なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 欠乏マインド

<<   作成日時 : 2006/09/18 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

とにかくこちらをご覧ください。この東村山4丁目さんは、民主党支持、政権交代のためならなんでもする!とどこでも名言しておられる熱い方です。そして今、このまちに風を吹かせつつある「西口再開発は住民投票で決めましょう!」の運動において、欠くことのできない大事な存在です。
4丁目さんが書いておられるブログで、まさしく「わが意を得たり!」の記述を見つけました。
「欠乏マインド」。
まさしく珍妙な西口計画に血道をあげる市長に対して私がずっと感じていた強い違和感、絶望感は、このマインドで説明がつきます。
えも言われぬ劣等感」という表現を、昨秋の本町樹木皆伐問題に絡めて書きました。
東村山市行政のあらゆるシーンに垂れ込める重たい雲。
分岐点という記事も改めて読み返すと、間違いなく今の状況に通じています。

「財政が枯渇している」と市長自ら宣言している現実を前に、私が日々実感していることを一言で言うと…
「本当に枯渇しているのは、マインドであり、人材だろう」ということです。
10年かけて人が育たない職場にしてきたのは、とりもなおさずトップリーダーの資質の問題というほかありません。

さて、西口駅前地下駐輪場の建築工事契約に関する議案が、議会最終日の27日(水)午後にかかる予定です。
私はあらゆる面で本当に心配をしています。
工事内容も安全策も入札の不自然さも、きっとなに一つクリアになることなしに、市は提案をしてくるのでしょう。
子どもたちやお年寄りや車椅子の皆さんの命より、何かの事情で後に引けなくなっている工事契約を最優先しようとしている東村山市。
まさしく異常というしかありません。

4丁目さんのブログから転載させてもらいます。

『SCSEのSは「セーフティ・安全性」、Cは「コーテシー・思いやり」、次のSは「ショー・見た目やエンターテイメント」、最後のEは「エフィシェンシー・効率」です。
そして、大切なことはSCSEの優先順位です。安全を最優先させなくてはなりません。効率、つまりアウトプットされる結果は最後の最後に考えなさいということです。』

東村山市には、明石市やふじみ野市で幼い子どもが犠牲になった教訓など、まったく生かされないのでしょうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもながら歯切れのよい論調ですね。私の地元青葉町・恩多町もやっと説明会にこぎつけました。9月30日午後7時からですが、どのくらい集まるか解りませんが、がんばってみますね。  
青葉太郎
2006/09/19 18:49
>この東村山4丁目さんは、民主党支持、政権交代のためならなんでもする!とどこでも明言しておられる熱い方です。

確かにその通りですが、私が支持しているのはあくまでも民主党の基本理念であり、基本政策です。

過去7回のミニ集会で毎回同じことを言われました。

民主党は東村山市与党とは対峙していないのか、市長派なのか?
民主党支持者は、反自公であるからこそ民主党に一票を投じたのだ!と・・・

残念ながら、私は市政レベルの民主党には失望しています。民主党の全議員は小沢一郎の本ぐらいはお読みなのでしょうか?

聞いてみたいものです。
東村山4丁目
URL
2006/09/19 22:41
青葉太郎さん 書き込みありがとうございます。
先日、富士見町で偶然出会った60代後半の男性から「チラシがうちにも入っていたよ。恩多町に長いこと住んでいるんだけど、あそこに書いてある通りだとオレも思う。がんばってくれよな!」と声を掛けていただきました。
みなさんがコツコツ積み上げてきた努力が、確実に何かを変えようとしているのではないでしょうか。
ほんとうにいろいろな考え方の方たちが、お互いの違いを認め、超え、動き始められたことは素晴らしいことだと日々感じています。
希望を持ってがんばりましょうね。
まさたか
2006/09/20 19:00
4丁目さん 日々のご奮闘に敬意を表します。
なんでもする!は不適切だったかもしれませんね(苦笑)。すみません。

27日(水)の「東村山駅西口 地下駐輪場建築工事契約議案」審議は、私たち議員一人ひとりが、どれだけリアリティをもって中身を考えられるのか、ということが大きく問われる瞬間だと思っています。

今日配布された議案書の中身は、超あらあらの概要と、入札調書、超簡単な概略図面だけです。
これだけで賛否を問おうという感覚が私には理解できません。
何にもわかりませんから…。

明後日5時までの質問通告書には、議案に賛成か反対かを記入して出すようになっているのですが、これで賛成に○がつけられる会派は、よほどの情報を水面下で与えられて、安全対策などにお墨付きを与えるだけの根拠をすでに持っているということなのでしょう。
でなければ賛成なんてできるはずのない議案書です…。
まさたか
2006/09/20 19:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
欠乏マインド なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる