なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 組合方式という「仕掛け」

<<   作成日時 : 2006/10/24 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

約6億円の西口地下駐輪場工事請負契約は、市施行であるため、まがりなりにも電子入札の上で9月27日に議会の俎上に乗りました。
もちろん、工事計画も明らかにならず、警察ともまともに協議しないことがわかり、市民の安全が全く担保されていないことが明確になったので私は反対をしましたが、「まがりなりにも」公の議論に供されたため、市の答弁は永久に残るわけです。
ところが、間もなく発生するビル本体工事は、数十億円の契約行為にもかかわらず、「組合施行」ゆえに旧来の入札方式がとられ、しかも議会がタッチすることすらできません。
今回の西口再開発の問題点は数え切れないくらい指摘されていますが、私は、この「組合方式」こそ、最大の問題であり、逆の立場に立てば最大のミソであると考えています。


昨年の6月議会「一般質問」において、私は次のようなやりとりをしています。(市議事録より抜粋)

○4番(佐藤真和議員) ※前半省略
3.この問題の最後ですが、補助金を入れる市の責任、そして市長と特定業者のかかわりについて伺います。

@再開発組合設立認可以後、組合の正式な会議は何回開かれ、そのうち市の職員が出席した回数は何回でしょうか。また、延べ何人の職員が出席されてきたのでしょうか。

A再開発組合により会議録は作成されております。けれども、市は保有していません。
ここに、5月2日付の市長名の非公開決定通知書があります。文書不存在による非公開です。持っていない根拠を明らかにしてください。
府中市、調布市、相模原市と同様の枠組みで再開発事業に取り組んでいる自治体では、どのような扱いになっているでしょうか。東村山市の場合も、速やかに議事録は保有して、開示へと改善すべきだと考えますが、見解を伺います。


○都市整備部長(小嶋博司君)
@ですが、組合設立後、平成17年5月現在で、組合の正式な会議としては、総会が2回、理事会が37回、評価・補償部会が9回、権変部会が22回、審査委員会が4回開催されております。市の職員は平均して2名出席をしていると思いますので、延べ人数でいきますと150人という計算になります。

次にAですが、組合は市の機関ではありませんので、組合の会議録を市が保有していなければならないわけではありません。組合では会議録を作成しておりますが、すべての会議に職員が出席しており、特に指導監督上、過去の会議録の提示を求める必要が生じたことは、現在のところありません。市では会議録の保有をいたしておりません。

他市の再開発組合がどう取り扱われているかにつきましては、それぞれ各組合の判断でありまして、当地区につきましては、市として会議録だけを殊さら公開するように指導することは、現在のところ必要はないと考えております。

ただ、土地開発公社が組合員になっておりまして、幹事ということでありますから、公社が会議の席で、総会の席で配られたものについては、公社の規定で開示ができるようになっております。この場合は総会(の議事録)であります。

※後半略



市長と特定業者のかかわりについても一貫して追いかけてきましたが、それはまた後日まとめて記します。
このやりとりの前提となったのは、私が市に組合理事会会議録の開示請求をしたら「持っていない」と言ったからでした。例示した3市に問い合わせたところ、「もちろん保有しているし、求められれば当然開示する書類ですよ」と明快に担当が答えてくださいました。それで東村山市はこの答弁です。

今から10年ほど前までは市施行を前提に来ていたものが、どこかの段階で組合施行方式になったわけですが、16年春に正式に再開発組合が発足するまでは実態として明らかに市のリードで進められましたし、その後も現在に至るまで、市が深く関与してきています。

事業はすでに準備不足・段取りの失敗・コンサルタント会社の質の問題等から3年近く遅延しており、金利も上昇に転じ、工事による安全確保策さえ明らかになっていません。今後事業費が膨らまないと考えるほうが不自然でしょう。
「コープとうきょう」は業績もさることながら、クリーンさがウリでしょう。本当にこんな不透明でおかしなことだらけの事業に参画して大丈夫なのでしょうか?
2階を含めた商業床の売り場面積と大店立地法による制限の関係も未だ整理されていません。
ビルだけでも、実は問題山積です。

そして、全国的に枚挙に暇がない「失敗・破綻」の懸念。
最終的にうまくいかなかったときの責任を誰が取るのかという最も肝心なところは、実は今でも玉虫色のままです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日のブログを拝見して、市が議事録を保有していないというのは、大変な問題だとわかりました。後で問題が起きたとき責任の所在を検証することが難しくなりますし、市は支出する内容についてきちんと検証する意思がないと取られてもおかしくないのでは。
あまりにも不透明な事業の進め方に怒りを覚えました。
 このブログによって、今まで無関心だった市政にも随分関心が湧いてきています。次の市長選で市民の声を思い切り反映させたいと願っています。
 
うさ吉
2006/10/25 00:32
うさ吉さん 書き込みありがとうございます。

おっしゃる通り、今回の仕掛けは、ルールを甘くし、責任の所在を曖昧にしているだけだと考えています。
この地域や役所を取り巻く人間関係やパワーバランスに精通した人物が考えたとしか思えないシナリオが随所に見られるのが今回の特徴でもあります。
一部の人たちが書いたシナリオを、いかに市民参加で作ったように見せるか、という側面もあります。

引き続き調べてご報告してまいります。
お気づきの点など、いつでもご一報ください。
まさたか
2006/10/25 23:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
組合方式という「仕掛け」 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる