なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 工事説明会は2月15日(木)夜

<<   作成日時 : 2007/02/12 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

市民連絡会からのニュースがメールで届きましたので、そのまま転載します。
西口100mビル&地下駐輪場「工事説明会」が開かれます!
2月15日(木)午後7時 市民センター2階

100mビル建設工事の業者が決まりました。
周辺の道路を全く改善しないまま始めようとしている巨大工事です。
今でもお年寄りやベビーカー、自転車などが危険にさらされているバス通りを、金山神社から駅前にかけて、2年以上にわたって何千台ものダンプカーやコンクリートミキサー車が走りぬけます。ビルや地下駐輪場に使う鉄骨は、巨大トレーラーで運ぶと言います。

今回のビルは26階建てですが、ビル工事を受注した建設会社には20階建ての経験しかないことがわかっています。
また、業者を決めた入札にはわずか2社しか参加していませんが、このような場合は市発注であれば「無効」なのに、組合発注だから構わないと市は言っています。(落札業者も、市議会で再三指摘された通りの結果となっています。)
そして何より、100mビルが建つことによる日影やビル風や電波障害については、市と組合はどう考えているのでしょう?

市報には「西口周辺の方」とありますが、日影も電波も、本町、久米川町、秋津町方面へも影響を与えることが市の報告書に書かれています。
そして、ビルと地下駐輪場分だけでも30億円近い市民の税金が使われます。誰にだって参加し、物言う権利があるはずです。
今回も市報のあまり目立たないところに掲載されていたので、きっと多くの方が開催をご存じないと思われます。
市と組合は、これだけ大変な工事なのに、一度だけの説明会で済ませてしまうつもりでしょうし、業者や関係者に動員をかけて会場を埋めようとするかもしれません。
一人でも多くの方を誘って、なんとかご都合をつけ、可能な方は早めの時間からご参加ください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
地下駐輪場と再開発ビルの設計者は同じ
セントラルコンサルが行いました。
又、他の関連施設は、同業者に小規模の
ものを受注させました。、無責任。
なぜならば、ペデストリアンデッキと
再開発ビルの接続部は重要なところ、
それを、地下駐輪場の設計がほしい為に
すてた。理由は、実施設計を三菱地所設
計に一括外注したための赤字補填の為。
ごめんなさい、前段が長くなりまして。
工事説明会には、設計者は出て来ないで
しょう。なぜなら、工事区分、仮設計画
をいつの時点で作成し、両施設の予算別
の仮設範囲を答えたくないから。
工事の説明会ですが、みんなの税金の使
われ方の説明会でもあります。
これ以上は、対策を練られますので前日
にコメントします。
変わります。がんばりましょう。
ベトナム
2007/02/12 12:50
地下駐輪場について少し書きます。
ご指摘の、80%受注問題ですが、東村山西口再開発事業の関連事業を見ていると、もろ談合があったのでは無いかと言われる95%以上。
地下駐輪場も、仮設費、役務費、安全費が落とし穴、たぶん、本体工事は
、補助事業である為、出来高、検査等がきびしぃので細工はしていない。
つまり、出来上がる時に無くなる物、これが逃げ道。
土工事、仮設工事は特に工事施工環境により補正が認められている。
おそらく、ここを細工している、専門家が見ればすぐに判ります。
行政の罪は、大きい。チェックしていない。(能力が無い)
出来る金額ありきで積算しただけ。(Tアドバイス)
仮設、土工、特に覆工は注視しなければなりません。
地下駐輪場の税金が再開発ビルに使われる。補助金の種類が違う。
まだ、諦めないで見直しをせまるべき。

ベトナム
2007/02/12 13:36
再開発ビルの予定額を市が事前に把握して
何も指導しなかったのは、罪である。
事業計画上成立しない金額を了承した事になる。
つまりは、シナリオを知っていて了承した。
建築工事は、おそらく99%世界です。
だれが、正しい判断出来るの、ひどい行政ですね。
工事説明会後に又、新しい情報を報告します。

ベトナム
2007/02/12 14:22
最低でも
・西武鉄道
・西武バス
・タクシー事業者
・警察
・消防
・他各関係機関

と「協議済み」な工程に応じた、旅客動線切替ステップ図及び安全対策図位はちゃ〜んと出してもらわないと。

それが出てこないようであるならば、何回でも工事説明会を求めるべき。
工事説明会は1回で良い等とはどこにも書いていない。

工事車両ルート沿道住民は現状の家屋調査も求めても良い。
これが無いと、工事車両の振動による不具合があってもそれを証明する術がない。

それと工事協定書は必ず結びましょう。

営近工事だから大変だぞお〜
抹茶
2007/02/12 17:54
ベトナムさん 抹茶さん 詳しい分析、示唆、心より感謝申し上げます。
ご専門の方とお見受けしますが、そのお立場から見ても、露骨な構図、なのですね。驚くばかりです。
15日の説明会ですが、いやいや、よもやセントラルが出てこないなんてことがあるのでしょうか?地下駐輪場の工事監理はセントラルだったはずですから。地所設計は出てくるのでしょうかね?
明日、誰が出るのか、市に確認してみます。
そうそう、市民の安全に大きな影響をあたえることですから、よもや市長が出ないはずがないと思いますが、念のため、それも聞いて来ます。
そういえば、セントラルを私が初めて認識したのは、都決のための地下駐輪場説明会(16年3月)でした。あの頃はまだ問題点がよく見えなかったのですが、利用者である市民が一人もいない、不思議な説明会だったことを覚えています。
市はセントラルがいないと何も答えられない感じでしたっけ。(続く)
佐藤まさたか
2007/02/12 23:51
「なにかやってくるなら仮設、覆工、そして土木だよ。」と先日も元ゼネコンの方が教えてくださいました。
「地下駐は落札率80%、と言っても、ビル工事と兼ねることが山ほどあって、どちらがどれだけ持つのか、その調整だけでもなかなかまとまらないのが普通。もしすぐに計画ができたとしたら、そりゃ前々から話し合ってたってことだよね」とも。

住んでいる人たちにとって何より心配なのは、工事車両の計画です。
半年くらい前、自分のニュースをバス通り沿いに一軒一軒配って歩いていたら、「今でも怖いし道路自体頑丈じゃないのに、そんなの無茶な話だ!」とお店のご主人が怒ってらっしゃいました。

当然、市民を安心させるだけの材料を当然用意できているから、説明会を開けるのだ、とは思いますが。
佐藤まさたか
2007/02/13 00:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
工事説明会は2月15日(木)夜 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる