なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 市長、西口にふれず・・・6月議会所信表明から

<<   作成日時 : 2006/06/05 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月議会が始まりました。議会初日は、会期等が決まった後、市長が小一時間「当面する諸課題」について演説をします。
6月と12月が所信表明、3月と12月が施政方針説明と、呼び名が異なり、施政方針説明に対しては3人以上の会派が代表質問を行います。うちの議会が慣例上そうなっている、と言った方がいいようで、議会によってはこんなに毎回やらないと聞いた事があります。
そんなことはさておき…。議員になった当初は自分がよく理解できていない話も多く、ついていくだけで大変だったこともある長い演説も、だんだんと市長の基本的スタンスや本音がチラチラわかるという点でおもしろくなって来ました。
今日の所信表明から主なポイントをご報告。

今回はジャワ島地震へのお見舞いの弁から始まりました。そういえば、ここのところ毎回何らかの天変地異や気候災害からスタートしています。
で、問題はその次。

北朝鮮拉致被害の横田早紀江さんがブッシュに面会したこと。29年もの永い間の苦悩と、それでも強い思いを貫き続けたことへ思いを口にした市長。それはそれとして、この話はどこへ続くのだろうな、と思いながら聞いていました。
ひょっとして「誰も振り向いてくれなかった日々」「一つひとつ積み重ねてきた行動」といった表現を、まさか…西口へつなげたりはしないでしょうね…と思っていたら…。
「すべての奔流は一滴の水から始まる。横田さんの日々の積み重ねの結果を見るとき、大きな感慨を覚えるものであります。
目標に向かう一途で絶え間ない人の思いは、やがては大きな結果を生み出すものだと考えさせられるものがあります。」
「今、東村山市では、脆弱な財政基盤を克服し、未来に向けて自立できるまちへの変貌を目指し、都市基盤道路の整備などの中心核作りを進めているところであります。」
(来た…)
「次の世代のためにも、確かなまちとして東村山を育てていかなければなりません。確かに、財政危機をはじめとする多くの困難な課題の中ではありますが、それが故にこの苦難のときを市民の皆さんと乗り越え、長期的視野に立ったまちづくりへの強い信念と熱意をもって邁進していきたいと考えております。」
(やっぱり…)
以上、カッコ以外は原文のままです。

この後、5月1日に東京都市長会の会長(2年任期)に推挙されたことから始まり、市民表彰、財政状況、三位一体、緊急財政対策、西口や使用料など各種市民説明会、アスベスト、環境行政等々の「諸課題」が述べられました。
けれど、いよいよ事業開始を目前にした最優先事業「西口再開発」について、直接ふれることは最後までありませんでした。
不自然、ですよね。

最後に、今日も思っていた素朴な疑問です。
「誰が市長に成り代わって書いているのだろう?」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
市長、西口にふれず・・・6月議会所信表明から なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる