なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 子ども見守りボランティア考

<<   作成日時 : 2006/05/11 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昼前から多摩湖町の丘(西武台住宅)でニュース配り。目を見張るばかりのお宅が多いのに改めて驚く。同時に、車庫には「もみじマーク」が貼ってある車が多かったり、シニアカーが停めてあったりするお宅も多く、高齢になられた方の生活を思いながら約2時間歩いた。やっと太陽が顔を出したと思ったら蒸し暑い…。なんとか500枚。
2時からは野口町の老人会から総会のご案内をいただいていたのでお邪魔。5分前5分前、と思いながら自転車を漕いでいたら、地元先輩議員から電話。「1時からなのにどうして来ないの?」
ま、まずい…。完全に勘違い。駆けつけてお詫びするも、お年寄りの皆さんはあたたかい。その後、何人かの方と話をすること1時間半。

その中で、地元の自治会長さんお二人と話したことについて。
今、「子どもたちの安全」ということで、各地でボランティアの見守り組織ができている。
野口町ももちろん例外ではなく、高齢の方を中心に、多くの地元の皆さんがキャップと腕章、名札、という出で立ちで小学生の登下校時に要所要所に立ってくださっている。
何人かでチームを組んでローテーションしているケースが多いのだけれど、中には毎日出てくださる熱心な方もあるそうで、「毎日歩いて健康にもいい」とか「子どもたちが挨拶してくれるのは嬉しい」とか言ってくださっている方も多いとか。
ところが最近、こんな例が…。
毎日休まず出てくださっている方に、通学途中の小学生が「おじさん、どうしてそこに立ってるの?」と。
「みんなが安心して学校へ行けるためだよ」と答えると、翌日また「おじさん毎日立ってるね。いくらもらってるの?」と。
「お金なんて全然もらってないんだよ」と答えると、その子はこう言ったとか。
「そんなのおかしいよ。お金もらわないのにそんなことやるわけないじゃない。」
…その方のお気持ちは察して余りある。

また、こんな話も。
いつも道で顔を合わせる小学生に笑顔で声をかけた方がいたのだが、そばにいたお母さんらしき女性が「知らない人に挨拶なんかするんじゃありません!」と子どもの手を引いて逃げるように行ってしまったそうだ。
その日その方は当番ではなく、目印になるものは身に着けていなかったからなぁとおっしゃっていたけれど…。
子どもたちの親世代である私たちは、「子どもたちの安全を!」と訴えるけれども、自分自身が地域とつながろう、自分の子を、そして地域の子どもたちを大切にしようとしているのだろうか?

地域の皆さん、特に高齢者の皆さんがやりがいを感じて街の中で子どもたちを見守ってくださる事は本当にありがたい。寒い日も雨の日も出てくださる地域が多い。
けれど、どこかなんだか変じゃないの?、と思うのは私だけだろうか。

役所は、どれだけの方々が動き、汗をかいてくださっているのかについて、どれだけ実際に足を運んでつかんでいるのだろう?
われわれ現役親世代は、動いていくださっている皆さんのことを、どれだけ知っているのだろう?毎日確かに忙しいけれど、それでも、子どもの事、地域の事を、どれだけ考えているのだろう?

ボランティアというからには、自分の事情で、時には気持ちで休む自由もあるはず。しかし現実には、真面目な方ほど厳密に受け止めて、体調が優れなくても出てこられることもあると聞く。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか「MARU」の一件以来、すっかり変わりましたね(^^)私でもスルッと理解できます。
以前、市長さんも見ていると書いてらしっしゃったと思います。市長の意見に賛成者もいれば反対者もいる。それは総理大臣でも、賛成者・反対者がいるので簡単にどちらとはいえませんが、それを見極める力を持っている市長であって欲しいと思います。良いこと良くないこと、東村山市の中の現実が、市長にもまっすぐ伝わるといいですね。
ところで、私は会社の休憩時間に会社のパソコンから書き込みしてるので、アドレスお教えできません〜(>_<)ちゃんとブログはみてますからね〜
みんみん
2006/05/11 15:17
みんみんさん、いつもありがとう。
そんなに理解不能だったですかね(苦笑)
ひとりよがりってやつ?
みんみんさんのように言ってくれる方に今日も会いました。
意外なところで目を通してくださっていることがわかるたびに、恥ずかしいけど嬉しいもんですね。

まさたか
2006/05/12 01:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子ども見守りボランティア考 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる