なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 都市計画決定した事業を、市民の力で止めたまち

<<   作成日時 : 2006/08/16 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

東村山市民6人で、千葉県袖ヶ浦市にお邪魔してきました。
市施行で予定されていた袖ヶ浦駅北側地区の区画整理事業に、住民投票によってストップをかけた「街づくり研究会」の中の3人の方が、袖ヶ浦市民会館で待っていたくださいました。
袖ヶ浦市でも「悲願」「今を逃せば未来永劫できない」「中心核の整備」「活性化」などと、東村山とそっくりのキーワードで市は事業を進めようとしたようです。
「他で破綻している例がいくつもあるではないか」と市民が問うても、「袖ヶ浦市は大丈夫なんです」と言っていた、ということころまで同じです。
「納得できる根拠なんか示せないのに、ですよ」と研究会の方は苦笑されていました。ここも同じです…。

袖ヶ浦市は財政力指数が1.4もあり、千葉県下ベスト3に入るそうです。そんな財政が豊かなまちでも、税金の無駄遣いは許さないという市民の声は猛然と高まっていったそうです。
東村山市の17年度決算(暫定値)での財政力指数は0.84です。
これを1にするために、つまり財政を好転させるために、今こそ西口再開発を筆頭とする「都市基盤の整備(道路や駅前開発)」を!というのが東村山市が掲げる大義名分です。

一昨日の晩、廻田町の金山神社で行われた夏祭りの会場で、同町に住む細渕市長は次のように挨拶をされていました。
「みなさん!西口再開発や本町都営跡地の住宅開発が行われた暁には、ここが東村山かと見まごうばかりの素晴らしい街になります。」

多くの市民は、今後の財政見通しの数値も示さずにそんな無責任な発言を繰り返す市長の姿に、疑問と不安ばかり感じていらっしゃるのではないでしょうか。

そうそう、市報で突然募集された「西口再開発ビル内に市が税金で買い取って始めようとしている健康施設」の市民検討委員。
どういう経過でそんなことになったのですか?と市の職員何人もから尋ねられるほど、庁内でも疑問の声が挙がっている ので、積み上げの経過を知りたくて関連資料を情報公開請求していたが、「庁内推進室」の会議資料8回分と、募集要項なるものが手に入りました。

「呆れ果てて口あんぐり…」というか「やっぱりこんなこと?」の世界については、また明日。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
都市計画決定した事業を、市民の力で止めたまち なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる