なんとかしようよ!東村山

アクセスカウンタ

zoom RSS 西口フォーラムに50人!(2005.8.6.)

<<   作成日時 : 2005/08/29 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も暑い一日でしたね。その暑さの中、緊急市民フォーラム「ど〜なってるの!?西口再開発」に大勢の市民が集まりました。市民センター別館第3会議室いっぱいの方々。知らない顔がたくさん並んでいました。
「アサヒタウンズの記事を見て来ました。」諏訪町、野口町、青葉町、恩多町…。まさしく老若男女が一堂に。

なぜ駅前広場と100mビルを分けて考えられないのか。
なんのための、誰のための再開発事業なのか。
もっと数字を出してきちっと詰めていかないといけないのではないか。
近所の道路の補修を頼んでも「予算がない」と言われているのに、どうして駐輪場1台あたり89万円なのか。
こんなところでゴチャゴチャ話していても、地権者が合意してしまえば何の意味もないのではないか。

疑問だけでなく、厳しい意見も続きます。

西口駅前で長年駐輪場を経営していらっしゃる方は「昭和45年に再開発対象地域でいずれ立ち退きだと言われ、軽量鉄骨造しか建てられなかった。最近になって急に対象地から外された。100mビルが目の前に建つのはなぜなのか。目が覚めた。声を挙げなくてはと思った。」

またある方は「以前、再開発に伴う道路に自宅がかかるから代替地に移っていただくと言われたのに、最近になって当面の計画から外れたので移転先はない。どうしてもと言うなら八国山の近くにと言われた。40年間も真面目に働いて駅の近くに暮らして80歳近くなってからそれはない。」と。

今日のフォーラムを前に、役所内や議会筋からは「反対派の集会だ」「共産党と佐藤が仕組んでいる」等々の声が漏れ伝わってきました。そんなことを言っている場合か、と私は言いたい。
今日、猛暑の中でも足を運んで発言してくださったのは、長年地元に暮らし、市政を支えてきた方たちばかりです。

今回の問題で痛切に感じることは、東村山市は市民への愛情があるのか、ということです。
なぜ真面目にコツコツと頑張ってきた方たちを粗末に扱い、一方で「税金をたくさん払える市民を呼び込む」などと言っているのでしょう。
なぜ声を挙げたくても挙げ切れない方のもとに、地元有力議員という人たちは足を運ばないのでしょうか。

市民の命と暮らしと最前線で向き合う基礎自治体としての資格なんてない。なんとかしたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西口フォーラムに50人!(2005.8.6.) なんとかしようよ!東村山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる