なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 市長の熱き思い

<<   作成日時 : 2006/10/12 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

決算委員会3日目が終わり、残すところは月曜日だけです。
一昨日も書きましたが、わが市のトップリーダーは14万7千人もの市民が暮らしているこのまちの現状にどうして肯定感をもてないのか、不思議でなりません。その負のイメージを西口計画で払拭しようとしていること自体、悲壮感さえ漂って、なんだかおかしな話です。
市長がどんな思いで西口を進めようとしているのか。以下の発言である程度わかっていただけるのではないでしょうか。以前も一部取り上げましたが、改めて掲載します。今年3月議会で私の質問に答えたものです。やりとりの全文はコチラでご覧いただけます。お時間のある方はどうぞご覧ください。尚、発言中に出てくる「先祖返り」については、こちらを目にされてのものと思われます。

○市長(細渕一男君) 大変御心労をおかけしておるのは事実でありまして、足元の、目先のことだけ考えて展開したら、御質問者のような方向もあろうかとは考えますけれども、それでは、やはり東村山のあしたはないでしょうね。
私は、ある意味では、今、具体的に見ましても、16年度、17年度の交付金が18億5,000万円も削られたと、これが緊急財政対策を考える大きな動機になっております。これはみずからの自治体に力がないから、そういう状況が生まれてきているのは事実であります。
この辺をしっかり考えていただいて、ただ事象だけとらえてものを言われますと、いかにも私が先祖返りした、本当に何にも考えもない、名誉と欲だけでやっているような雰囲気です。とんでもない話、14万6,000市民の皆さんと……(不規則発言多し)判断基準の、思考基準の判断が違いますから、そういう考えもあるでしょうけれども、やはり、人の話を聞くということも大事ではないでしょうか。自分のことだけで、あとは全部、それを批判するような人は、本当にプラス思考でものを考えているのかなとつくづく思いますよ。いい悪いの判断が自分だけですから、それでは絶対だめですね。

私は、おかげさまで平成7年5月1日から市役所へ入ってまいりました。
そして、我が東村山市の未来永劫に光を持ったまちとしてやろう、こんな思いから、るるいろいろやってきましたけれども、おかげさまで長年の懸案であった我が東村山市の核となる東村山市の中心になる駅をしっかりと核として、東村山駅、久米川駅、秋津駅を核として、我がまちをよくしよう、こういう信念のもとに、総合計画やらいろいろな、るるの計画の中に位置づけて、そして、市民の皆さんにもちゃんと訴えをし、議会で承認をもらって進めているわけであります。
私だけがやっているわけではありません。いかにも私が、本当に申しわけないけれども、無能な何もしないような状況で、批判的なことだけを繰り返しやっている人たちには考えられない。本当に市民のことを考えているのか。それは、全部が全部100%いいとは言いません。言いませんけれども、百年の計といいましょうか、我がまち、これからも未来永劫に存続するにはですね、ある意味では、我が東村山市を、これからしっかりと力強いまちをつくっていくには、今、大変厳しい中でありますけれども、ちゃんと財政計画やら、また緊急財政対策やら、このようなものをしっかりと、今、進めておりますので、その中でも一山越えて、本当にこの税収の上がる、担税力のある、体質のしっかりとしたまちをつくり、そして、真の福祉がそのことによって他市にまさるとも劣らないような福祉ができる。

今は、東京都や国にお願いをし、また、関係の近所を見据えながら、本当にこの福祉にも自信のないような福祉を進めるような状況というのは、ある意味では、これでは東村山のこれからは危ないだろう、こんな思いでありますので、ぜひ御理解をいただきたい。

そして、西口の問題は、ある意味では、これは大変な大事業でありますので、東村山市にかつてない大事業でありますから、大きな御心労をかけますけれども、これを成し得たときに大きな東村山の、この活力に向かっての起爆剤となる相乗効果が出てきて、道をつくり、拠点をつくり、そして、思いやりのまちがつくる大きな、その税収という大きな力が来たときに、他に負けないようなきらっと光る、ほかには負けないようなまちにしていかなければいけない。

座して流されたら、うちは本当に何年か先には危ないだろう、私は身をもって感じておりますので、ぜひその辺にも視野を置いていただきたい。
余りにも近視眼的な発言でものを進めていきますと、本当にこれから先が危ない、こう考えておりますので、ぜひ御理解いただきたい。

詳細については、今、所管からるるお答えしましたから、そのとおりでありますが、決して間違ったことはいたしておりません。皆さんのお考えの、いろいろな考えがあることは重々承知の上であります。

ただ、私は先祖返りではありません。無能で、皆さんの言うような判断のところにうろついている人間ではありません。
これから先を、今、現状をしっかり確認し、過去を検証しながら、今を見ながら、そして、中・長期的な立場で東村山市をどう導いていくか。
私は平成7年から預かった自治体をどうするか、大きな責任がありますので、これらを踏まえてやっておりますので、大局的な答弁になりますけれども、ぜひもう少しキャパを広げて、御質問者もぜひお願いしたい。
批判するのは簡単であります。しかし、それに対する代替を、では、東村山の財源をどうするのか、これからどうしていくのか。
今、あるものを削り、あるいは、あるものを食ってしまうのは簡単であります。それ、何年もつかわからない。そんな状況の中で、越えても、やはり活力の出る起爆剤になる事業は大変だけれどもやろう、こういうことでありますので、ぜひ深い皆さんの協力をいただかないと非常に難しい。
1点の批判やいろいろなものをとらえて発言するのは簡単であります。しかし、皆さん、その陰には地権者の皆さんを初め、多くの皆さんが真剣に汗を流し、熱い思いで、今、進めておりますので、ぜひ温かく見守っていただきたい。

そして、我が東村山市市役所の、いかにも何人かが、例えば、電話の応対が悪かった。それをとらえてすべて職員が悪いような状況っていうのは、決してない。
真剣で取り組んでいればこそ、今、この財政でも予算を立て、企画をし、そして、皆さんにお訴えをして、続けているんではないですか。福祉もそう、あるいは、教育もそう、スポーツもそう、文化もそう、真剣にそれぞれの職員が取り組んでいるからこそ、今があるんじゃないですか。
いかにも、電話の応対が悪かったからすべてそれが職員が悪いような雰囲気の中で、あるいは、総務部長初め、関係の皆さんが人材教育に真剣に力を注いで頑張っているんですよ。そういうこともあることを承知して、これからも御発言いただきたい。
ぜひ職員のやる気のないっていうのも、ある意味では、評価をしながらお互いにやっていかなきゃいけないではないでしょうか。

欠点だけを指摘をして、それでいくということは、まあ、この発言というのは、鏡に向かって発言しているようなものですから、その辺をしっかりとわきまえて、これからは発言していただきたい。そんな思いであります。

ぜひ、この議員の先生方、そして事業者、また職員も一丸となってやりますけれども、我が東村山市が一番、今、大事なときを迎えておりますので、ぜひ深い御支援を心からお願いするところであります。何はともあれ、全責任は私でありますけれども、プラス思考でのお互いに意見の交換ができることを深く望んで答弁とします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>人の話を聞くということも大事ではないでしょうか…いい悪いの判断が自分だけですから、それでは絶対だめですね。

やー。
そのままお返ししたいようなお言葉ですねw
もっと市民の声を聞けと、申し上げたいです。
りうママ
2006/10/13 19:03
りうママさん ありがとうございます。

>もっと市民の声を聞けと、申し上げたいです。

「聞かなくてもわかっている。」と市長は言うんですよね。6月議会のやりとりを新たに載せてみます。
「市民の声を聞いてください」というのが、西口だけでなく、あっちでもこっちでもの市民の声だと思うのですが…。
まさたか
2006/10/15 08:49
いやはや、立場が違うとすごいモンですね。駅前にビルが建てば、栄えるなんていまどき聞かない話。私の住んでいる青葉町ではとても遠い話だけど、市民の税金をこんな与太話で使われるなんて。市長は人の話を聞くのが怖いんですよね。署名がんばりましょう。
りょうちゃん
2006/10/16 08:35
りょうちゃんさん 書き込みありがとうございます。

みんな賛成している!とこの間言い続けてきた市長です。
だったら堂々と自信を持って住民投票を実施できると思うのですけれど。

20分前に、17年度決算委員会が終わったところですが、今回も「法的に問題ないから粛々と進める」と繰り返す市長でした。

署名、がんばりましょうね。
まさたか
2006/10/16 18:54
やりとり全文・・・読みました。『三菱地所の扱う物件は、関連子会社の三菱地所設計』三菱地所の扱う物件は、施工は東亜が最近かなり有力です。西武鉄道が通っているようですが、地下は西武で馴らし、うわものは東亜が行くという出来レースに感じます。
るーち
URL
2006/10/22 01:16
るーち様 書き込みありがとうございます。
貴ブログ、大変興味深く読ませていただきました。
と言うよりも、理解不足で教えていただきたいことがたくさんあります。

ご指摘の西武と東亜のシナリオ、やはりそうなのですね。
実は先日、全く同じことを、建設業界の方から伺いました。
今回、併設される地下駐輪場(市発注)は西武JVが同額抽選により取りましたが、外れ1位は東亜JV。
本体ウワモノ(組合発注)は東亜になるだろうと言われています。
まさたか
2006/10/26 02:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
市長の熱き思い なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる