なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 広げてください。「2月10日(金)午後7時 市民センター別館」

<<   作成日時 : 2006/01/29 03:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
西口再開発説明会が再度開かれるようです。
3年越しにようやく開かれた12月13日の様子は以前記しました。 http://higashimurayama.at.webry.info/200512/article_6.html そして、「次の機会に」と最後に司会者が言ったものの、「再度開くことはしない」と市は言っていると複数のルートから聞いていました。
そんな中で「はて、どういう風の吹き回し?」と思い、またまた複数ルートから真意を探ってみました。
「説明責任を積極的に果たしたいという姿勢の表れだ」という純朴(?)な受け取りから、「市長の意に反して異論はかりが目立ち、終わり方も最悪だった。印象を塗り替えるためにやらざるを得ない」という現実的な説明、そして「多くは賛成しているという空気に変えるために、前回に倍して動員がかかるし、質問者も事前に仕込まれるはずだ。司会も今度は上司が仕切るだろう。」という私の見方に近い声まで様々ですが…。
いずれにしても、再度開くということはいいことだ、と私は思います。そして、「長く暮らしていても殆ど東村山駅西口を利用したことがないし、これからも使わない」という声の多い、萩山、青葉、恩多、秋津、富士見などの市民に対して、「ここだけにこれだけ税金を注ぎ込みますが、これで市財政は改善し、必ず皆さんのためにもなりますから、ご理解いただきたいのです…ご意見をください」と出前説明会等を開き、声を聞き、理解が得られるかどうか、ぜひ続けてほしいと思っています。
何度も述べてきましたが、これだけ財政が危機的だと言いながら巨額の税金を注ぎ込む根拠を、市長は丁寧に、市民が理解できる形で示す義務があるはずです。コンサルタントしか算出できない数値だけというのは、どう考えたって不十分だし、この時代の市長として情けない。「費用便益が3.95だから」といくら繰り返したって、それ以上の数値を持ちながら破綻した再開発が山ほどある以上、全く説明になりません。
きっと2月10日には聞けるのでしょう。
ひとりでも多くの市民が参加され、本当に納得いくものなのか、じかに確かめてほしいと思います。
前回会場から失笑を買った「税金で買い取る健康施設」についても、です。

前回はそれとわからないほど小さく市報に載った説明会開催のお知らせ。
さてさて、もうじき配られる2月1日号には、「ぜひ来てください!」という姿勢が少しは感じられるような掲載になっているのでしょうか?それにも注目してみましょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
番外:“東村山ヒルズ”の中身が知りたい!
 東村山駅西口の再開発計画があるのは何となく知っていた。高さ100メートル(正確には96メートル)のビルをドーンと東村山駅の側に建てるらしい。まあ、東村山駅は市の名前である「東村山」が付いていながら東口も西口も寂しいから、「再開発はいいんじゃないの」と単... ...続きを見る
東村山グルメ日記
2006/02/02 10:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
広げてください。「2月10日(金)午後7時 市民センター別館」 なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる