なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 「市民の理解は得られた」と市長語る

<<   作成日時 : 2006/06/10 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一昨日の西口再開発に関わる質問と答弁の要旨を記します。
※答弁を聞きながら必死に走り書いたメモがもとなので、あくまで概略です。&それでも長文になることをお許しください。
1.市民に開かれた財政計画を早急に明らかにせよ
2.財政難と問題点をふまえ、西口再開発は一旦凍結、大幅な見直しを
3.全国的に頻発する談合問題と当市の対応について

の3本立てでしたが、ここではひとまず「2.西口再開発問題」について。

1.現在の進捗状況について説明願いたい。
都市整備部長)
4月27日に組合臨時総会を開き、権利者全員の合意を確認した。現在、東京都による権利変換認可に向けて都と協議をしている。6月中旬には受け付けられる見込みなので、7月初旬には認可告示となる見通し。


2.この時代、この状況下で、「サイレントマジョリティ(声なき多数派)は賛成だ」と言い切って、何の見直しもしないまま事業開始に踏み切ることについて、市長の見解を改めて伺いたい。市長は、野口町1丁目以外の周辺の自治会長や地域の声を、いつ、どのような形で聞いてきて、どう理解しているのか。
市長)
いろいろな考えがあることは承知しているが、私の選挙の公約に対してご理解いただきお任せいただいたと考えている。
市長になってからは、法律的にきちんと進め、節目節目で全市民を対象にした説明会も開き、貴重なご意見もいただいてきた。
説明会ではおおむねご理解いただけたものと考えている。
地域活性化への強い要望を感じ、長年の思いが私の胸を打つ。
いろいろな課題は、段階的、長期的に取り組んでいくが、駅前の開発は多くの人に受益をもたらす事業である。今年度の工事発注に向けて、行政としても最大限の支援をしていきたい。
また今、座して流されたら当市はもっともっと厳しい状況になるので、自立を目指し、体力のあるまちを作り、安心安全な東村山ができると確信しているので、いろいろあるでしょうけれども、中長期的な立場に立ちご支援いただきたい。


3.3月の施政方針説明でも、「ことに、東村山駅西口再開発事業の推進を重要施策とし」と述べており、市としての最優先施策であることは間違いない。そうであるならば、市のHPでも堂々とトップページからわかるように掲載すべきではないのか。
なぜ未だに不十分で現実を反映していない情報のままなのか。早急に改善を求める。尼崎市の再開発事例に見られるような丁寧な情報提供、取り組みの検証などを当市においてもおこなうべきではないのか。
都市整備部長)
尼崎の場合は、パブリックコメントに対する情報提供という側面があるのではないか。いずれにしても、さらにわかりやすい内容になるよう努めていきたい。


4.昨年12月、本年2月と5月に行われた説明会について、どう総括しているのか。
都市整備部長)
この事業への市民の関心の高さを感じる。
できるだけ多くの理解を得るために開催した。一部、基本論の反対があったことも事実。参加者は3回で600名。回を追うごとに減っていることをどうとらえるかということはあるが、一部課題は認識するものの、理解は深まったと考えている。
今後は工事説明会などで具体的な説明をしていきたい。


5.庁内の公益施設推進室では、その後どのような議論を重ねてきたか。コストはどうなったか。第5次実施計画に包含されてはいるが、位置づけも費用も不明確である。財政計画や保健福祉計画との整合性についてはどう考えるのか。
政策室長)
庁内で拡大会議を組織して、基本的な考え方、コンセプトなどを協議し、具体的な事業計画の検討を行ってきた。市の計画の中で、健康づくりを核とした地域福祉のネットワーク化を図っていく中に位置づけている。
コストについては、開館時間、メニューなど、今後市民の意見を勘案して、21年度のオープンまでに詰めていきたい。
今までにない施設として活用をめざしていて、施策との整合性を図っていきたい。


6.権利変換認可にあたり、事業費超過の場合どこが責任を負うと明記されたか。
都市整備部長)
特に明記されていないが、組合が参加組合員(三菱地所・西武不動産販売)と協議するものと考えている。


7.地下駐輪場について、あらためて規模の縮減を求める。
現在、駅周辺の民間駐輪場には空きがある。新座などでも、需給予測を疑問視されながら大きな駐輪場を建設し、空きがある上に民間を圧迫している。「民間にできることは民間に」という方針からも直営1500台は過剰ではないのか。
都市整備部長)
新座の場合は3504台のうち、利用率74%。新座駅の乗降客が27,300人、東村山駅が42,600人。再開発で消滅する1400台分を考えても1500台は適正な規模だ。
民間駐輪場事業者とは引き続き協議していきたい。


8.準備段階で事業協力者であった東亜建設工業と市、再開発組合はそれぞれ現在はどのような関係にあるか。事業協力者であるか否か。また、東亜建設工業は、東京都における競争入札参加資格「建築工事」における順位は何位か?
都市整備部長)
準備組合段階で覚書を取り交わしたが、現在、実態としての関与は把握していない。
東京都の格付けは、Aランク39位である。


9.景観法はなぜできたのか。景観を大切にするという視点で、東村山駅前に100mビルが出現することについてどう考えるのか。今はベランダや屋上などから見えている富士山や八国山が、ビルにより見えなくなる市民はどのくらいあると予測しているのか。景観法の精神に則った見直しを行うことを求める。
都市整備部長)
平成15年に都市計画決定した際に、制度的には不要だったが、自発的に環境影響調査も行った。都の同意も得ており、問題ない。駅前の立地条件をいかして、駅前広場、都市計画道路等を整備し、機能的にも景観的にも駅前にふさわしい環境を整えて、市民のために整備をしていきたい。


次に再質問とそれに対する答弁です。

Q.東亜建設工業は現在関与していないと答弁があったが、5月30日の説明会後に再開発組合事務局長に直接確認したところ「今でも事業協力者だ」とお答えがあった。
「市はそう言っていませんが」と申し上げたが、「いや、準備組合の時から一貫して協力者である事に変わりはない。どこへそのように言ってくれても構わない。」ということだった。
東亜が組合事務所開設の費用を用立てたり、三菱地所を名乗って社員を出向させていた事は、市は認めないようだが西口周辺の人たちは皆知っている。
そうしてなぜ協力するのか、と言えば、通常はその後を期待した先行投資だと考えるのが普通だろう。
都の再開発担当にも確認したが、「東亜については関与しているという認識は全くない」とのこと。
都の格付けが39位の会社は通常では指名競争入札のリストに入ることは難しいはずなので、「事業協力者だから入れた」と言うために、事務局長は私にそう言ったということではないのか?
公共工事に完全に準じるやり方で当然やるべきで、今の状況は大変不透明である。真相はいったいどうなっているのか?
都市整備部長)
(東亜と組合の関係については)市は東京都と同じ立場である。組合事務局長には確認をしてみたい。
組合施行の再開発は、準備組合段階で事業協力者を選定し、いろいろな面での役回りを務めてもらうことが通常。当組合は違いますけれども…。そういうことが一般の手法である。今日は傍聴人がたくさん来ているのでご説明した。


Q.改めて聞くが、なぜ今回の1.04haは、あのような形状なのか?
区域内の方々がその区域内で営業を続けるためには超高層ビルという形しかない、と常々説明してきているが、実際にはビル内で現在の営業を続ける方はただの1軒もない。
それどころか、一日も早くやってくれと言っている人たちはビルには入らず、ロータリー完成後は駅前特等地になる場所で営業を続ける。
それが組合理事長の歯科医院であり、副理事長のお茶屋であり、事務局長の和菓子屋である。
この3軒がビルに入れば、ロータリーももっと広く使いやすくなるし、工事も安全にできるし、話の筋も通る。
この根本的な不自然さを改めて説明してほしい。
都市整備部長)
経過の中でああいう形になった。
再開発は、一定程度余分な床を作ってマンションとして売らなければならない仕組みになっている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Q.改めて聞くが、なぜ今回の1.04haは、あのような形状なのか?

この部分、わかり易いので、私のブログに載せさせていただいてよろしいですか? こちらのブログからということでリンクさせていただこうと思いますが…
はてなのゆり
URL
2006/06/12 16:26
はてなのゆりさん 返事が遅くなってごめんなさい。
転載、もちろんOKです。
ただ、私の走り書きの範囲なので、言っていないことは書いてないつもりですが、発言がこれだけだったというわけではありません。

ということになると、こういう時、議事録が早く欲しいですよね。
ところが東村山市議会は、私の知る限りでは「議事録が公開されるのが全国で最も遅い議会」の一つなのです。これでもだいぶ早くなったみたいですけど、平均して数か月。
とはいえ、事務局職員がさぼっているわけじゃありません。
正確を期すためとか言って、永久保存用の最終校正が完了して製本されるまで公開しないのです。

でもこれって本当におかしいことで、「直近の議会でどんな議論がされたのか知りたい」という市民の立場には全く立っていないことがおわかりいただけると思います。私たちも、3か月前の議会での記録を手にできないまま次の議会に臨んでいます。
他の議会は最終版ではない旨を断って、速やかに公開しています。
この問題も、改善を求めて運動していらっしゃる方たちがいるんですけど、いろいろ理由をつけて動かないのです。
gachapin
2006/06/13 11:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「市民の理解は得られた」と市長語る なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる