なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 先祖がえり

<<   作成日時 : 2006/02/11 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

第2回西口説明会が終わりました。参加された皆様、寒い中、お疲れ様でした。
昨夜は質疑中心、司会も当事者ではない地元の方、質問にできるだけ答えるようにする等、前回の「反省」に立った工夫が施されていました。最大の対策は、「市長を出さないこと」だったのでしょうし。会場からの不満や異論に終盤まではじっと耐えて溜まったガスを抜いて、最後は「これで進めてくれ!」とサクラに言わせる。そんなシナリオ通りに進め、最後は大きな拍手で終われるはず、でした。市と組合からの説明後の質疑。そこで出された主な声をメモからそのまま…。

●広場は必要だと思う。しかし21億円も税収が足らないと言うのなら、公益施設(健康施設)や地下駐輪場などの費用は削減すべきだ。財政は大丈夫なのか?
⇒(財務部長)緊急財政対策で3ヵ年で解決めざしている。総合的に判断している。※「どうしてもこのままやる!」という市長の政策判断なのだから、市長が出てきてきちんと答えるべきですよね。

●事業推進の根拠としている数値「費用便益(経済波及効果)3.95の算定根拠を示してほしい。254億円という効果の中味を市民にわかりやすく伝えてくれ。何年間の効果なのか?
⇒国の基準に基づいて高等な数式をもとに算出しているので、明快には答えられない。知りたければ情報開示コーナーで詳しい資料を見てくれ。年数は47年で計算している。※この質問には全く回答できないことが改めて明快になりました。
姉歯偽装データと何が違うのか?という声が飛びました。その通り!

●2002年に算定したというその数値は、今の段階で出し直すべきだ。また、説明をしてきたと言うが、今まで何%の市民が参加してきたのか?踏切などの課題はどうなっているのか?そもそも明示できる資料も持たずに質疑に臨んでいること自体、民間の感覚ではあり得ない。
⇒再算定は考えていない。%はわからない。ご指摘は今後の参考にしたい。

●ビルは直接被害を受けるので絶対反対だ。日照、電波、風など、影響が大きすぎる。集会施設やギャラリーは公民館などを活用すればすむはずで、何十億円もの無駄な金を使わないでくれ。

●地元に住んでいるが、16年3月に開いたという地下駐輪場の説明会など聞いていなかった。100m
ビルについては影響が大きすぎるので、周辺の環境などもっともっと突っ込んで調べ、子どもや孫達に残していいのかどうか議論してほしい。100年先を見据えてやってくれ。

●少子高齢化の中なのに、高度成長期の発想でやろうとしていて、無理な計画だと思う。特に、公益施設はなぜ新しく必要なのか。既存施設を活用したりして工夫すべきだ。高い給料を取っていて、もっと頭を使ってくれ。

まだまだ出されましたが…。回答はどれも上っ面の話ばかりで、真剣に見直すつもりはゼロ。
特に、配布した資料の中でそこだけ念入りに加筆までした経済効果3.95は、偽造データでないということを証明する義務が市に生まれたと考えるほうが普通でしょう。
また、市が税金で買うハコモノ「公益施設」については、今回も失笑&噴飯モノのお話ばかり。
「新しい出会いで新しいお友だちと…旅行に出かけたりする楽しみも…」余計なお世話です、課長。そんなこと役所に心配してもらわなくて結構!と皆さん言いながらお帰りになっていましたよ、昨夜もまた。

最後のほうに多摩湖町の歯医者さんが手を挙げました。
「批判の多くが誤解や説明不足から生まれている。都や国やいろんな専門の機関で見識を持って客観的な判断の中で認可されたのだ。部分部分をとらえてこれ以上言うと全体が壊れてしまう。この期に及んでは、意見聴取をする窓口は市につくってもらうことにして、賛成の方も大勢いらっしゃると思うのでみなさんの総意で…」
とこのあたりで「なにを勝手にまとめているんだ!」「やらせもいい加減にしてくれ!」「それ以上言うとまずいんじゃないですか?」と声が飛び…、おそらく「拍手で賛成!」といきたかったのでしょうが、できずに着席となりました。

そうそう、場内の厳しい空気に見事に油を注いでくださった野口町1丁目の自治会長さま。ありがとうございました。あの発言に、会場に詰め掛けた200名を超える市民の中で通常の人権感覚をお持ちの方は驚愕し、「ああムラ社会〜っ」と叫んだに違いありません。

昨夜の迷言
「私はむずかしいことはよくわからないが…東村山に越してきて何年かしかたっていないような人たちにあれこれ言われたくない!」

最後に西口MARUのマスターが手を挙げこう言いました。
「どうしてまた対決構図にするような進め方をするのか。その責任は市にある。市民とのパートナーシップはいったいどこへ行ったのか?」

今後についてどうするつもりなのか?と聞かれ、「できるだけ多くの市民の賛同を得るよう、何らかのことをしていきたい」と部長が答えておしまい、でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
答えない市長(欠席)に、答えられない都市整備部長

前回は「法に基づいて」、今回は「地権者様の犠牲のうえに」が殺し文句

前回は「市民が利用する既存の公益施設も寒いが、職員のための事務所も寒い」・・・市民(笑)
今回は「自治会長の長年の夢、近年東村山に越してきた人間があれこれ言うな」・・・市民(笑)
笑われていることに気付かないのは前回も今回も一緒

変わらないのは、教育不足。市民を前にして部長さん、課長さん、理事長さん・・・

最後に本音、今後の説明会の予定は? はい、地域の皆様には「こんせつ、丁寧に」説明させていただきます。

東村山4丁目
URL
2006/02/11 14:03
はじめまして。
私は、昨日会場で「引っ越してきて何年の人にあれこれ言われたくない」と発言された方の隣の机にいた、まだ東村山在住一年未満の者です。
ビルは自治会費で造るつもりなんでしょうか。国の税金を使う以上、日本国民であれば誰でも意見を言うことができるはずです。税金は密室で使われてはならないと思います。また、最初に資金計画について説明があったときに「これを実施しないと(国や都から)お金がこない」と言われたのにも驚きました。こうして日本は借金大国になったんだと、ひとつ学びました。
べりー
2006/02/11 15:20
お役人たちの遊び! 3.95
「国に出すために算定した数字です。」と延べた都市整備部長。何のためらいも無く堂々と、47年!。算定したときの投資額は64億円で、当日配布された資料によれば91.9億円。投資金額が増えても経済波及効果は増えませんよね。
単純に割り算をすれば「2.76」!!さらに、追加投資や保守修繕のお金がつぎ込まれ、限りなく「1.0」に近づくんではないでしょうか。
この数字を作るためにコンサルタントに「作文代」をたくさん払ったんでしょうね。

それにしても、この数字を受け取った国はどんな神経を持っているんでしょう。47年って、誰も責任を持たない長〜〜〜〜い期間ですよね。子ではなく孫の代。
道路公団の借入金返済の45年と似ていますね。
国の借金、絶対に国民の責任ではありません。

我々の血税で遊ぶな!と強く言いたいです。
ksofuto
2006/02/12 14:54
東村山市のHPについて
西口の再開発についてどんなプランなのか検索したのですがヒットしませんでした。
結局Gogleで検索してそれらしきヒットしたのですが

菱口の再開発は防犯の意味からも必要なのは否定できませんが
こんな建造物をつくってなにがやりたいのか基本コンセプトがまったく見えません。
駅前という立地をいかして店舗を誘致するのか
事務所として企業を誘致するのか
公的なお金を使って住宅を提供する必要があるのか などなど
やはり補助金を持ってくるのが目的ですかね

今回の説明会で使用した資料はHPで公開しないのですか
説明会を聞いていない自分がとやかくいえないかもしれませんが
東村山市は情報公開が不足していると思いますがいかがでしょうか
かえでひいらぎ
2006/02/13 18:59
人にやさしいお金の使い方を、国分寺市も府中市も知っているんですね。東村山市は萩山周辺の、「主権者である」市民に、財源を見つけてくればバリアフリーにする、と言っているようですね。この違いはどこから来るんでしょう。

http://www.seibu-group.co.jp/railways/kouhou/news/2005/0221.1.pdf
そういえば国分寺市は北口のビルを止めましたね。


http://www.seibu-group.co.jp/railways/kouhou/news/2005/0221.2.pdf
ksofuto
2006/02/23 01:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
先祖がえり なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる