費からです。
本日のトップバッターは、来る市長選に細渕後継として立候補が確定している自民党・渡部たかし市議。
西口再開発補助金にからめて「見直し、凍結なんかしたら、賠償・補償・倒産等々とんでもないことになるから、あり得ない」という都市整備部の答弁を引き出し、「見直しを言うなら対案を示すべき」といつもの論調で締めくくっていました。
税金の使い方を厳しくチェックする立場として、様々な入札結果や監査結果を見ていて、現状が全く正しい姿だと考えているんでしょうか…。

私は、不正なことを正すのに、対案なんかいらない、と思っています。
疑わしい部分は直ちに調査し、不正がわかったら直ちに止めるべきです。


ところで渡部市議が、買取りが決まった公益施設の見直しの可能性について質した際、こんな答弁が帰ってきました。
・市民を交えた検討会で内容を詰めている。
・その結果として壁の移動程度は可能である。
しかしそれ以上の変更となった場合は、設計変更となって追加費用が必要となる。

なにを言っているのでしょう?
土台、今回の施設の設計に、どれだけ市民の考えが生かされているのでしょうか?
もともと図書館や情報センターといった施設を想定していたため、水回りは極めて貧弱です。そのためスポーツ施設のような計画でありながら、小さなプールはおろかジャグジーもサウナも設置できません。シャワーがいくつか、だけ。
エクササイズスタジオと言ったって、柱が5m間隔で林立しているので、「センス悪〜い」という声が聞こえてきそうな代物なのです。

既にあるビルを改装して使おうという話ではありません。
今から建てるものに10億も税金を払う約束だけさせられて、「設計変更したら追加料金ですよ」なんて、悪徳商法みたいじゃないですか?
しかもその10億だってそれで済むのか、私は極めて疑わしいと考えています。
本当に市民に喜ばれる施設として必要だというのなら、実施設計段階(地所設計がとっくに終わらせている)までに施設計画・利用計画を詰めて、それをしっかり反映させるのが市の仕事だったんじゃないんでしょうか?
今頃アリバイ作りに市民を集めて、できもしない相談をさせていること自体、本末転倒以外のなにものでもないと思います。
このまま行ったら、「帯に短し襷に長し」みたいな施設ができあがって、さあどうしましょ?ということになるような気がします。

西口市民連絡会代表の佐伯さんがいつもおっしゃっている言葉をまた思い出しました。
「役所の人たちは、自分の金でもそんなことするんですか?」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
設計変更の費用?保証?
市が買取りの10億でお釣りがくるのでは?

それよりも何よりも、私達は議員さんがたに白紙の委任状を
渡したつもりで選挙投票したのではありませんよ。
多分これを見ているでしょうから言わせて頂きます。
保守系の議員のみなさん。早く眼をさまして!
子供達に胸をはって間違っていないといえますか?
間違っていることを間違っていると言える勇気を持って!
長い眼で見て、そのほうが大多数の市民の信頼は得られるはず。
まだ若いのですから。

野口の人
2007/03/12 19:21
教えてください。
何時までたっても和菓子屋さんがの残っていますが、あそこは広がらないのですか?
駅前広場を造るための再開発ですよね。
ロタリーの入り口は、今の狭いままですか?
ビルがどうの、公益施設がどうの以前に一番大事な事が議論されていないのでは。
バスが駅前広場に入るのに、今の狭いままなんて、皆さん知っているのですか。
お菓子屋さんは組合の実質責任者の事務局長で、自分が動かないですむように計画したと、言っている人がいましたが本当ですか。
特に無し
2007/03/12 21:28
昭和37年という、まだ東村山に畑が沢山あった頃に作られた、既存道路を全く無視した都市計画道路が駅前広場に繋がります。

一応今回作るのは駅前広場からちょっとの部分。
当面はきっとスケボー愛好家の格好の練習場となるでしょう。

バスは今まで通りのバス通りを走ります。

広い道路がちゃんと出来るのは・・・・・


多分30年後位かなあ?
抹茶
2007/03/12 23:55
なんなんでしょうか・・いくつかの記事をまとめて読みましたが、一言だけ言うなら「なんなんでしょうか・・」これは事件として扱うべきではないのでしょうか?市民にしてみたら大事件ですよ!もう一度言います「なんなんでしょうか・・」来月には決着をつけたいですね!私は、明るい東村山の未来を信じている一人です。このブログを見てるかぎり嫌な記事ばかりですが、逆転のみかたで言えば・・光はある・・と信じてます。まずは来月、自分の意思で一矢報いたいですね。でも、なんなんでしょうか・・
akikenyou
2007/03/13 00:17
野口の人さん 初めまして。書き込みありがとうございます。

住民投票で市民の意思を問うことを求めて署名活動を始めた方たちも、まちがよくなること、駅前が安全に整備されること自体には反対をしていませんでした。
けれど現在の計画=この枠組み・利益分配構造でなければ困ってしまう人たちが、異論には「整備反対派」というレッテルを貼って徹底排除を続けてきました。

本当は保守系、与党系の人たちの中にも冷静でまともな意見が相当あるのに、声を上げる自体がはばかられる雰囲気が強いことは、とっても不幸なことだと思っています。

風通しよくしてちゃんと議論しないと、子どもたちに合わせる顔がないと思うのですが。
佐藤まさたか
2007/03/13 10:23
自民党・渡辺たかし市議は話がわかる人?
地元の悲願だった駅前広場は、都市計画決定
されており、駅前広場整備事業としてやる。
用地費、補償費等は再開発と同じで補助金が
もうついているでしょ。仮に駅前広場のみを
作って誰が、どう困って、生活再建の為に幾
らお金が必要か、又、再開発ビルと地下駐輪
場を作らない事による、市の負担金は幾ら減
るのか、都市整備部で検討させる。
再開発ビルの予定地は、更地で残る。ここか
らが政治家の出番、腕の見せ所でしょ。
周辺に地下駐輪場に代わる場所はいくつもあ
るでしょ。
賠償、補償、倒産についてもっと丁寧に数字
を出して説明しなきゃダメ!
不安をあおる政治家は、要りません。

ベトナム
2007/03/13 10:32
特になしさん 初めまして。大事な点の書き込みありがとうございます。

駅前広場をつくるというのだから、当然現在の信号の位置から右へ入っていけると誰もが考えていたと思います。私も含めて。
また、「駅前で生活していたり商売をしている方たちがどうしても先祖伝来の地を離れたくない、と言うので、区域内で生活再建をするためには超高層ビルとして権利を積み上げ、そこに入ってもらうしかない」と、私が議会に出てからだけでも、市は何十回も答弁してきました。

しかし、現実には直接ビルに住む地権者はいないことが、2年位前にはっきりしてきました。
商売だって、歯医者さん(組合理事長)も、饅頭屋さん(事務局長)も、お茶屋さん(副理事長)もそば屋さんも、だ〜れもビルに入らないのです。
それどころか、この三役さんたちは、新しくピッカピカに整備された駅前広場に張り付くように再建し、超一等地でのご商売となります。

佐藤まさたか
2007/03/13 13:06
はじめてお便りいたします。いつも頼もしくブログを拝見させていただいております。私はつい最近までまったく市政に疎遠だったのですが、佐藤議員のブログをきっかけに、西口問題には見過ごせない問題があるのではないかと思い、様々なブログをみるようになりました。常に丁寧にわかりやすく、理性的に行動されておられることに感服しておりました。ただ、今回の記事はちょっと残念でした。不正の問題と対案とは別問題ではないでしょうか。

おっしゃるように不正があるのであれば許せません。ぜひ、追求していただきたい。と同時に、現在の課題をよりよい方向に導くことは私たちの責任だと思っています。もっと早い時期になぜ多くの市民が動かなかったのか、これは政治に無関心だった自分の責任でもあります。不正の疑惑追及とともに、今からできることにベストを尽くす、その観点から佐藤議員にはぜひ、対案をだしていただきたいと思っています。
山村あづま
2007/03/13 13:46
与党のみなさん、地下駐輪場の工事は何故、
昨年9月に発注する必要があつたのか、説明
出来ますか?いまだに着手してないよね。
工事もしないで、出来高の支払いなんか年度
末にまさかしないよね。
発注後約半年、いまだ工事協定も締結出来な
い状況、市の事業ですよね。
東亜建設工業に頼らないで、受注業者と職員
で工事説明を行い、近隣の人たちが安心して
生活できる環境を早く築きあげ、工事に着手
したら。
悲願の駅前広場でしょ、もっと前向きに進め
なきゃ、応援団も心配するよ。
ほんと計画性が無いよね。



ベトナム
2007/03/13 14:44
(続きです)
結果として駅前広場の入口は、バス通りを今の下駄屋さんのあたりまで行ってから右折し、さらにすぐに左折する、という形状になります。
誰のための再開発なのか?
ずっと追及してきましたが…今さら何を言ってるのか?という対応です。

市がしぶしぶ計画の中味を明らかにしたのは、法的な手続きをすべて済ませた後、議会や市民が追及してきたからでしかありません。
佐藤まさたか
2007/03/13 14:59
抹茶さん こんにちは。

確かに、スケボー場の先を作り続けて武蔵大和までつなげるから、バス通りの拡幅は考えていないというのが市の考えですよね。
正福寺方面から弁天池前を通り、現JAあたりへ持ち上げて西武線をまたぎ、府中街道におりる都市計画道路をつくるから、駅前広場が今回の形なんだ、と言われて、納得する市民がいたら会ってみたいと思っています。

「昭和37年に決定した悲願」ということは、どこぞのダムや干拓じゃないですが、「今の視点で必要な見直しをかけるべき」という意味だと私は思うのですが…。

100年かかっても200年かかっても300年かかっても、昭和37年決定の都市計画道路計画を推進するのがわが市の市政だ、と12月議会で都市整備部長は私の質問に答えてくれました。
佐藤まさたか
2007/03/13 15:07
akikenyouさん こんにちは。

これっておかしいよな…と思ったことがそもそものスタートですから、確かに「ほんわかブログ」にはならないんですけど、それにしてもすっかり重苦しい内容になってしまってますね。
許せない、という思いが強く出すぎでしょうか…。

Tシャツ短パンで子どもたちと野山を駆け回っていた数年前をふと思い出してしまいました。
とはいえ、これもまた現実。
子どもたちに説明のつく状態にしたいし、無用の長物を残したくないし…。
たまにはほっとできる話題もお伝えしながら、基本姿勢はしばらくこのままいきたいと思っております。

不正は必ず破綻する、と信じて発信を続けたいと思います。
佐藤まさたか 
2007/03/13 15:17
山村あづまさん 初めまして。書き込みありがとうございます。

ご指摘のように、「対案はいらない」というのは適切ではないですね。
言葉足らずですみません。

まず、「不正や問題点があっても、対案がないならモノを言うな」という論調はおかしいと思っています。
次に、「見直しはもう間に合わないから絶対にできない」というのもおかしい。
これは、都市再開発の専門家や、まちづくりを手がけてきた友人などに正確に事態を伝える中で、「見直しは可能」という確信をもっているからです。

特に、ビル建設費にこのまま約10億円の補助金を入れることについては止めるべきだと考えています。東亜に決まった入札を含め、市幹部と組合幹部による不正が明確になれば、そういうものに補助金を出し続けること自体が違法です。

その上で、無用の長物と化す恐れが高い「市施設」は買取りをやめます。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/03/13 17:11
すでに現場は更地になっていますが、財政にも景観にも何のプラスにならない100mビルは、可能な限り低く抑えるための検討を行います。ビルが100mの高さにならないと本当に困るのは、三菱地所と東亜くらいのはずだからです。

確かに、この段階まできて全部ご破算になった例は殆どないようですが、おかしなことをやってまで進める必然性もまた、ないと思っています。

私も門外漢なので、詳細まで提示することはできません。
しかし、専門家を入れ、市民を交えることで、少なくとも「今のまましか道はない」ということではないとなくなる、と考えています。

ここ2年、何度も足を運んでいる東京都都市整備局民間再開発係の係長さんがこう言ってました。
「これは再開発組合という民間が行う事業なので、ビルを建てるな、と言うことはできません。しかし、補助金を出すかどうかは、自治体が主体的に決めることです。」

ぜひまたご意見いただければ幸いです。

佐藤まさたか
2007/03/13 17:13
ベトナムさん いつもありがとうございます。

抹茶さんとベトナムさんは、今回の事情にも、このような事業手法にも相当お詳しいようで、いつかお会いしてお話が伺えたらと思っています。

「見直しは絶対にできない!」という人たちには、「だったら目の前で起きている結果についてはどう思うんですか?」と投げかけてますが…。
見て見ぬふりなんだか、全然関心がないのか…どうして事実を確かめようとしないのかなぁ?

佐藤まさたか
2007/03/13 17:19
「対案は必要ない」というのは少し違うとは思います。

但し推進派(派として一括りにするのも抵抗ありますが)が「対案を出せ」と求めるのはアンフェアでもあると思いますよ。

今進められている計画は、計画内容の是非や良否は別として相当額をつぎ込んでそれなりの専門家がつくり上げた計画な訳です。
それに対抗する案を作成するには、同額とは言いませんがそれなりのフィーと時間をかけなければつくれません。

アイディアであれば幾つかの案は出るでしょうが、「何がなんでもこの計画で行くんだ」君達にとっては、その程度のものが出てきても「あれが駄目」「ここが駄目」で終わっちゃうんですよね。

良いアイディアがあれば柔軟に考えるよというスタンスであれば、また別なんでしょうけど、残念ながら市も組合もそのスタンスに立つ気持ちは毛頭ないでしょうしね。

それなりのアイディアや計画は「タダ」では出来ないんです。
抹茶
2007/03/13 17:45
抹茶さん 確かにおっしゃるとおりだと思います。

ある程度の時間とそれなりの費用が必要な話だからこそ、とにかく一旦止めて、可能な限り早く対案をまとめる機会が必要ではないかと思っています。
佐藤まさたか
2007/03/13 20:05
お忙しいなか、返信いただきありがとうございます。おっしゃるように「不正や問題点があっても、対案がないならモノを言うな」という論調はおかしいです。「見直しはもう間に合わないから絶対にできない」というのもおかしいです。さらに、抹茶さんのご指摘にある、「対案を出せ」と求めるのはアンフェアだとも思います。本当にそのとおりです。

「推進したい人たち」と「待ったをかけたい人たち」の現在の対立状況を見れば、結果からして行政側に至らない面があったことは否定できない。行政側にはそう考えてほしい。そして、そのことを認めクリアリングしてほしい。それが最初の一歩。それをしないから、感情的な対立を招く。そうなると大変です。議論は議論でなくなり揚げ足とりになっていく・・・。不毛です。 (つづきます)
山村あずま
2007/03/13 20:45
さらに行政側を“不正を行う悪い人たち”とみるか、そうでないかで感情は大きく変わります。前者であれば、それこそ、「絶対に許せない!」です。疑惑追及は徹底的にやるとともに、冷静な議論で実のある結果をだしていただきたい。
佐藤議員をはじめ、このブログに集まっておられる智恵を持った多くの市民がテーブルにつかないのであれば、それこそお荷物でおわってしまうと思うのです。

山村あずま
2007/03/13 20:46
>とにかく一旦止めて、可能な限り早く対案をまとめる機会が必要

住民投票条例案を求めた、みんなで決めよう!「東村山駅西口再開発」市民連絡会の活動は、西口再開発を一旦止めるということより、「一旦、立ち止まって考え直そう」という市民活動であったと、活動に参加した私は理解しています。
西口再開発を「凍結する」と公言している無責任な市長候補もいるようですが、法治国家の日本です。悪法でも法律を守らなくては刑務所行きですよね(笑)
市民が希望を持つことができる市長を当選させ、市民の力で新しい市長を育てて行きましょう。
それしかない!と私は考えています。

東村山4丁目
2007/03/13 20:49
おっしゃる通りです。ほんわかではなくていいんです!重苦しいから切々と伝わってきます。内容は私にとって難しいですが、佐藤議員の言いたい事はよ〜くわかります。子供達の話題・・ちょっとほんわかしました。私も子供がいます。残したくないですね・・。これからもわからないなりに読んで勉強していきたいと思ってます。宜しくお願いします!
akikenyou
2007/03/13 21:41
3月8日毎日新聞より
秋田県横手市が進めるJR横手駅東口の再開事業で、
第1地区約2.1ヘクタールの「特定業務代行者」とし
て海洋土木大手の東亜建設工業と地元2社による共同
企業体が選定された。
都市整備部長、市でなぜ採用しなかった?
追加費用等が発生したら問題になります。
東亜建設工業は、特定業務代行者とほぼ同じ違うのは、
リスクを負わないことぐらい。ズルイ!
ベトナム
2007/03/15 11:13
理事長、事務局長の土地は駅前の一等地になります。
本来、細い道は建築基準法42条二項道路と呼ばれ
道路中心より2.0mは後退しなければならない。
それが駅前広場と都市計画道路が出来ることにより
補償して貰えて、一等地になる。
事務局長の前の道は廃道され、隣接者が優先して安価
で払い下げてもらえる。
廃道、払い下げは都市整備部の管轄、楽しいね!
再開発事業がんばらなきゃ。

廃道払い下げの単価、代替地の単価、チェックしまよう!
ベトナム
2007/03/15 11:34
対案はいろいろ考えられます。
問題は、与党の皆さんが大人になって話し合いの
テーブルに付くか?
議会で採決した事をいまさら否定できないよね。
替えられるのは市長選次第かな?
または、天罰が下る時かな?
悲願の駅前広場は作る前提で対案は考えよう。
地下駐輪場と公益施設これを止めて、22億円
賠償、補償費合わせて幾らになるか?
少なくともお釣りはある。
地下駐輪場に変わる場所、コスト等の比較。
再開発ビルの公共公益が抜けた部分は、組合
と一緒にまず民間企業を探す。
今は言えませんが何とかなります。
道はひらける!
ベトナム
2007/03/15 12:25
ベトナムさん こんにちは。

餅萬さん(事務局長)とお茶屋さん(副理事長)の間の3m半くらいの道は、なぜか2年も前の3月議会で、廃道手続きが取られました。もちろん今でも道路として使われているのに、です。
おっしゃるように、市道認定のままだったら、道路中心から2mセットバックしなくてはならないので、ご両人とも敷地提供の義務があったはずです。
しかし認定道路ではなくなってしまって市の普通財産扱いとなってしまったため、どの段階かでご両人に払い下げの手続きが取られることになる、と市の管財課に聞きました。もちろん安価になるだろうと私も見ています。

以前、その先の方たち(S議員やボウリング場)は既に後退分を提供して分筆している、と聞いたことがあります。
明らかに扱いが不公正ではないでしょうか。
その後、どうしてこんなことになっているのか?と何度か議会で確認し、月曜日にも公有財産売り払いのところで質疑しておきました。
管財課長の答弁は「その場所は19年度予算では予定していない。」でした。
引き続き注視していくつもりです。
佐藤まさたか
2007/03/15 18:16
山村あずまさん こんばんは。

今回の計画も、平成7年8年あたりは、地域にも議会にも情報がある程度出されていて、当時市が契約していたコンサル会社は、地域向けにニュースなども発行していました。
まともにやろうとしていたのだと思います。

ところがその後地下にもぐり、再浮上してきたときは現在の100mビルありきの計画で、かつ、その後は再開発組合認可まで、他に例の無いくらいのスピードで一気に進められました。

その頃私は議員になり、市長に「市民の声に耳を傾けてほしい」と繰り返しました。
すると市長は「異論はあなたと共産党くらいだ。サイレントマジョリティは一日も早くこの計画でやってくれと大賛成している。」と言い切りました。
(続きます)
佐藤まさたか
2007/03/15 19:08
材料を集め、具体的な異論、反論を行っても「反対派の妨害」として扱われ続けたので、「せめて一度、市民の声を聞け!」と数名で立ち上げたのが「住民投票条例運動」でした。

市民に堂々と問うて、その結果多くが賛成だったら、胸を張って進めてくれればいいと考えていました。

本当は、立ち止まってテーブルにつき、よりよいものにするために検討する機会はあったはずですが、「もう止まれない」「止めたら国や都の補助金が打ち切られて全部ご破算になる」などと4年間言い続けてきたのは、他ならぬ市長と都市整備部長でした。

より多くの人の声を取り入れ、後世に誇れるものにしたほうが絶対にいい、とずっと考え続け、言い続けてきたのですが…。

あとは天罰しかない、のかもしれません…。
そのために私なりにできる必要な手は、すべて打ってあるのですが…。

逃げ切られてしまうのかなぁ…。
佐藤まさたか
2007/03/15 19:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
悪徳商法? なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる