なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS フシギナコトモアルモンダ。

<<   作成日時 : 2007/01/04 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

昨年10月25日に入札が行われた、いくつかの西口再開発関連工事【市施行分】のうちの二つの結果を示す書類です。
わかりづかいかもしれませんが、上が、駅と100mビルの2階部分をつなぐ人工地盤(通称・ペデストリアンデッキ)の電気工事、下の書類は、駅前広場の下に造る予定の自転車駐車場(地下駐輪場)の電気工事です。
10月25日の同時刻に入札が行われた二つの電気工事。開札時刻はちょうど30分違います。
いずれも角田電業社(市内久米川町)が落札していますが、その結果をよ〜く見てみましょう。

人工地盤工事分では、表示されているのは税抜価格なので1.05倍して428万4,000円。予定価格が620万9,700円なので、落札率は68.99%となります。
一方、地下駐輪場分はどうでしょう。
5,500万円を1.05倍して5,775万円。予定価格は6,085万9,050円なので、落札率は94.89%

ここでまず不思議でならないのは、かたや7割を切る価格を入れた業者が、同時刻にもう一つの工事に95%で札を入れ、いずれもしっかり落としていること。
しかも、二つの結果を見比べてみると、素人目にも地下駐輪場の結果に違和感を覚えると思います。
「揃いすぎ」じゃないんでしょうか?

それから、ここのところ大きな問題になってきている「最低制限価格」ですが、2つのJVが全く同額となり、くじ引きで西武建設・扶桑建設組に決まった、例の「地下駐輪場築造工事」は80%。
福田議員が監査請求を起こしている「解体除却工事」の時も80%だとされています。
いずれも、それを下回ると「安かろう、悪かろう」の心配があるからと公式に説明されています。
今回は「非公表」とされていますが、いったい何%で、根拠はなんだったのでしょう?

そうなると、また新たな矛盾とぶち当たります。これをご覧ください。
画像

11月29日に行われた地下駐輪場部分の昇降機(エレベータ)工事の入札結果です。
三精輸送機という会社が3,255万円(税込)で落札。落札率は88.08%です。
ここで問題なのは、最低制限価格を下回ったという理由で二つの会社が失格になっていることです。
日立ビルシステムは75.01%、中央エレベーター工業にいたっては79.56%です。

ということは80%が最低制限価格だったということでしょうが、果たしてこの2つの会社だと「安かろう、悪かろう」につながったのでしょうか?
東京都の格付けでは、三精は13位、中央は21位、日立は4位です。
少なくとも見積書を比較検討する価値は十分にあるはずだと思います。

そこで、です。
どう考えても手馴れた業者が、ちっとも難しくない今回のエレベーター工事に際して、75%や78%で失格になっている一方で、どうして69%の人工地盤電気工事は失格にならなかったのでしょう?

同時に、どうして地下駐輪場電気工事では80%や70%で入札した業者が一つもなかったのでしょう?


フシギナコトモアルモンダ…。
10月25日に行われた入札には、実はもっとおかしな結果が含まれているのです。

今日、これらの業者と契約書がどのような内容で結ばれたのか、新たな情報公開請求の手続きをしてきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
公共事業(何が『公共』かわかりませんが)って
やはり、地元の業者が私たちが支払っている税金を、役所という配分機構を通して分け合うんですね。
東亜だとか西武だとか取りざたされていますが、地元の増田をはじめとする業者が身の丈にあったおいしい部分を食べる、そしてそのお礼は選挙なんですよ。
これで、役所の退職者が地元企業に天下れば日本国の縮図となるんでしょうね。
西口の事業は「東村山市はじまって以来の地元業者にとっておいしい事業」なんです。だから何があっても止められないんですよ。
ksofuto
2007/01/05 18:22
ksofutoさん 今年もどうぞよろしくお願いします。

西口については、「十分に説明をしてきた」どころか、「説明がつかない」ことが多過ぎます。
もう一つ、超高値落札を間もなくアップしますが、こういうの、誰が仕切っているんでしょうかね?
佐藤まさたか
2007/01/06 10:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フシギナコトモアルモンダ。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる