なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ市長は100mタワーにこだわるのか?

<<   作成日時 : 2006/05/25 01:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「長年の悲願」である駅前広場を作るためには、そこを公共用地として提供してくれる地権者の権利を保障するために、建物を高く積むしか他に方法がない。
西口再開発で「なぜ100mビルなのか?」という問いに対する市の表向きの答えはこれだ。今まで何度も議会でそう答弁してきた。他の手法があったら教えてくれ、とまで言ってきた。
けれど、どうにもすっきりしない。「消去法で考えた場合やむを得ない」というような言い方は、やはりおかしい。
積極的にやりたい、またはやらなければならない必然性が、どこかにあると考える方が自然だろう。
それは何なのだろうか?

この3年間でやり取りしていて感じるのは、一種の劣等感のようなものの裏返しとしての古〜いメジャー志向。平たく言えば、昔の田舎根性。
まわりのムラにないようなビックリするようなものをおらがムラに!という感じ。もちろん、うらやましがられるはずはなく、待っているのは冷笑くらいだろう。

2回の説明会でも、説明に一貫性はなく、明らかに論理性に欠ける美辞麗句が並んだかと思えば、市民の素朴な質問に市長自身がいとも簡単に不快感を示してしまったり、組合幹部が自分たちの思いばかり語り始めてしまったりと、とても成熟した対応とは言いがたい。

しかし、それ以上に感じることは、どうしても現在の計画のままでやり切ってしまわないとならない、深く重い理由があるのだろうということだ。
以前も記したが、今回の再開発は、数年前までは100mビル計画ではなかった。高さ約40m、十数階建の建物で、地下駐輪場も全く予定されていなかった。
それが今から6年ほど前、平成12年の春頃に、ある人物の橋渡しで、あるゼネコンが現れてから、計画は100mビルありきへと急展開していく。
ゼネコンは、防衛施設庁の問題をはじめ、談合の常連のように新聞紙上を賑わせている東亜建設工業。
最近のニュースでも、全国の自治体で6か月以上の指名停止措置を食らっている。

市は、16年春に正式に再開発組合がスタートする前までは事業協力者として東亜が関与していたことは認めているが、それ以後については一貫して「関わりはない」と繰り返している。
しかし…。この間、西口周辺の方や、市内建設関係の方たち複数から、「東亜は今もいる。市だって知っているはずだ。」と聞いてきた。

東亜、その紹介で事業参加をしてきた三菱地所、その関連会社のセントラルコンサルタント…。
これだけ談合の排除が言われている今、それでも東亜が絡むようなことが出てくれば、大きな問題になるだろう。

なぜ「東亜はいない」と市は繰り返さなくてはならないのだろうか…。
本当にビルや地下駐輪場建設に姿を現さないのか?

もちろん、そんな問題だけでなく、もっともっといろんな疑問や不安を持つ方は、ぜひ説明会へ。
5月30日(火)午後7時から。市民センター別館。

この計画は間違っている。
一旦停めないと、取り返しのつかない大変なツケを残す。
強い危機感をこめてそう語る多くの声を具体的な形にしていくために動きたい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
●細渕東村山市長は、日本一の迷惑市長として日本史に名を残すことになる。

こんな内容の記事を本日(28日)アップしました。

30日の説明会には参加できませんが、参考にしていただけたら幸いです。

東村山ヒルズ「100メートルタワー」計画を一旦止めるためには、まだまだ時間はあります。
あせらず、くさらず、期待せず・・・がんばりましょう!


東村山4丁目
URL
2006/05/28 19:39
4丁目さん、書き込みありがとうございます。
景観を無視した建造物。寸評もその通りですね。
この時代に、しかもこれから、壊しようのない醜い建造物が狭山丘陵の玄関口に必要なはずがありません。
地権者の権利を補償するためと市は言ってきましたが、こんなバカなものを「やむを得ず」造るなんてことがあっていいはずがない。
なんとしても一旦止めたい。そして改めて全市民に信を問わなければなりません。
市長はそれだけは避けたいと思っているから、最近ビルについてはほとんど触れようとせず、騒ぎになる前、つまり来春の市長選挙前に着工することに心血を注いでいるように見えます。
この時代に、活性化だ起爆剤だと何を血迷っているのか、という思いです。
心ゆたかに、穏やかに、持続可能な地球を次の世代に手渡す責任が私たちにはありますもんね。
時代の針を逆に回すことはできない。そう信じて、あきらめずに頑張っていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
まさたか
2006/05/29 03:36
2月だったか3月だったかの説明会で 自治会の関係者さんが、自分たちは「猿田彦神社と 八坂神社の参集殿しか集まる場所がないんだよ〜」とおっしゃってましたが、それだけで十分ありがたいと思いますのに…こんな風におっしゃっては神様のバチが当たりますよね。自分たちが支えている文化に自信が持てないということなのでしょうか? 劣等感というわけでしょうか?
はてなのゆり
URL
2006/06/01 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なぜ市長は100mタワーにこだわるのか? なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる