なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱりね。これじゃ何にもわかりゃしません。

<<   作成日時 : 2006/08/18 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

住民投票実現への第一歩。いよいよ明後日20日(日)は、地方自治法第74条で認められている「直接請求」へ向けたスタートの日です。午後1時半からの 「市民のつどい」 が開かれます。市民センター別館に2階にぜひぜひお越しください。
細渕市長は、西口再開発について答弁に窮してくると「私が市長選挙で選ばれたということは、進めてくれということだ」と述べ、「法的な手続きは踏んできたから一切変更するつもりはない」と昨年12月の説明会でも300名の市民の前で言い切りました。
ということは、市長は3年前の市長選で、西口再開発計画の中身について、何のためにどれほどの税金を使うのかということくらいは、最低限の情報として伝えていたはずです。

ということで、3年前の市長選挙の選挙公報です。

画像


当時ちゃんと見た記憶がないのですが、改めて見てみると、ある意味すごい公報ですね…。
う〜ん…確かに3年前のものなんですけどね。
公報くらいどんな出来であっても負けるわけないという満々の自信も感じますけど、具体的な施策はゼロです。
もちろん財政の目標数値もなければ、西口の「に」の字さえありません。

では、と思い、細渕陣営(「リフレッシュ東村山の会」という団体)が市長選挙法定ビラ第1号として出したものはどうでしょう。(以前ブログで、持っていらっしゃる方は?とお願いしたところ、ご連絡いただきました。ありがとうございました。)

画像


3月に都市計画決定された、とあり、超高層ビルが建つみたいだ、ということは一応わかりますね。
ただ、「東京都の審議会で環境や景観への配慮を含め審議され…」というのはどうなんでしょう?少なくとも、その前段としての市の審議会(2月13日)の審議がいかにいい加減だったかということは以前書いたとおりです。都の審議会記録もすぐに確認してみましょう。

そしてやっぱり、税金をいくらかける事業なのか、どんな中味なのかなどは一切ナシ。
地下駐輪場は選挙後に待っていたかのように突然浮上、新たなハコモノ計画も二転三転してこの後出てくるのです。

これで、市民の審判を仰いだとは言えるんですかねぇ?

それにしても、ビルのイラストの下にある言葉は最大の公約破りですね。
「これからも一党一派に偏らず、常に生活者としての市民を大切にする市政をすすめてゆきます。」
今やブラックジョークとしか思えません…。

市長は、気に入らない団体とは会わないようになっていますし、批判を浴びそうな説明会などにもすっかり顔を出さないようになっています。
昨年12月の西口説明会で市民の怒りを買って以来だよ、とある職員がこぼしていました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっぱりね。これじゃ何にもわかりゃしません。 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる