なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 何のため?誰のため?西口地下駐輪場

<<   作成日時 : 2006/09/25 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明後日27日(水)、東村山駅西口地下駐輪場について、建設工事業者と契約を交わすための議案が審議され、結論が出されます。私は以下の質問を事前通告した上で、この議案には正面から反対をします。
1.現計画に決定した経緯、根拠について
@1,500台収容の自走式地下駐輪場を選択した理由と経過について、改めて明らかにしていただきたい。
Aこの計画の根拠となった調査業務を委託した会社はどこで、いつ、どのような選定の上で決定されたのか。
B1,500台は過剰見込みではないのか。根拠を説明されたい。東口駐輪場を利用している西口在住市民までカウントしたり、他の駐輪場への移動を希望している台数まで算入したのはなぜか。
C放置自転車対策のためにもと言うが、放置自転車が発生する原因をどう分析しているのか。有料地下駐輪場が放置自転車対策に有効だというが、見通しを示されたい。
D基本設計を担当した会社はどこで、いつ、どのような選定の上で決定されたのか。
E16年3月に行われた説明会には、どのような立場の方が何人出席されたのか。そこで出された意見にはどのようなものがあり、市やコンサルはどう答えたのか。
その中で、以後の検討・見直しの可能性を尋ねた参加者に対して、市はなんと回答したのか。これ以後、提起された問題について提起した側を交えた協議等はおこなったか。なぜ再度の説明会を行わずに、同年秋に都市計画決定を行ったのか。
西口周辺で民間駐輪場を営む方々とは、「理解を得るように協議を続けている」旨の答弁が再三あったが、いつ、どのような話し合いを重ねてきたのか。それぞれの方は、現段階でどのようにおっしゃっているのか。

2.入札経過及び結果について
@入開札が1か月以上延期されたが、当初の公告から今日までの経過を明らかにしていただきたい。
A今回の予定価格はどこで、どのように決められたのか。誰が算出したのか。
B2社全く同額(5億6,084万でくじ引きによる決定となった結果をどう見ているか。
C今回の入札参加業者のうち、それ以前に市の担当者が直接会ったことがある事業者はどこか。
D予定価格のちょうど80%で落札しているが、今後、設計変更等により追加工事が発生することは想定しているか。その場合の適否はどこで判断するのか。
Eこの落札結果(業者)が、除却工事、ビル本体工事等、今後の組合発注案件に影響を与えることを懸念するが、そのようなことにはならないか。

3.工事計画について
@工事のシミュレーションはどこで検討されたのか。
A工事車両については、予定価格(7億3,611万3千円)算出時に、車両の種類、大きさ、台数はそれぞれどのように見積もられていたのか。
B交通保安要員はどうか。人数、時間、場所、期間について。どこにどのような役割の人員がどれだけ立つのか。現在危険箇所として具体的に想定している場所があるはずなので、具体的な地番と想定される危険をあわせてお答えいただきたい。
C工程を明らかにされたい。約半分を先に行うと聞くが、工事中の歩行者、バス、タクシー、送迎の車の導線はどうなるのか。極力わかりやすい説明を求める。
D沿道の騒音、振動対策はどうするのか。最近も野口町内で補強工事を行ったはずだが、工事車両による道路や周辺建物への影響はないのか。西武バスとの協議はどうなっているか。
E警察との協議はいつどのような点について行うのか。必要な許可はなにか。
F建築確認は、いつ、どこに対して申請するのか。

4.完成後の利便性、安全性、経済性等について
@一日の利用者数の想定を時間帯別に明らかにしていただきたい。
特に、平日朝7時から9時頃までの利用状況をどう見込んでいるのか。
出入り口A及びBは、それぞれピーク時には1分間あたり何台の利用者を見込んでいるか。
西口駐輪場については、都道(バス通り)以北の利用者が全体の68%というデータを市は公表しているので、とりわけ入口Aに向かう人と自転車の流れについて、どのように想定しているかお答えいただきたい。狭くくびれた広場入口付近の車の流れを考えると、大変危険だと考えるが、朝7時から9時頃までの想定をご説明願いたい。
また、利用する市民は、どのような流れで改札口まで行き着くのか。
A現在の駐輪場は、結局どうなることになったのか。
 特に、西武鉄道用地を使っている第1及びコイン型駐輪場は使えなくなると答弁されてきたが、変更はないのか。西武に確認の上、お答えいただきたい。民有地を借りている他の駐輪場も含めて、継続利用を可能とした方が、市民にとっても西武や地主にとっても利益になるのではないか。
B防犯・防災上から、地下は大きな問題を抱えている。懸念される課題と対策を明らかにしていただきたい。
 特に、死角が多くなることへの対策、短時間集中豪雨への対策については、具体的に示していただきたい。
C利用時間はどうなるのか。現在の方式のほうが、生活が多様化している利用者にとってよほど便利なのではないか。
D管理コストは年間いくらかかるのか。防犯費用や常時点灯、EV等から発生する光熱費など、想定される項目と内訳を明らかにされたい。
 現在、西口周辺の駐輪場にかかっている維持管理コストは合計年間いくらなのか。
 報告書で管理体制にふれているが、常時何人が必要なのか。
また、使用料収入はどう見込んでいるのか。
E民間にできることは民間に、と直近の市長通達にもある中で、なぜ未来永劫にわたって管理コストが発生する自前の駐輪場を築造しなくてはならないのか。
 市民にとっての使い勝手、駅前の安全性(特にラッシュ時)、遊休地の有効活用、市民の回遊性、築造にかかる巨費、維持管理コストの抑制、どれ一つをとっても、現在のままの方式をやめてこの計画にすることでプラスになることはないのではないか。
 市民を納得させるだけの答弁を求めたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何のため?誰のため?西口地下駐輪場 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる