なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育あり

<<   作成日時 : 2006/02/08 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

西口再開発について、市民不在&結論ありきの進め方を一貫して批判してきました。しかし、それはそれとして、いいことはいいと言います。
子育てサポートを行っている市民の方が、市の再開発担当に対して、説明会に子育て中の親たちでも来られるように「保育室」を用意してほしいと要請されたようです。担当では前回も会場の一階の部屋をおさえてくれ、保育に当たるスタッフは市民サイドが用意するという形で実現しました。
そしても今回も、会場となりの旧市民センターの部屋を手配してくれ、保育室が用意されることになったようです。スタッフは市民サイド持ちですが、迅速な対応をしてくださった再開発担当の職員の方には感謝したいと思います。この手の集まりには、要請がなくても「保育あり」が当初から計画されるようになるともっと素晴らしいですよね。

さて、10日の西口説明会は恐らく、異論噴出の前回を挽回すべく、悲願だから一日も早く実現してほしいというトーンで包もうと、賛成意見の仕込みなどが進められているのかもしれません。
前回の後、与党議員から「動員すごかったわね」と言われました。「そんなことできませんよ」と答えると、「だって、富士見町や青葉町や萩山やら、西口とはまるで関係のない人たちがたくさん来ていたじゃない。共産党と佐藤さんの動員でしょ。」と。あんなに短期間にあれだけの人たちを動員できたら、選挙なんて楽勝でしょうね。だけど、あり得ませんよね…。
何をおっしゃってるんですか。最前列の真ん中は遅刻してきても堂々と座れるように与党議員席が確保され、右側は消防団やら地元の会社やらの動員、そして左側には市の職員がどんなに大勢の市民が立っていても、知らぬ存ぜぬで座り続けていたじゃないですか。
質疑の最後には西口地元の自治会長が「私たちの地域のためにこんなに大勢の皆さんが詰め掛けてくれ…」と90億円もの税金が使われる事業をあたかも自治会事業と勘違いしたかのような提灯発言をするし…。

そもそも、富士見や青葉や萩山から駆けつけた人を「関係ない」と片付けてしまうこと自体、すでに大きく狂っていますよね。関係ないわけがないじゃないですか。

10日はどんな場になるのでしょう。「保育あり」の件も含め、ぜひお知り合いに説明会のことをお知らせください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おじゃまします。
旨いもの食いたい一心でマサさんのブログに日参している小平市民です。

「東村山ヒルズ」の件、マサさんの問題提議で初めて知りました(当然ですよね、市民ですら知らない方のほうが断然多いと思います。知らない人が悪い?積極的に知らせようとしない人が悪い?さてどちらがタダシ〜んでしょうねぇ)。
事業予算100億超=市税。→ 正直なところ「東村山市民の方は可哀想に」と対岸の火事程度に捉えましたが、ご多分に漏れず「交付金」も充てられるんですねぇ。
poco
2006/02/09 21:59
「都市計画マスタープラン」でしたでしょうか、4章の4に「無秩序の高層住宅」に対する民間への規制(圧力)が記されていたように思いますが、行政自ら100mの「タックスタワー」を税で造ってしまうその勇気はどこから来てるんでしょうか。隣接する道路を15m以上にして容積率の緩和を適用までして。

誰が得をするんですでしょうか。
答えは明白です。

誰がリスクを負うんでしょうか。
答えは明白です。
poco 続きです
2006/02/09 22:02

なぜ、民間のデベが今まで手掛けなかったのか。→市長の言われる「うまくいく」リストにないから。

「うまくいく」=民間の常識で言えば「そろばん勘定」ですね。
ざっくり100億で(どなたかのブログで見ましたがこのプロジェクトは「起爆剤」であり、年間1億の税収になるとか)年間1億・・・。初期投資回収まで100年???
100年もつのかぁ?タックスタワーよ!

誰がします?こんなの!!
佐藤市議によれば市長は「この件は都にも責任がある!」との発言がありましたよね。
私は都民であり、もちろん国民でありますので「私の周りの人達が納めた税金の行く末」の一端を明日拝聴したいと思っています。可能でしょうか?
poco 続きです
2006/02/09 22:03
pocoさん アクセスありがとうございます。
今夜の説明会、もちろんいらしてください。
そしてお感じになったことを、また率直に聞かせていただけると嬉しいです。
交付金も補助金も、みな税金だという感覚が乏しすぎます。
以前に記しましたが、「電子ロッカー」なんて噴飯ものも我が市は昨年導入しました。イニシャルコストがゼロ(総務省が住基カード普及のお先棒担ぎをしてくれた自治体に出す補助金を獲得したというので市は自画自賛ですが…)だというふれこみですが、もちろん維持費は自前。それ以上に1円も市単独がなく3000万円を獲得してきたことがことさらに賞賛を受けることが異常だと思うのです。
利用は…、聞くのも気の毒な状況であることはご想像の通りです。
佐藤まさたか
2006/02/10 07:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
保育あり なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる