なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 予定価格の大嘘

<<   作成日時 : 2007/02/01 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

約7年間かかって、シナリオ通りに東亜建設工業に落とした100mビル建設工事。
今回の入札における予定価格は税込みで65億3,940万円(税抜き62億2,800万円)である。しかも非公開。組合三役しか知らない「ことになっていた」数字だ。
東亜は税込みで55億2,300万円(税抜き52億6,000万円)で落札したので、「落札率84.457%で安く落としてくれたじゃないですか」とでも組合は言いたいのだろうか?
全く馬鹿げた数字だ。
市の職員にすぐに聞いてみた。「もし東亜が63億とか64億で札を入れていたらどうなっていたの?」
「赤字、ですね。」即答だった。
そりゃそうだろう。
錦の御旗にしている昨年8月31日の権利変換計画書に改定あるビル建築費用は57億円(税込み)。
これ以外に、駅前広場築造費用が5億円以上、電波障害対策費が恐らく1億円以上、解体除却は既に1億3,350万円で契約されて工事は最終段階だ。
市と組合が公表しているパンフレットでは、これらもろもろを加えて65億円弱となっているのだから、どんな素人が考えたって、建築工事だけの予定価格(そこまでは払うつもりがある、という数字)が65億余ということはあり得るはずがない。

昨日朝の電話で「それは高過ぎやしませんか?」と尋ねた私に対して、組合事務局は「今回の発注にあたり、三菱所設計が改めて積み上げた数字が65億円なんです。」と答えた。この説明も明らかにおかしい。
16年8月に、事業の成否を左右する「権利変換業務」と「実施設計」の両業務を、都や市だったら通常行われない「一括発注」をかけ、談合情報まで握りつぶして強引にセントラルに落とした ではないか。
ここで実際に「実施設計業務」を行ったのは当の三菱地所設計である。それをもとにセントラルは「権利変換計画」を立て、昨年8月に認可されたのではないのか?
57億円をはじき出した根拠は、三菱地所設計の数字のはずだろう。
組合の言っていることは、もはやメチャクチャだ。
今回の予定価格は、東亜の数字を低く見せかけるだけのための予定価格というほかない。

税込み金額で69億6,150万円という大外しの大成建設は、工事仕様書すら見ないで、いやいやパンフさえ見ないで、「どうせ東亜がとることになっているのだから、まともにやる気なんかないよ」というメッセージを込めて札を入れてきたのではないか?
土台、仕様書はどこにあったのか?それも含めて懸念される点をまとめて市に緊急に確認するように求めたのに、今日になって次のような回答書が届いた。
画像

回答の前提となっている私の質問書はコレコレだ。
どなたかこの回答書を解説していただけないだろうか?
単に私がなめられているということなのか?

質問書に書いた通りの「限りなく真っ黒に近い」現実が起きたではないか?
この2年間、ごまかし、嘘をつき、逃げ続けてきた挙句、この回答で済ませられると考えている市長以下市側の責任者、そして再開発組合の実質責任者からこんな声が聞こえてくるようだ。
「法律のどこに触れるのか?どうせ尻尾はつかめまい。」
再開発組合方式という仕掛けに切り替えたところに、今回のすべてのツボが集中している。確かに巧妙、狡猾というほかない。
しかし私は、諦めない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「今回改めて積上げた」
と言う事は、以前の57億も積上げたものという事。
決して概算ではなくてね・・・

最終段階で当初積算よりも10億も高いような見積もりを出すようである設計であれば完全な「設計ミス」。
「設計ミス」でなければそんな設計をする設計者は「無能」。
それを許した発注者は「ザル」。

普通の事業者であれば、10億も高い積算が出てきた段階で即座に設計変更か大幅なVEです。

少なくとも市の補助金が入っている事業であれば、最初の積算書と予定価格の積算書位は閲覧する事は出来る筈。

少なくとも会計監査院の監査が入る工事では
・数量計算書がちゃんと整えられているか。
・詳細な内訳書があるか。
・内訳書に入っている単価は、3社以上のメーカーの見積比較及び刊行物単価の価格比較を行い、一番安い価格を入れたものであるか。

ここをがっちりと監査されます。
それこそ重箱の隅をつつくように。

あ。。。そういえば今回も国の補助金も入っているんでしたっけ・・・
抹茶
2007/02/02 09:52
・・・てなことを指摘すると次の言い訳は・・・

「権利変換の際の57億は当初より、積算価格よりも8割程度安い価格で応札があるであろう事を見込んだ上での工事費でした。」

てなところでしょうか。
抹茶
2007/02/02 09:57
抹茶さん ありがとうございます!
言い訳、まさしくそう来るだろうと思います。

権利変換計画書も全部持っているのですが、このビル本体建築に、どんな名目でいくら公金が入るのか、複雑で何度見てもはっきりわかりません。
なので、この入札があった日に改めて担当係長に、詳細内訳をわかるように出すことを求めました。週明けには手に入るはずですので、わかり次第ここに記します。
佐藤まさたか
2007/02/02 22:34
工事のお金を積み上げた会社は三菱地所設計?三菱地所の子会社
ではないですか????
マンションを売る会社の子会社が積み上げたお金で工事をだす????
それって税金を入れる工事でありえるの???
とゆうことは、本当の工事代金はわからない。
もっと安い可能性があるのではないですか?
それって、詐欺?、公金横領?
おかしいよ、税金だよ、誰か調べて下さい。
立春
2007/02/04 12:31
立春さん 書き込みありがとうございます。
完全におかしいですよね。
天下の三菱地所が絡んで、こんな不透明なことが未だにまかり通っていることに信じられない思いがしています。

この続きをまた書きます。
またぜひご意見ください。
佐藤まさたか
2007/02/06 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
予定価格の大嘘 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる