なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 数合わせ

<<   作成日時 : 2005/09/02 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日から9月議会が始まりました。
注目の市長所信表明で「西口再開発」に言及した部分は次の通りです。

「東村山西口再開発事業について申し上げます。
現在、再開発組合におきまして権利変換計画を9月中の合意にむけて最終調整しておりますので、再開発事業は前進するものと考えております。
順調に進みますと、10月以降に事業計画変更認可の手続きを経て、権利変換計画の縦覧公告を行い、年内には権利変換認可申請の手続きに移れる見込みであります。
また、市施行の地下駐輪場とぺデストリアンデッキの工事は、再開発組合による施設建築物の工事と相互に施行調整を要することから、工事発注時期については、事業進捗を見ながら慎重に検討し、円滑な事業執行を図りたいと考えております。
議会におかれましても、再開発事業へのご理解ご協力をお願い申し上げる次第であります。」

さて、二度にわたって繰り延べをした期限が9月半ばに迫っています。それ以上延びるとなると、呼び出して説明を求める、と東京都の再開発担当・池田氏は私の確認に対して話してくれました。駐車場の位置の調整等で手間取っている、と都には説明をしているようです。
去る5月10日に西口・猿田彦神社社務所に西口周辺の有力者を集めて行った説明会。理解されたとはとても言い難く、継続した開催を求める声があったのに、やはりその後は音なしの構えの市。
住民に対しても都に対しても、説明責任のかけらも見えない市長の強行突破はなるのか!?
私の一般質問は14日(水)午後、同じく西口を取り上げる福田議員は13日(火)昼前後の予定です。

ところで、生活文教委員会副委員長の荒川純生議員が突然の副委員長辞任。今日の議会で厚生委員会への変更が諮られました。私は何の説明も受けていないのでとにかく賛成の挙手はしませんでした。その後はっきりした変更の理由は、7月8日に亡くなった羽場議員(公明)が厚生委員だったので、欠員となった今、与野党の人数が拮抗してしまい、すべての議案や請願がスムースに通るかどうか不安定になったためなんだそうです。
最初から賛成する人数を確実に揃える、ということは、市長が提案する議案すべてにわたって審議する前から賛成を決めているということに他なりません。
他の議会では、市側の提案がいつも満点であるわけはないのだから、少しでもいいものに修正をすることは当たり前、というところも増えてきています。

先日の全国自治体政策学会の基調講演で片山鳥取県知事はこう話していました。「プライバシーを含む人事以外の案件は、一切事前に根回しをしない。すべて議場でオープンに議論して、よりよいものをめざす。提案した議案が議会によって修正されることは恥ずかしくもなんともないことだ。県民のためになればよいのだから」。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
数合わせ なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる