なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS どんどん怪しくなる西口推進の根拠                        一般質問報告 その@

<<   作成日時 : 2006/09/15 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

3日間の一般質問が終わりました。市長の答弁はもう報告する気にもなりません。大勢いらした傍聴者のみなさんはどういう思いでお聞きになっていたのでしょう?
私への答弁の中で市長はこう言われました。「佐藤議員も相当戸惑っておられるようですが…」「ちょっと冷静になっていただいて…」そのまま熨斗をつけてお返しするだけです(苦笑)。
私の質問とそれに対する答の主なものを記します。※再質問と再答弁があるものは合わせて記します。また、私のミニ注釈は緑字で。


Q1)特定業者(東亜建設工業)と今も関係があると言った再開発組合事務局長と、6月議会で「関係ない」と答えた東京都と東村山市。その後、東京都から指摘があったと聞くがどうなったか

A1)以前の覚書が生きていると事務局長が勘違いしていたことがわかった。都にもそう説明して理解を得た。


Q2)駅前広場と道路の形状はなぜ不自然なものに変わったのか?また、北側に隣接する商店などからは近隣を無視して決めたと批判の声を聞くがどうか。

A2)昭和37年に都が決めた道路線であり、不自然とは思っていない。近隣には説明をしており、批判は聞いていない。


Q3)路地の奥に100mクラスのビルを建てた事例は?
狭隘対策と言うが、かえって危険になるのではないか。
15年2月の都市計画審議会で
@ヘリポートを作る
Aビルは屋上緑化する
Bビルは景観に配慮して丸みを帯びさせる
C投資効果は年間1億5千万円など答えているが、実際と違うのではないか?
D踏切も「立体交差化する」と答弁してきたが、西武鉄道にその予定がないのではないか。
E西武用地内の駐輪場返還話はその後どうなったか?

A3)大阪府泉佐野市や浦和駅東口が似ている。危険になるとは認識していない。
@ホバリングスペースを作る予定である。
A4階と26階屋上を緑化する。 ※ええっ?100m屋上の緑化って…
B親しみやすい外観になっている。 ※どこが?
Cこの間答えている通りである。
D西武と基礎調査中である。 ※新宿線にその予定は全くないと聞いてます。
E変更はない。 
※今の駐輪場を返してくれと西武に言われたのは、何年も前のこと。その後、西武鉄道自体の状況が激変しているのだから、駐輪場の残存を含めて再交渉すべき。でもやらないでしょう…



Q4)駅前整備ではなく店前整備ではないかと言われている疑問について
@組合理事長、副理事長、事務局長が揃って再開発ビルに入らない理由と経過について。
A副理事長(お茶屋)と事務局長(和菓子屋)の間の狭い道は17年3月に廃道扱いとなっている(現実には使っている)。道路のままであればセットバック(道路幅4mとなるように土地を提供)するべき場所のはずだが、取り扱いがおかしいのではないか。
B地権者の権利調整に部長が直接関わってきたと聞くが事実か?

A4)@再開発の道路用地にかかるので地権者である。狭くなった残地で営業される。2名は転出予定と申し上げてきたはずだ。
A道路幅4m未満の場合はセットバックが必要だが………、今後、市の財産として近隣に払い下げる予定である。 ※問いと合わない答え方が気になります。補償の仕方に疑問が残るので、続きは10月の決算委員会で。
B道路用地の権利調整は道路交通課の仕事であり、その責任者の私が関わるのは当然である。
※そんなこともちろん知ってます。道路じゃなくてビルへの権利変換を聞いているのに、これも答え方がおかしいですよね。


Q5)商業床について
@ビル1階に入る生協はどういう立場か。
A駅に直結するスーパーとなる生協の店では、誰もが自由に買い物できるのか?埼玉県の方はどうか?
B売り場面積はどれくらいか。
C物品販売の店が2階にも入ることは可能か?
D費用便益3.95の算出根拠にこの店は入っているのか?

A5)@コープとうきょうはビルの中に権利変換する地権者である。 
A一定の地域内にお住まいの方、勤務されている方、そういう対象の人が利用できる。
Bバックヤードを含めて1,439uで、売り場面積は検討中。
C今のところ飲食が入る予定だが、可能であると考えている。
Dそのとき議論されていて入っている。

Aの再Q)コープとうきょうは組合員にならないと使えないし、都内在住在勤者しか使えないのではないか。駅直結の唯一の店舗がそういうことでいいのか。また、生協の担当者は、売り上げ予測などを再開発組合に示したことはないと言っているが、どうして経済効果の算出根拠に入っているのか?
Aの再A)(コープ利用者の範囲は)おっしゃる通りである。
(経済効果3.95の算出時には)一般的なケースを想定して算出したものである。
※そりゃ明らかにおかしい。実態を全く踏まえない夢想の数値であることがまたはっきりしてきました。それに「その通り」とはどういうことでしょう。生協は、生協法によってかなり厳しく規制されています。実態はだいぶゆるくなってますが、法律上は誰にでも売ってしまったら罰せられることになっています。


Q6)除去工事に伴うアスベスト問題について
@含有量を含めた実態と、近隣住民や駅利用者への説明を含めた対策は?
A解体費用増額分は136億円余の総事業費に含まれているのか?

A6)@現在調査中、費用も積算中である。近隣住民への説明会も開催する。
A1億4千万円の解体除去費用に入っている。


Q7)工事について
@工事中の西口駅前はどのようになるのか?バスもタクシーも乗り入れるまま地下駐輪場とビル建設工事を行うことは極めて困難だと業界新聞にも掲載されていた。歩行者通路はどう確保し、市民の安全は市としてどう確保するのか。
A工事計画はどうか。地下駐輪場建設で伴う搬出土砂は何立米でダンプ何台分か?
B工事について警察から受ける許可は何か。大量の工事車両の待機場所はどこか?
C工事車両通行ルートにあたる美住、廻田、野口では、不安が大変大きい。一日も早く市の責任として説明会を行うべきである。

A7)@工事の方法については現在調査中である。
A搬出土砂は18,000㎥。
※ダンプカー何台分なのか、と質問通告してあるじゃないですか、と問うたら、ダンプの大きさによりますからね、だそうです。普通に見かける大きなダンプは10tでしょうか。だとすると1,800台!?いやいや10tは積まないでしょうから、土砂を出すだけでいったい何台必要?詳しい方がいらっしゃったら教えてくださいませんか。
B今後警察と協議する。
C市の責任として逐次説明を行う。

※答弁は私のメモの範囲ですので、正確なものではありません。議会事務局で録音したものを聞かせてもらうことも東村山市議会ではできないので、3か月先まで発行されない議事録を待つしかない状態です。

Q8からQ11はそのAで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
えーと、搬出土砂は18,000㎥。10tダンプだと“ほぐし土砂”なので標準概算すると『3170台』くらいでしょう。
るーち
URL
2006/10/22 00:43
文字ボケすみません。18,000㎥です。
るーち
2006/10/22 00:48
ダメみたいです。すみません。18,000立方メートル(リュウベ)です。
るーち
2006/10/22 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どんどん怪しくなる西口推進の根拠                        一般質問報告 その@ なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる