なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 「去年は騒がしかった」

<<   作成日時 : 2007/01/17 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「大変去年は騒がしかったが、良識ある皆さんによって整理していただいた」
「21世紀のいろいろな問題に耐えられる東村山に間違いなく進んでいるので信じてほしい」
「人を誹謗中傷して自らの権利だけ主張しても認められない」

昨夜(16日)開かれた商工会主催の賀詞交換会における細渕市長の挨拶。走り書きのメモと記憶から気になった点を起こしてみました。

「騒がしかった」
何を指すかは言を待たないでしょう。

「誹謗中傷して権利だけを主張する」
誰に向かって言っているのでしょう?

これが都市近郊の市長の座に12年あった人の認識です…。

まっとうな市民の声に追い詰められ、市長が4選出馬を断念せざるを得なかったことは大きな大きな収穫ですが、4月以降誰が市長の座につこうが、「無責任やりっぱなし」のツケが重くのしかかることは間違いないと思います。


ところで、15日(月)夜に開かれた「第5回公益施設運営検討会」を傍聴してきました。
メンバー構成はコチラですが、ぜひ一度、一人でも多くの市民の方に傍聴していただきたいと思います。これを「市民参加」だと堂々と言ってしまう市のセンスに、きっと頭が痛くなることでしょう。

公募された市民は2名だけ。どんな目的・目標に向かって、検討会は何をどこまでできる場なのか…。議論(と言っても発言らしい発言は2名か3名だけでしたが)を聞いていても相変わらずさっぱりわかりませんでした。
参加している市民に責任があるわけではありません。
取り仕切っている政策室は、いったい何を使命とする場なのか、明確に答えなければいけないと思います。

会の冒頭で施設設計上の説明をしていた三菱地所設計とセントラルコンサルタントによれば、スケジュールはかなりタイトです。
最も忙しい立場にある各課の課長を毎回何人も並べて、いったい何をどうしようというのでしょう?私があの席に座っていたら、気になる本来の仕事もあるでしょうに…黙って座り続けていることにとても耐えられないと思います。


■公益施設に関連する過去の記事
2005年6月8日「税金11億6千万円でビルの中に癒しの空間!?」 http://higashimurayama.at.webry.info/200506/article_1.html
2005年7月11日「誰のための強行突破か?西口再開発」 http://higashimurayama.at.webry.info/200508/article_1.html
2006年8月10日「武士の商い」 http://higashimurayama.at.webry.info/200608/article_4.html 
2006年8月15日「既成事実作りのテーブルは何処へ行く 」 http://higashimurayama.at.webry.info/200608/article_7.html
2006年10月25日「う〜ん…今読み返しても…なんだこりゃ? 」 http://higashimurayama.at.webry.info/200610/article_10.html
2006年10月26日「元祖 名答弁」 http://higashimurayama.at.webry.info/200610/article_11.html
2006年10月27日「東村山流市民参加」 http://higashimurayama.at.webry.info/200610/article_12.html
2006年10月31日「東村山市行政はホントにダイジョウブでしょうか?」 http://higashimurayama.at.webry.info/200610/article_15.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「去年は騒がしかった」 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる