なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 市民連絡会がスタートしました!

<<   作成日時 : 2006/08/07 11:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

土曜日(5日)のあつまりには、暑い中、また様々なご都合もある中、35名の方が参加されていました。中には、「あつまりを知らせるブログ を見て初めて知ったので来ました」という若い方もいらっしゃいました。
3時間半にわたって学び、議論し、今後の方向を話し合いで決めることができました。 「みんなで決めよう!東村山駅西口再開発 市民連絡会」のスタートです!

91億円もの税金を一気に注ぎ込む事業は、東村山史上初めてです。
にもかかわらず、ほとんどまともな議論をせず、情報も問われなければ出さないという姿勢を貫いてきた東村山市。
まずは全市民が、自分たちの税金が使われ、将来にわたってどれだけの借金を背負うことになるのか、事業の将来像はどうなるのか、ということについて、正しく知ることが何より大切だと思うのです。

この日、本当にお忙しい中、私たちの無理を聞いてくださり駆けつけてくださった中川浩狭山市議。
画像

まず、東村山と同じく、巨額の税金投入が予定されている狭山駅西口再開発問題について、「住民投票で決めましょう!」という運動を展開されている「狭山まちづくりネットワーク」の取り組みや、入間市との合併を白紙に戻した一昨年の住民投票の取り組みをご説明してくださいました。
「もう決まってしまっている。今さらどうしようもないんでしょ?」という空気が支配的だった中からスタートした合併を問う住民投票運動。
「じゃあこのままでいいんですか?」と一人一人の市民に問い続けて、ついに住民投票を実現。そして結果は43,000対19,000という圧倒的大差で合併拒否を選択した狭山市民。

「私たちの目的はたった一つ。反対することではありません。
見直しを実現することです。」
「あきらめるわけにはいきません。今しなければならないことは何か、そして、してはいけないことは何か。市民の願いは何か、を繰り返し繰り返し訴えていきましょう。」
そう語る中川さんの話に、参加されていた皆さんが元気をもらったのではないでしょうか。

見直しの中身については、市民それぞれの考え方によっても、情報によっても、お住まいになっている地域など条件によっても異なるだろうと思います。
しかしまず、今のような不透明なまま、見通しも示せないまま、市民の声に全く答えないまま進めることはやめてほしい。
その一点で一致できる多くの方たちとともに、私もがんばっていきたいと思っています。

ぜひ8月20日(日)のあつまり、そして「みんなで決めよう!」の運動に、それぞれのできる範囲で、できるスタイルで、動き出してみませんか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
市民連絡会がスタートしました! なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる