なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS この努力を無駄にしないためにも絵に描いた餅にしないためにも。

<<   作成日時 : 2007/03/20 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

午後7時から開かれた「児童育成計画推進部会」の傍聴をしてきました。
今回もまた、学童クラブが満杯な問題、放課後のこどもの居場所の問題、孤立する子育てyへの対策等々、様々な立場の委員の皆さんが、積極的に発言をされていました。
実は、育成部会は前回が今年度最後の4回目でした。しかしもう一度開いてでも審議すべき事柄があるから、と5回目の開催。
「もう予算がないのですが」という担当の言葉に、「報酬なんて出なくても参加しますよ」という発言ばかりだった前回。
以前にも書きましたが、このような場は、現在の市政において他にありません。

傍聴者は、必ずいらっしゃる学保連の方と私の二人でしたが、報告される作業部会の内容、行政側の報告、それを受けたやりとり、各委員からの意見等々…傍聴している側が多くのことを学び考えさせられる2時間でした。

年5回の会議以外にも、何回も何回も「作業部会」という形(もちろんすべて手弁当)で議論を続けてこられた委員の皆さんには、本当に頭が下がる思いです。
しかし一方で、陽のあたりづらい小さな、でも大事なことに、市は財政難を理由になかなか予算をつけません。
また昨夜も多くの委員から指摘がありましたが、市の組織が複雑になり、さらに横の連携がしづらく「どこへ相談に行けばいいのかわからない」状態も続いています。

「それぞれは頑張っているが横の関係がうまくない。
市民から見て、妊娠・出産から18歳になるまでを支える仕組みを、もう少しシンプルにできないか。」新保会長の言葉が19年度の課題となりそうです。

それにしても、明日のこども達、若い親たちのためにこんなに頑張っている場には1回分の予算も危うくさせておいて、「諸悪の根源」西口再開発に湯水のごとく金を注ぎ込み続ける構図だけは、どうしても「なんとかしたい」と思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この700万は出せないのに・・陽の当たりづらい小さな大事なことって、他にも沢山あるんじゃないんですか?
子供達は何も(苦情や要望)言いません。でも、現実的な数字や金額を見ると、ここにもこの市の現状が浮き彫りになってきますよね。学童に関しては働く側の親の問題ですが、やはり大切な事には変わりありません。
小さな事の小さな解決が子供たちの未来=東村山の未来・・もちろん明るい未来と信じています。
akikenyou
2007/03/21 22:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
この努力を無駄にしないためにも絵に描いた餅にしないためにも。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる